山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈警察の統計を見てもこうしたことは裏付けられます。暴対法施行から二十年後の現在、暴力団犯罪では恐喝が半減し、窃盗がほぼ倍増だそうです。
 恐喝は暴力団であることを前提とした犯罪です。窃盗はどこの誰とも知られずに犯す犯罪です。罪種の変遷は暴力団が単なる犯罪者へと零落していることを語っているのではないでしょうか〉

 このような厳しい風当たりに晒されるのはヤクザ本人だけではない。彼らの家族も同様だ。上野友行『ヤクザライフ』(双葉社)には、組長の男との間に2人の子どもを抱える愛人の証言としてこんなエピソードが紹介されている。

「2番目の子が保育園に入ることになったんですけど、直前になって急に断られて。お兄ちゃんも入ってたとこなのに、『理由は申し上げることができません』ですよ。それからお兄ちゃんは小学生なんですけど、『あの子の父親はヤクザだから付き合うな』とか露骨にハブられ(仲間外れにされ)てるみたいで。文句言いに学校乗り込んだら、『やっぱヤクザの女だな』とか噂されるに決まってるし」

 こういった状況を受け、前述『ヤクザライフ』では、二次団体組長の立場にいる男がヤクザ稼業の未来に関してこんな悲観的な弁を漏らしている。

〈「これからどうなるんでしょうね、ヤクザ」
 すると組長はいつもの馬鹿笑いではなく、ハハッと軽く笑った。そんなことはいつも仲間内で話題になっていて、とっくに回答は用意している。そんな感じの笑いだった。
「まぁ、壊滅でしょうね。犯罪組織に特化して生きながらえる残党や、一部の過激派のようなグループは出てくるでしょうけど、既存のヤクザのスタイルは存続できませんよ」〉

 では、今後彼らはどうやって生活していくつもりなのだろうか? 「堅気(カタギ)になれるなら引退しますか?」という質問には、「はい」が16人、「いいえ」が47人、「どちらともいえない」が34人、「ノーコメント」が3人という結果が出ているが、厳しい状況にある割には意外にも「いいえ」と「どちらともいえない」が多い。それにはこんな理由があるようだ。

「元ヤクザを雇ってもトラブルの元になる。そんな会社はあってもまともじゃない。これまででかい顔して生きてたのに、いまさら頭を下げて生きるなんて無理」(西日本の独立組織幹部)

 現在、暴力団離脱者の社会復帰を助けるため、「社会復帰アドバイザー」制度があり、元警察官が社会復帰アドバイザーとして支援を行っているが、芳しい成果が出ているとは言えない。

 山口組分裂というのは一つの契機でしかなく、これから先も暴力団を離脱したいと考える人は増えこそすれ減ることはないだろう。しかし、そのための道が閉ざされているのであれば、犯罪組織化してマフィアになるしかなくなってしまう。今回の騒動をきっかけに実のある議論が求められている。
(井川健二)

最終更新:2017.11.12 02:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二山口組暴力団週刊ポストの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄