柔道の授業で死亡、組体操で脊椎損傷…事故頻発の背景に文科省の「正義」押しつけ教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 内田氏の分析によれば、10段ピラミッド(約151人)で、最も負担の大きい生徒では約200キロもの負荷がかかることになる。これは「歪みのない基本形にしたがって算出したものであり、ピラミッドが歪みをもった瞬間」にはその値はもっと大きくなるという。仲間と一緒にひとつのことをやり遂げたくなる(やり遂げさせたくなる)気持ちも分かるが、誰か一人でもバランスを崩せば、その仲間たち全員がとてつもない危機に晒されるのである。

 厚生労働省「労働安全衛生規則」を引っ張り出しているのが切実だ。2メートル以上の場所で労働作業を行う場合には、安全確保のために「囲い、手すり、覆い等」を設ける規則が定められている。大人に対してこのような規則が強固に設けられているというのに、子どもの組体操は、体一つで自分の背丈の数倍もの高さに立たされるのである。組体操の成功法を指南する書籍を出している関西体育授業研究会の事務局担当者は、あるウェブマガジンのインタビューに「何度も失敗を重ねながら、何度も練習を積んでいくからこそ、その信頼がうまれていくのです。保護者たちも、子どもたちのその努力を知っているからこそ、感動してくれるのです。そして、私たち教員も、その過程を知っているからこそ、ピラミッドが完成したとき目に涙を浮かべるのです」と、事故のリスクを感動で乗り越えるのが組体操である、とその狙いを明かしてしまっている。

 本書では、柔道事故がこれまでいかに放置されていたか、精神論で片付けられてきたかについても細かに記されている。「しごき」「特訓」という名の元に、大きな身体の先生が、小さな子供を平然と投げ飛ばしてきた柔道の世界。たとえ「具合が悪い、頭痛がする」と申し出ても「気合が足りない」で済まされてしまい、不慮の事故をいたずらに積み重ねてきたのだ。

 先日、残念ながら福岡県の中学校で柔道による死亡事故が起きてしまったが、09年に4件、10年に7 件、11年に3件と起きていた柔道による死亡事故は、12年から14年まで1件も起きていなかった。著者は直接には記さないが、この柔道事故の急速な改善は、内田氏による警鐘の成果である。死亡事故を集積し発表したことが、柔道界が方針を改めることにつながった。06年版の全柔連『柔道の安全指導』では重大事故について「原因はほとんどが不可抗力的なもの」としていたが、11年版では「事故要因の分析は、指導者や管理者が安全対策を講じるうえで欠かせない」と改まった。確かな数値を提示されたことで、闇雲な気合を見直さなければならなくなった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

柔道の授業で死亡、組体操で脊椎損傷…事故頻発の背景に文科省の「正義」押しつけ教育のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。事故学校教育武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
5 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄