SEALDs奥田愛基が古市憲寿との対談で本質をグサリ!「“どっちもどっち”論じゃ拮抗状態にすらならない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okudaaki_160309.jpg
「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.124

 リニューアルした「クイック・ジャパン」(太田出版)が話題になっている。新装刊第一弾となったvol.124の「ニュージェネレーション2016」と銘打たれた特集に、昨夏の安保法反対運動で一躍脚光を浴びたSEALDs・奥田愛基氏がフィーチャーされていたからだ。表紙には奥田氏の顔が大きく掲載され、ページをめくると、写真家・荒木経惟が撮り下ろしたグラビア、若手アーティスト・コムアイとの対談、さらには濃密な1万字のロングインタビュー……。

 しかし、筆者が注目したのはやはり、なんといっても、奥田氏と古市憲寿氏との対談だった。古市氏といえば、2010年代の「冷めた若者」の代表選手のような物言いで、メディアから引っ張りダコになっている若手社会学者。最近は自民党の稲田朋美政調会長はじめ安倍政権からも重用されており、いわば奥田氏とは真逆のような存在だ。

 しかも、この古市氏、議論のやり口がなかなかに狡猾。高みに立った冷笑的な態度で挑発したかと思うと、相手の意見にはまともに答えず、話をずらし、煙に巻いてしまう。

 今回の対談でも、古市氏はいきなり、奥田氏の印象について、こんな小馬鹿にしたような言葉を投げかけていた。

「なんか、会いにいけるアイドルみたいな感じなのかな」
「確かにおじいちゃんおばあちゃんは(奥田氏のことを)大好きだろうなと。若い子がデモしてくれて、しかもそれが自分たちの頃と同じような、安倍政権打倒とか、安保反対みたいな主張をしている」

 しかし、このタチの悪い若手論客のペースに奥田氏はまったく巻き込まれなかった。奥田氏らしくど直球で対抗し、逆に“古市的なるもの”の問題点を鋭く指摘して見せたのだ。

 まず、奥田氏は冒頭から、古市氏に対してこんな疑問をぶつける。

「『誰も戦争を教えてくれなかった』(2013年)にしても、若者は右傾化しているわけでもなければ、左傾化しているわけでもないっていう見方は本当にそうだなと。でも、そういったふうに、古市さんは自分の意見をあえて言わないスタンスを取りますよね。だから、本当のところはどう思ってるんだろうなというのは著作を読ませていただくたびに思うところで」

「自分の意見をあえて言わない」というのは古市氏の最大の特徴であり、もっとも狡猾な部分だが、奥田氏はいきなりそこを崩しにかかったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SEALDs奥田愛基が古市憲寿との対談で本質をグサリ!「“どっちもどっち”論じゃ拮抗状態にすらならない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SEALDs古市憲寿奥田愛基小杉みすずの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
2 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
3 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
4 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
5 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
6 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
9 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
10 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
11 国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
12 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
13 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14 河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
15 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
16 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
17 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
18 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
19 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
7「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
8GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
17香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
18『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
19久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄