能年玲奈への元事務所の圧力を「ない」という山本一郎に、町山智浩や津田大介が「明らかに圧力」「証拠もある」と反論!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
non_161206.jpg
のんオフィシャルブログより


 のん(能年玲奈)の本格的な芸能活動復帰作であるアニメ映画『この世界の片隅に』のヒットが止まらない。63館超の小規模な公開規模にも関わらず、映画評論家からの絶賛や観客からの口コミが後押しし、興行収入は3億円を突破。上映規模も82館以上に拡大している。年明けにはさらに公開館数が増え、180館にまで届く予定だという。

 そんな『この世界の片隅に』に関しては、公開前から継続的に話題になり続けている問題がある。ご存知の通り、テレビ(特にキー局のテレビ番組)において、主演声優を務めたのんを出演させてのプロモーションがほとんど行われていないという問題である。

 週刊誌から映画専門誌にいたるまで雑誌には大量に露出できている一方、在京キー局のテレビ番組は10月19日に放送された『おはよう日本』(NHK)を除いてはプロモーション出演の機会に恵まれていない。8月には、『この世界の片隅に』の主演声優としてのんの名前が発表された際、『めざましテレビ アクア』(フジテレビ)への出演が告知されたものの、実際の放送に彼女の姿はなかったという騒動も起きている。急きょ出演がなくなった理由は明かされていないが、その裏には、前所属事務所であるレプロエンタテインメントとそのバックにいるバーニングからの圧力があったのではないかと言われている。アニメ映画の声優にタレントや女優がキャスティングされた場合、その知名度を活かしたプロモーションがなされるのが一般的なことを考えると不可解な事態である。

 前事務所から独立した直後には、宮藤官九郎が「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月7日掲載の連載コラムにこんなエピソードを書いていたこともある。

〈そう言えばトーク番組で『あまちゃん』の話題になり懐かしい映像が流れたのですが、映像使用の許諾が取れなかったのか、アキ(能年玲奈さん)がワンカットも映ってなかった。代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)がガッツリ映ってて笑った。あまちゃんは能年さんの主演作ですよ、念のため〉

 こういった事態は当サイト以外にも複数のメディアが扱っているが、ただ、当事者本人たちが「圧力を受けている」と告発することはない(できない)ため、この映画に関してメディアに圧力がかかっているというのは「陰謀論」なのではないかという声も一部にはある(たとえば、ウェブサイト「J-CASTニュース」は先月15日に「のん「声優」初主演の大ヒットアニメ「この世界の片隅に」の報じられ方」とのタイトルでそういった趣旨の記事を配信している)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈への元事務所の圧力を「ない」という山本一郎に、町山智浩や津田大介が「明らかに圧力」「証拠もある」と反論!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TOKYO MXこの世界の片隅に圧力山本一郎編集部能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄