「俺らの大将、違うんじゃない?」長渕剛の反安保、反安倍発言に話題沸騰…でも長渕はもともと反戦主義者だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ただ、長渕剛がこういう反戦メッセージを語るというのは、意外に思う読者も多いのではないだろうか。

 というのも、長渕といえば、普段の言動はマッチョそのもの。楽曲も「神風特攻隊」なるタイトルの曲を歌っていたり、戦争映画『男たちの大和/YAMATO』に主題歌を提供したりと、むしろ国粋主義的な物語や右翼思想への思い入れが強い印象がある。

 また、数年前には「SPA!」(扶桑社)2009年8月25日号で、こんな発言をしたこともある。

「わざと極端に話すからな、今から。俺は、軍国主義ってやつにもいいところはあると思うんだ。戦前の日本がそうだったけど、空襲を受けて同じ悲しみを共有してるから、女性や子どもまで竹やりを持って戦おうとした。そこには仲間や連帯が確かにあった。もちろん、戦争はよくないし、徴兵制度という名前も適切ではない。でも、10代20代30代、上は80代まで、それぞれの世代を強制的に地元の体育館とかに集めて体を鍛えるのには、ものすごく意義があると思う」
「今の日本人が失っている連帯とか絆を深めるためには、体感しかないんだよ! だから週に2日はどこかの館で強制的にしごかれる、そういう制度を憲法かなんかでつくってくれないかなって思うよな。本能的に肉体が動かなくなってしまうと、すべてが他人事になってしまうのが俺は嫌だ」

 憲法改正してシゴキとは、日本会議や自民党タカ派も真っ青の主張だが、実際、右翼活動家やネトウヨのなかには、長渕ファンもけっこういるとの話も聞く。

 しかし、一方で、長渕剛のディスコグラフィーを振り返ってみれば、まったく別の顔も見えてくるのだ。実は長渕はキャリアのなかで直面した戦争・紛争に常にビビッドに反応し、その都度、“反戦”のメッセージを歌ってきた。

 たとえば、1991年、湾岸戦争が始まり、日本からの多額の資金協力が報道されていたとき、彼は「親知らず」という楽曲を発表。戦争のために協力している日本の政治に対しプロテストのメッセージを送った。

〈俺の祖国日本よ! どうかアメリカに溶けないでくれ!/誰もが我が子を愛するように/俺の祖国日本よ! ちかごろふざけすぎちゃいねえか!/もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ/銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ!/何ボ積んでも何ボ積んでも 譲れねえものがある〉
〈ゴルバチョフもブッシュもフセインも海部さんも/お暇なら明日俺の家へ遊びに来てくれねえか/何にもおもてなしはできないけれど/聞いて欲しい唄が3つばかりあるんだ/いったい俺たちは自由という本当の意味をどれだけ深く深く知っているのか?/目的のない自由に身をまかせて生きるくらいなら/俺は死ぬまで一睡もせずカラオケかじった方がましだ〉
(「親知らず」より)

 すごい歌詞だが、この楽曲は、紅白歌合戦でも歌われ、大きな話題になった。ちなみに、この曲の最新バージョンでは「ゴルバチョフもブッシュも~」のくだりが「プーチン、オバマ、習、朴、安倍」にアップデートされている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「俺らの大将、違うんじゃない?」長渕剛の反安保、反安倍発言に話題沸騰…でも長渕はもともと反戦主義者だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二安倍晋三長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
2 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
7 自民党がネトサポに他党叩きを指南
8 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
9 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
12 大阪ビル放火が起きても登庁せずコメントなし…松井市長のサボりぶりに批判
13 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
14 御用ジャーナリスト大賞(後編)5位〜1位発表!
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
17 御用ジャーナリスト大賞(前編)10位〜6位発表!
18 参院選・極右候補者ウヨミシュラン(後)
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2米軍のせいで沖縄1400人超の感染爆発でも岸田首相は「原因の断定難しい」
3NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄