“日本礼賛本”を捨て“弾丸海外旅行”に出よう! 偏狭な愛国主義に陥らないために週末バックパッカーのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、日常生活における“治安”という意味では、日本にも危険はある。同書では、日本における“ぼったくり”の現状をこう伝えている。

「2015年に入って新宿歌舞伎町でのぼったくり被害が急増していることをご存知だろうか? 昨年1年間で110番通報が約670件だったのに対し、今年は1〜3月だけで約700件と大幅に増えているのだ。なんでも東京オリンピック前に歌舞伎町がクリーンアップされかねないので、その前に荒稼ぎをするお店が増えているからだという」

 そう、この日本でも詐欺やぼったくりが横行しているわけであり、危険なのは海外だけではないのだ。しかも、歌舞伎町といえば、外国人の観光客が多い地域でもある。言わば、日本においても外国からの観光客を騙そうという人々が多くいるわけであり、十分に危険なのだ。

「『暗い夜道を歩くときは注意しろ』『知らない人についていくな』『怪しい言葉をかけてくる奴は無視しろ』、日本にいてもよく言われることだが、それを守れないから日本でもぼったくり被害に遭うわけである。そういった常套句はもちろん海外も同じであり、それを守るだけでリスクは大幅に減らすことができる。極端に怖がってしまう人はそういう場所に行かなければいいだけの話」

 当然の話だが、日本でも危ないところは危ないし、海外でも安全なところは安全だ。日本が特別に治安がいいわけではない。リスクを回避する努力をするかどうかが問題であり、国柄や地域性ばかりのせいにすべきではないのだ。

 そして、日本の過大評価といえばマナーというものもある。日本はマナーが良くて、海外はマナーが悪い、などという声もあるが、長妻氏の著書を読むと、それもある種の偏見だということがわかってくる。各国の文化によって様々であることは間違いないが、日本以上にマナーが良い国も少なくない。たとえば、スリランカ。

「アジアにおける数ある仏教国のなかで、もっとも印象深かったのはスリランカであった。スリランカも上座部仏教に属するのだが、極めて洗練された教えがいたるところに根付いていた。満席のバスや列車にお年寄りや乳幼児連れの母親が乗車すると、必ず誰かが席を譲る。100%の確率で譲るのである。おまけに、譲るのは必ず男性であり、20歳前後の若い成年が率先して席を立つ」

 日本の公共交通機関でも度々話題になる“若者が席を譲らない問題”だが、スリランカではほぼ100%そんなことはないのだ。日本人はこの点を見習う必要があるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“日本礼賛本”を捨て“弾丸海外旅行”に出よう! 偏狭な愛国主義に陥らないために週末バックパッカーのススメのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。コミュニケーション田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
14 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄