『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shinjukusuwan_01_150620.jpg
映画『新宿スワン』公式サイトより


 園子温が監督、さらに、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介といった豪華俳優陣で映画化され話題沸騰の『新宿スワン』。

 この作品は、歌舞伎町で“スカウトマン”として働く主人公の奮闘を描いた作品であるが、ここで描かれている“スカウトマン”は、我々がその言葉から真っ先にイメージするような、モデル・アイドル・俳優などへの道を勧める“スカウトマン”ではない。

『新宿スワン』の主人公、白鳥龍彦らが日夜生業としているのは、女性を水商売・風俗・AVといった世界へと勧誘していく“スカウトマン”なのである。

 我々の日常からはあまりにもかけ離れていて想像もつかない“スカウトマン”だが、中村淳彦『日本の風俗嬢』(新潮社)では、ベールに包まれたその姿が詳しく語られている。

 まず、スカウトマンは基本的にスカウト会社に勤めている。その数は、大小合わせると、全国で200社以上、3,000人近くもの人がスカウトマンとして働いているという。

 そして、彼らの収入には、主に二つの形態がある。一つは、紹介女性が10~20日働いた後に発生する、支払い一回限りの“買い取り制”。そして、もう一つは、女性の稼いだ総売り上げの10~15%を、彼女が働き続ける限り永久歩合で支払われ続ける“スカウトバック”である。
 
 キャバクラは買い取り制、性風俗は永久歩合のスカウトバックを採用していることが多い。

 性風俗の業界が永久歩合の給与体系を取るのには理由がある。それは、女の子の離職を防ぐためだ。

 性風俗の仕事は精神的にも肉体的にも、とても大変な仕事。そのうえ、もともとメンタル面が弱い人も多いので、とにかく離職しやすい。そこで、スカウトマンにそうならないようにアフターケアさせるために、永久歩合のスカウトバック方式を取るのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新宿スワン(1) (ヤンマガKCスペシャル)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹水商売の記事ならリテラへ。

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄