山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈警察の統計を見てもこうしたことは裏付けられます。暴対法施行から二十年後の現在、暴力団犯罪では恐喝が半減し、窃盗がほぼ倍増だそうです。
 恐喝は暴力団であることを前提とした犯罪です。窃盗はどこの誰とも知られずに犯す犯罪です。罪種の変遷は暴力団が単なる犯罪者へと零落していることを語っているのではないでしょうか〉

 このような厳しい風当たりに晒されるのはヤクザ本人だけではない。彼らの家族も同様だ。上野友行『ヤクザライフ』(双葉社)には、組長の男との間に2人の子どもを抱える愛人の証言としてこんなエピソードが紹介されている。

「2番目の子が保育園に入ることになったんですけど、直前になって急に断られて。お兄ちゃんも入ってたとこなのに、『理由は申し上げることができません』ですよ。それからお兄ちゃんは小学生なんですけど、『あの子の父親はヤクザだから付き合うな』とか露骨にハブられ(仲間外れにされ)てるみたいで。文句言いに学校乗り込んだら、『やっぱヤクザの女だな』とか噂されるに決まってるし」

 こういった状況を受け、前述『ヤクザライフ』では、二次団体組長の立場にいる男がヤクザ稼業の未来に関してこんな悲観的な弁を漏らしている。

〈「これからどうなるんでしょうね、ヤクザ」
 すると組長はいつもの馬鹿笑いではなく、ハハッと軽く笑った。そんなことはいつも仲間内で話題になっていて、とっくに回答は用意している。そんな感じの笑いだった。
「まぁ、壊滅でしょうね。犯罪組織に特化して生きながらえる残党や、一部の過激派のようなグループは出てくるでしょうけど、既存のヤクザのスタイルは存続できませんよ」〉

 では、今後彼らはどうやって生活していくつもりなのだろうか? 「堅気(カタギ)になれるなら引退しますか?」という質問には、「はい」が16人、「いいえ」が47人、「どちらともいえない」が34人、「ノーコメント」が3人という結果が出ているが、厳しい状況にある割には意外にも「いいえ」と「どちらともいえない」が多い。それにはこんな理由があるようだ。

「元ヤクザを雇ってもトラブルの元になる。そんな会社はあってもまともじゃない。これまででかい顔して生きてたのに、いまさら頭を下げて生きるなんて無理」(西日本の独立組織幹部)

 現在、暴力団離脱者の社会復帰を助けるため、「社会復帰アドバイザー」制度があり、元警察官が社会復帰アドバイザーとして支援を行っているが、芳しい成果が出ているとは言えない。

 山口組分裂というのは一つの契機でしかなく、これから先も暴力団を離脱したいと考える人は増えこそすれ減ることはないだろう。しかし、そのための道が閉ざされているのであれば、犯罪組織化してマフィアになるしかなくなってしまう。今回の騒動をきっかけに実のある議論が求められている。
(井川健二)

最終更新:2017.11.12 02:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

山口組分裂から1年、組員アンケートで分かった暴力団の窮状…「もうヤクザでは食えない」の声ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二山口組暴力団週刊ポストの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝で黒鉄ヒロシが慰安婦像デマと韓国ヘイト
2 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
3 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
4 沖縄県民投票を妨害し続けた安倍政権!辺野古署名呼びかけ人にも
5 メリー氏が文春の記者に「殴るぞ」…
6 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
9 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
10 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
15 田宮二郎自殺の真相を夫人が告白!
16 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
17 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
18 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
14ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄