桂歌丸が戦争の空気に危機感! 戦争がもたらした落語界の暗い過去…子供を産まない女性を糾弾する国策落語まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 これら禁演落語は、あくまで落語界側による「自主規制」の体裁をとっていたが、その過程をよく見てみれば、事実上、国からの半ば強制であった。落語界が自粛に走らなければならなかった理由のひとつとして、まず、1940年2月、警視庁が興行取締規則を改正、落語家・歌手・俳優など、すべての芸能関係者が「技芸者之証」を携帯するよう義務づけられたことがあげられる。これにより権力が庶民に大きな影響を与える芸能を管理することがたやすくなった。実際、榎本健一(エノケン)、古川ロッパと並び三大喜劇人として人気を集めた柳家・柳家金語楼は戦中、落語家の鑑札を取り上げられ、俳優への転業を余儀なくされている。彼の自伝『泣き笑い50年』(日本図書センター)には、当時の警視庁とのやり取りがこう綴られている。

〈「きみは、はなし家の看板をはずして俳優の鑑札にし給え。第一、きみがはなしをしたら、お客が笑うじゃないか……」
「そりゃ笑いますよ、笑わせるのがはなし家の商売だもの……」
「それがいかん、いまどきそんな……第一それに、芝居なら“ここがいけないからこう直せ”と結果がつけられるのと違って、落語というのはつかみどころがない……」
「でもねえ、三十何年この方、私は高座を離れたことがなかったんですよ」
「いやダメだ。どうしてもはなしがやりたけりゃ余暇にやるがいい。本業はあくまでも俳優の鑑札にしなきゃいかん……」」〉

 庶民から「笑い」すら奪おうとする戦時下体制のひどさがよく分かるエピソードだ。そして、この「技芸者之証」の制度に加え、1940年7月7日に発布された「奢侈品等製造販売制限規則(七・七禁令)」など、銃後の生活の引き締めを意図した動きも決定的な影響を与える。「ぜいたくは敵だ」といった標語が飛び交うなか、遊郭や色恋をネタに笑いを生み出す芸は権力から睨まれるようになっていき、自主規制へと向かわざるを得なくなっていく。

 しかし、もっと罪深く、悲劇的だったのは、落語界が戦争協力の一端を担ってしまった「国策落語」だ。戦意高揚のための文化政策への協力を強いられた落語界は古典落語の名作を封印するだけにとどまらず、時局に合った国策落語を新作として次々と発表していく。内容は、軍隊賛美や貯蓄、債券購入、献金奨励などを入れ込んだ、まるでプロパガンダのような内容。本稿冒頭で引いた桂歌丸のインタビューでも当時の国策落語について〈つまんなかったでしょうね〉〈お国のためになるような話ばっかりしなきゃなんないでしょ。落語だか修身だかわかんなくなっちゃう〉と語られている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新品本/はなし家たちの戦争 禁演落語と国策落語 柏木新/著

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

桂歌丸が戦争の空気に危機感! 戦争がもたらした落語界の暗い過去…子供を産まない女性を糾弾する国策落語までのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二子どもの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決
2 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
10 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
11 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
12 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
13 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
14 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
15 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
16 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
17 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
18 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
1橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
8ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
9国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
10高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄