被災した熊本在住の漫画家が川内原発を止めない政府に怒り!「殺す気か」「官邸を囲んで暴動を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、今回は巨大地震が2度も連続して起こるという前例のない想定外の事態が起きている。こうした事態を前に、何がともあれ万が一の事態に備えて一旦、原発を急停止するというのが国民の安全を守る立場にある政府や電力会社がまずとるべき行動ではないのか。

 想定外でももう一度原発事故を起してしまえば、国民の生命、財産が危険に晒されるだけでなく、日本という国さえ滅びてしまうほどの事態になる。目先の“再稼働への影響”といった利害を優先させれば、それこそ国家的危機が待っている。

 しかも、川内原発は地震の想定が甘すぎるまま再稼働に踏み切られたものだ。九州電力は、川内原発の再稼働に際して地震発生時の対策所を置く免震重要棟を今年3月までに建設するとし、原子力規制委員会の審査でも再稼働の前提とされていたが、九州電力はこれを昨年12月に撤回。このとき九州電力は、『報道ステーション』(テレビ朝日)の取材に対し、「電力会社の社員は管理部門をはじめ、地震が起きても平常心を維持できるよう特別な訓練を重ねている」と、話にならないコメントをしていた。

 免震棟以外にも数多くの問題がある。まず「基準地震動」(想定される最大の揺れ)の新規制のガイドラインでは、「内陸地殻内地震」「プレート間地震」「海洋プレート内地震」について検討し「基準地震動」を科学的に作らねばならないとしている。しかし九電は、内陸地殻内地震しか検討せず、プレート間地震と海洋プレート内地震を無視しするなど過小に設定、正しい検討手続きを踏んでいなかった。

 また、耐えられる地震の大きさについても、川内原発が再稼働にあわせて策定した基準地震動は620ガル。しかし、16日の地震では、益城町でその約2.5倍に当たる1580ガルの加速度が測定されているのだ。

 もうひとつ、重要なのは、火山リスクの過小評価だ。川内原発は、火砕流の到達距離とする150km圏内に14の火山、5つのカルデラがある。とくに、姶良カルデラという巨大火山にはきわめて近く、噴火した場合、川内原発に火砕流が及ぶことは九電も認めている。

 ところが、九電も規制委も、川内原発が稼動している数十年の間に噴火は来ないとして立地不適にしなかったのである。

 審査では火山の専門家は一人も意見を聴取されておらず、火山学者の多くは、数十年の間に噴火しないとは科学的に言えない、と疑義を呈している。九電側はカルデラ噴火が6万年間隔だとしているが、これはただ平均を出しただけで、火山学的はまったく根拠のないものだ、とも指摘されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

被災した熊本在住の漫画家が川内原発を止めない政府に怒り!「殺す気か」「官邸を囲んで暴動を」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨原発漫画家震災の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
10 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
11 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
15 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
18 菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
19 嵐メンバーの意外な恋愛事情
20 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
1菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3菅首相が緊急事態宣言を出さない理由! 特措法改正は時間稼ぎ
4もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
6ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
8吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
9菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
10菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
11安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄