東京五輪招致の裏金問題で“厚顔”答弁…JOC竹田恆和会長に自動車事故で女性を轢き殺した過去が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takedatsunekazu_160518.jpg
日本オリンピック委員会(JOC)公式サイトより


 2020年東京オリンピック招致に際しての裏金賄賂疑惑をめぐり、16日の衆議院予算委員会に、招致委員会で理事長を務めていた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長が参考人として出席した。

 既報の通り、招致委員会はシンガポールにあるブラックタイディングス社の代表イアン・タン氏にコンサルタント料として2億円超の大金を支払っていた。しかし、イアン氏は国際陸連前会長で国際オリンピック委員会(IOC)の選考委員で、大きな力をもつラミン・ディアク氏の息子と深い関係にあり、この金がブラックタイディングス社を通じて賄賂として渡ったとの疑惑が浮上。フランスの捜査当局が捜査を開始する事態となった。

 これに対して、竹田会長はこの日の国会で、BT社への2億2000万円の支払いを「コンサルティング料」「正当な手続き」としたうえ、選考委員の息子との関係を知らなかったと言い張った。また、このブラックタイディングス社がペーパーカンパニーだという疑惑についても、完全否定した。

 しかし、その説明はとても納得できるものではなかった。そもそも、2億円というのはコンサル料として巨額すぎるし、BT社への支払いは、13年7月に9500万円、10月に1億3500万円と二回に分けて行われているが、そのうち、10月の支払いは IOCの総会で東京での五輪開催が決まった後のこと。名目は「勝因分析」と説明していたが、選ばれた後の分析に1億円支払うなんていうのは明らかにおかしい。これはどう考えても、招致の成功報酬として渡されたものだろう。

 また、ブラックタイディングス社の所在地は、築50年近く経った古い公営住宅の一室で、どこからどう見てもオリンピック招致に関する高度なコンサルティング業務を行えるような会社ではない、典型的なペーパーカンパニーである。

 これで「正当な手続き」などといいはるのだから、竹田会長の態度はもはや厚顔としかいいようがない。というか、そもそも竹田会長は、まともな調査などまったくしていないペーパーを朗々とした調子で読み上げているだけで、この問題に対する当事者意識も、疑惑をきちんと調査しようという姿勢もまったく感じられなかった。

 竹田恆和氏といえば、あのネトウヨタレント・竹田恒泰氏の父親ではあるが、旧皇族・竹田宮家の生まれで、明治天皇のひ孫、今上天皇とははとこにあたる。01年からJOCの会長を務め続けており、人望も厚いといわれていた。それが、まさかこんな不誠実な姿勢を示すとは……。

 しかし、この人の不誠実や厚顔はもともとのものなのかもしれない。その一端がかいま見えるのが、竹田氏が起こした不祥事とその対応だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東京五輪招致の裏金問題で“厚顔”答弁…JOC竹田恆和会長に自動車事故で女性を轢き殺した過去が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。五輪井川健二の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
3 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
6 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
7 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
10 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
11 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
12 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
13 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
14 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
15 「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
16 杉田水脈事務所が本サイトに抗議! フィフィさんは大はしゃぎしてない
17 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
18 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
19 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
20 大震災を予言した霊能師の幻の書
1小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
3安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
4橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
5小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6検品したアベノマスクにまだ「虫」が…作家で医師の海堂尊が画像公開
7「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
8「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
9フジ産経の世論調査のインチキは“架空回答”だけではない!そのペテン手口
10 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
11 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
14東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
15大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
16河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17マスコミはなぜ水原希子への差別攻撃を放置するのか!
18小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
19『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
20久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄