『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shinjukusuwan_01_150620.jpg
映画『新宿スワン』公式サイトより


 園子温が監督、さらに、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介といった豪華俳優陣で映画化され話題沸騰の『新宿スワン』。

 この作品は、歌舞伎町で“スカウトマン”として働く主人公の奮闘を描いた作品であるが、ここで描かれている“スカウトマン”は、我々がその言葉から真っ先にイメージするような、モデル・アイドル・俳優などへの道を勧める“スカウトマン”ではない。

『新宿スワン』の主人公、白鳥龍彦らが日夜生業としているのは、女性を水商売・風俗・AVといった世界へと勧誘していく“スカウトマン”なのである。

 我々の日常からはあまりにもかけ離れていて想像もつかない“スカウトマン”だが、中村淳彦『日本の風俗嬢』(新潮社)では、ベールに包まれたその姿が詳しく語られている。

 まず、スカウトマンは基本的にスカウト会社に勤めている。その数は、大小合わせると、全国で200社以上、3,000人近くもの人がスカウトマンとして働いているという。

 そして、彼らの収入には、主に二つの形態がある。一つは、紹介女性が10~20日働いた後に発生する、支払い一回限りの“買い取り制”。そして、もう一つは、女性の稼いだ総売り上げの10~15%を、彼女が働き続ける限り永久歩合で支払われ続ける“スカウトバック”である。
 
 キャバクラは買い取り制、性風俗は永久歩合のスカウトバックを採用していることが多い。

 性風俗の業界が永久歩合の給与体系を取るのには理由がある。それは、女の子の離職を防ぐためだ。

 性風俗の仕事は精神的にも肉体的にも、とても大変な仕事。そのうえ、もともとメンタル面が弱い人も多いので、とにかく離職しやすい。そこで、スカウトマンにそうならないようにアフターケアさせるために、永久歩合のスカウトバック方式を取るのである。

 スカウトバック方式で風俗嬢が働いている限り自分に10~15%お金が入ってくるとなると、スカウトマンはただ仕事を斡旋して終わりにはならない。彼女たちが少しでも長く仕事を続けるよう、入店後もケアを続けることになる。

 定期的に食事を一緒にとったり、出勤日は送り迎えをしたり、毎晩彼女らの仕事の愚痴を朝まで聞き続けたり……。ようするに、彼らの多くは、仕事を斡旋して終わりではなく、夜の世界で働く女たちの世話役となりマネージャーとなることで、収入を得ているのだ。

 となると、もちろん、悪辣なスカウトマンも出てくる。「実話ナックルズ」(ミリオン出版)2010年12月号によると、少しでも長く働かせるため、女性に借金をつくるよう誘導する輩もいるという。
 
 借金をつくらせる手段は色々あるが、一番は、ホストクラブにハマらせること。仕事の後に労をねぎらうという名目でホストクラブへ連れて行く。当然、スカウトマンのおごりだ。ここでホスト遊びの楽しさを彼女の頭に叩き込む。

 水商売で稼ぎの多く、ストレスも多い彼女が夜の遊びにハマるのに、そう時間はかからない。一度、ホストに依存してしまえば、もう終わり。彼女は遊ぶ金欲しさに、自分の身体を売る商売を続けることになるのだ。

 また、借金をつくらせるのには他にも驚きの方法がある。なんと、入店前にお金を貸して整形手術を受けさせるのだという。「週刊実話」(日本ジャーナル出版)2011年12月10日臨時増刊号では、その手口が詳細に明かされている。

 それによると、まず、入店前に“前借り(バンス)”というかたちでお金を支払い、整形手術を受けさせる。いったん入店してからだと、手術していきなり顔が変わればお客さんにも気づかれるし、やるなら入店前の方が都合がいいからだ。

 今の若い女の子たちはみな多かれ少なかれ整形に興味をもっているので、「店の子は半分以上やってるよ」などと言われながら提案されれば、すんなりと手術を受けてしまう。

 ただ、“入店前の方が都合がいい”なんて単なる建前。真の狙いは借金をつくらせて仕事を抜けられなくすることだ。

 入店前から借金があれば、どんなに嫌なことがあっても、そう簡単にはやめられなくなってしまう。なんとしてでも店に定着させる。それこそが、スカウトマンと店のねらいというわけだ。

 また、それ以外にも、水商売で一般の消費者金融の利用が難しい彼女らに“レディースローン”と呼ばれる闇金融を紹介したり、所得が増えて浪費癖のついた彼女に審査の甘い不動産屋を紹介して家賃の高いマンションに引っ越させたり、悪徳スカウトマンたちはありとあらゆる手段を使い足抜けを難しくさせる。

 そして、彼らは、時に、お金になる女性に対して色恋の罠を仕掛けたりもする。「風俗嬢の彼氏はスカウトの場合が多い」という噂は、デマなどではなく、きちんとした理由があった。

 永久歩合のシステムにより、自分の働きが直接恋人のためになるなら、彼女も仕事をやめにくい。スカウトマンは、そのことも見越して、自分が斡旋した女性と恋愛関係になるのである。

 そんなスカウトマンだが、さぞかし儲けていると思いきや、実はそうではない。鈴木大介『最貧困女子』(幻冬舎)などで紹介されている通り、いまや、女性が身体を売ったとしても稼げない時代。彼女らの稼ぎからの歩合で生計を立てている以上、当然、女性の収入が低ければスカウトマンの収入も乏しい。

 AVの単体女優や企画単体女優、高級ソープ嬢など、高いスカウトバックが見込めるような美貌の女性をスカウトできればいいが、それは夢のような話。通常は、料金が安めのキャバクラや、週1、2出勤のデリヘルへの紹介を積み重ねていくのが基本となる。

『新宿スワン』の原作漫画でも、主人公の先輩スカウトマンである真虎がスカウトのイロハとして「イイ女は使えて当たり前! ブスを使えてこそ一人前だ!」と主人公にアドバイスするシーンが出てくるが、言い方こそひどいものの、これがスカウトの真実だという。

『日本の風俗嬢』のなかで取材に応じているスカウトマンもこう語っている。

「そんな可愛くない子でも稼げる店はあるので、外見にはこだわらないで声をかけますね。よくこの業界で言われるのが、“ブス”に声をかけないのはダメってこと。誰が見ても可愛い女の子はどこに行っても稼げるわけだし。能力の高いスカウトマンは“ブス”を稼がせるんですね。“ブス”といっても、本当にまったくダメな子ではなくて、そんなにパッとしないというくらいのレベルとか、どこか特徴がある子です。 
自分で探しても断られたり、店をクビになったり、本当に仕事に困ってる女の子って“ブス”が多いんですよ。仕事にあぶれちゃっている女の子を、自分や会社が持っている情報を使って稼がせて、業界で生きていけるようにするのがスカウトマンの仕事です。困っている女の子はスカウトマンを頼るから、それぞれの適性を見て稼げる店に紹介する。そうすれば女の子も感謝するし、自分自身もやりがいがある」

 その人のキャリアや希望に見合った職を紹介していくという点では、彼らスカウトマンも一般の転職エージェントと同じと言えるのかもしれない。

 ここまで“スカウトマン”という人種について紹介してきたが、05年に迷惑防止条例が改正されて以降、繁華街で通行人を待ち伏せして堂々とスカウト業務を行えば逮捕される危険もあるし、前述したように性風俗の世界の不況とともに、いまではスカウトマンも稼げる商売ではなくなった。

 それでも彼らスカウトマンが仕事を続けるのはなぜか? 『日本の風俗嬢』でインタビューに答えている前述の男性はこう答える。

「ボランティア精神というか、女の子のためになにか役に立ちたいみたいな意識がないと、とても続けられないんじゃないですかね」

 ほんとうかよ?とツッコミをいれたくなるが、実は『新宿スワン』の原作でも、自分が斡旋した女性について語りながら、主人公の龍彦が「オレはあのコを守ってあげたいッス」「オレこの会社の社員である前に人として正義の味方でいたいんです」と発言するシーンがある。意外に、本気でそんな思いをもって、そのことをモチーベーションにしているスカウトマンは多いらしい。

「現代の女衒」ともいわれるスカウトマンだが、世の中のすべての仕事がそうであるように、“悪魔”なのか“正義の味方”なのか、実際はそう簡単に決めつけられるわけでないということだろう。実際、水商売・風俗・AVなどを仕事にする女性にとって、行政などよりもはるかに必要な存在になっていることもたしかだ。

 だとしたら、今は『新宿スワン』の龍彦のような、弱い立場の夜の女性たちを守る“善良なスカウトマン”が少しでも増えるよう祈るしかない、ということだろうか。
(新田 樹)

最終更新:2016.08.05 06:27

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新宿スワン(1) (ヤンマガKCスペシャル)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹水商売の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
2 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
3 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
4 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
5 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
6 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
8 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
9 太田光が右翼の抗議で転向していた?
10 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
11 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
14 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
15 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
16 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
17 安倍首相にマッチョ批判
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 北海道知事選でも安倍官邸が暗躍!野党は統一候補で対抗
20 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 岡留安則「噂の真相」編集長が死去
5 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8 「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
12 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
13 国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
14 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16 安倍「自衛隊募集に非協力的な自治体」と圧力発言
17 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19 イージス・アショアに2350億円!懸念される健康被害
20 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄