年末特別企画 リテラの2015年振り返り

安倍、橋下、憲法がタブーに…リテラが選ぶメディアタブー大賞2015 第5位〜第2位、そして大賞発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

★3位 東芝の不正事件で「粉飾決算」表現を封印! 裏には原発タブーと安倍政権との癒着が

 総額2000億円超の巨額“粉飾”が発覚した東芝事件は、国策に関与する巨大旧財閥系企業がこの国では。いまなおタブーになっていることを証明したといえるだろう。
 というのも、この問題に対する新聞・テレビの動きの鈍さは異常とも言えるものだからだ。
 東芝が巨額売り上げ水増ししていることは、すでに今年4月の段階でSESC(証券取引等監視委員会)に告発がなされており、5月には各社ともかなりの証拠をつかんでいた。ところが、メディアは当初、ほとんどこれを報道しようとしなかった。
 7月21日には粉飾決算を調査した第三者委員会報告書の全文が公表され、過去7年間で1500億円を超える利益の水増しの事実に加え、歴代の経営トップが関与して“不適切会計”が行われたことが明らかになったが、この時も報道は散発的。ライブドアやオリンパス、山一証券事件の時に見せたような厳しい追及はまったくなかった。
 とくに唖然とさせられたのは、第三者委員会が利益水増しを確定した段階でも、「粉飾決算」という言葉を使わず「不適切会計」というあいまいな言葉を用いたことだ。
 マスコミのこうした弱腰の理由のひとつはもちろん、東芝が大スポンサーだからだ。東芝はグループ全体で年間329億円もの宣伝広告費を計上しており、これは日本の企業ではかなり上位に入る。それに配慮して、自主規制しているというのはあるだろう。
 だが、マスコミにはもうひとつ、この東芝問題に触れられない理由があった。東芝は11月にも“疑惑の本丸”といわれていた原子力事業の損失隠しが発覚したが、その問題の中心人物というのが佐々木則夫元社長だった。
 じつは佐々木元社長は社内で「原発野郎」と揶揄されるほどの人物で、第二次安倍政権発足後、政権に深く食い込んで海外への原発売り込みにも積極的に関わっていた。詳しくは本サイトでも追及しているが(過去記事参照)つまり、たんなる一企業の経営問題ではなく、背後に安倍政権と原発ビジネスが絡んでいたのだ。
 実はこの事件については、こうした政権との関係から検察の動きも非常に鈍い。たとえば、ライドア事件ではわずか53億円の粉飾金額で堀江貴文元社長が刑事摘発され、その他の粉飾事件でも経営幹部がことごとく起訴されているが、東芝については全く動きがないのだ。
 12月末には、一部のメディアでSESC(証券取引等監視委員会)が田中久雄、西田厚聡、そして佐々木則夫の歴代3人の社長を検察に刑事告発する方針を固めたと報道されたが、予断は許さない。一応、刑事事件として捜査するポーズをとるだけで、検察で起訴猶予になるだろうともいわれている。
 だが、こうした権力との癒着についても、マスコミはまったく取り上げることはない。この先も、刑事事件にならないかぎり、マスコミが東芝を追及することはないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍、橋下、憲法がタブーに…リテラが選ぶメディアタブー大賞2015 第5位〜第2位、そして大賞発表!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ安倍晋三橋下徹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
2 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
3 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
4 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
8 中居がすべらない話でJのタブーに!
9 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
14 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
15 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
16 植村隆裁判の不当判決で調子に乗る櫻井よしことネトウヨ
17 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
18 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
19 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
2菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
3大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
4吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
5菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
6コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
7検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄