能年玲奈への元事務所の圧力を「ない」という山本一郎に、町山智浩や津田大介が「明らかに圧力」「証拠もある」と反論!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
non_161206.jpg
のんオフィシャルブログより


 のん(能年玲奈)の本格的な芸能活動復帰作であるアニメ映画『この世界の片隅に』のヒットが止まらない。63館超の小規模な公開規模にも関わらず、映画評論家からの絶賛や観客からの口コミが後押しし、興行収入は3億円を突破。上映規模も82館以上に拡大している。年明けにはさらに公開館数が増え、180館にまで届く予定だという。

 そんな『この世界の片隅に』に関しては、公開前から継続的に話題になり続けている問題がある。ご存知の通り、テレビ(特にキー局のテレビ番組)において、主演声優を務めたのんを出演させてのプロモーションがほとんど行われていないという問題である。

 週刊誌から映画専門誌にいたるまで雑誌には大量に露出できている一方、在京キー局のテレビ番組は10月19日に放送された『おはよう日本』(NHK)を除いてはプロモーション出演の機会に恵まれていない。8月には、『この世界の片隅に』の主演声優としてのんの名前が発表された際、『めざましテレビ アクア』(フジテレビ)への出演が告知されたものの、実際の放送に彼女の姿はなかったという騒動も起きている。急きょ出演がなくなった理由は明かされていないが、その裏には、前所属事務所であるレプロエンタテインメントとそのバックにいるバーニングからの圧力があったのではないかと言われている。アニメ映画の声優にタレントや女優がキャスティングされた場合、その知名度を活かしたプロモーションがなされるのが一般的なことを考えると不可解な事態である。

 前事務所から独立した直後には、宮藤官九郎が「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月7日掲載の連載コラムにこんなエピソードを書いていたこともある。

〈そう言えばトーク番組で『あまちゃん』の話題になり懐かしい映像が流れたのですが、映像使用の許諾が取れなかったのか、アキ(能年玲奈さん)がワンカットも映ってなかった。代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)がガッツリ映ってて笑った。あまちゃんは能年さんの主演作ですよ、念のため〉

 こういった事態は当サイト以外にも複数のメディアが扱っているが、ただ、当事者本人たちが「圧力を受けている」と告発することはない(できない)ため、この映画に関してメディアに圧力がかかっているというのは「陰謀論」なのではないかという声も一部にはある(たとえば、ウェブサイト「J-CASTニュース」は先月15日に「のん「声優」初主演の大ヒットアニメ「この世界の片隅に」の報じられ方」とのタイトルでそういった趣旨の記事を配信している)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈への元事務所の圧力を「ない」という山本一郎に、町山智浩や津田大介が「明らかに圧力」「証拠もある」と反論!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TOKYO MXこの世界の片隅に圧力山本一郎編集部能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
2 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
3 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
4 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
5 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
8 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 安倍首相トンデモ答弁「ログ開示はセキュリティ上問題」に政府ぐるみで追随
12 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
15 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
16 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
17 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 安倍首相が「総理のご意向」文書を追及した野党議員に錯乱フェイク野次
20 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄