嵐の元スタッフが暴露本を出版! 嵐メンバーは意外と不仲で性格も悪かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

▽センター失格で当たり散らす松本

 それでも、不満をあからさまにしない二宮に対し、松本はイライラを隠さなかったというが、松本の苛立ちには理由がある。

 当初、事務所側は派手なルックスの松本を、嵐の“キムタク”(=センター)として売り出す戦略をとっていた。だが、デビューから2年後の2001年、大手広告代理店に依頼し大々的なマーケティング調査を行ったところ、なんと「メンバーの人気順位で松本がまさかの最下位」という衝撃の結果が判明し、松本をセンターから外すことに。あわてふためいたスタッフは緊急に「(松本以外の)誰をキムタクにするか」会議を開くのだが、「ほかに誰かいる?」「いない」「どれも一緒」ということで、苦肉の策として「センターを固定しない」という戦略をとることにしたという。特定のメンバーでなく嵐というグループそのものが好きという“箱推し”ファンが嵐人気を拡大させてきたことを思うと、この「センターを固定しない」という戦略は結果的に成功だったといえるだろう。
 
 しかし、センター失格の烙印をおされた松本の心中は、当然、穏やかではない。松本は「この決定を聞かされた途端、不機嫌な気持ちをあらわに」し、その後しばらく「仕事中、ちょっとしたことでピリピリしたり、ふてくされたり」、ときには、マネージャーに「おせーよ」「聞こえねーよ」と当たり散らすこともあったという。

▽不人気メンバーを見下す櫻井

 そんな松本の不満をうまく聞いてあげていたのが、コミュ力が高く、松本も一目置いていた櫻井翔だったという。しかし、その櫻井も松本を不機嫌にさせる原因になってしまったことがある。それは、04年から05年にかけて青山劇場で上演されたミュージカル『ウエストサイドストーリー』でのこと。メインの役3人には櫻井と松本、大野智が選ばれたのだが、そのなかでも松本と櫻井のどちらを主役にするかで紛糾し、最終的に櫻井が主役となった。さらにスタッフのあいだでは「櫻井を(嵐の)センターとして、ちょっと意識していこうか」という合意ができあがったらしい。

 櫻井が選ばれたのは、ジャニーズショップやコンサートグッズの売上げがトップだったことに加え、「メリー副社長と同じように、嵐を担当するジュリー副社長も彼をお気に入りだった」からだという。

 櫻井はこうした自分のポジションを十分わかっていて、他のメンバーに対して独特の優越感があった、と著者は分析する。

「センターうんぬんについてのこだわりも櫻井は希薄だ。
 いや“見た目のセンター”については、というべきか。彼は育ちのよさや賢さも含めた総合的な人間力には絶対的自信を持っていて、“事実上のセンター”は自分だと自然に考えているふしが見受けられた」

 櫻井の絶対的自信は、ときに不人気メンバーに対する上から目線や不満となってあらわれることもあったという。5人全員で出演していた映画の撮影現場で記念撮影をしようとしたところ、相葉雅紀と大野が見当たらず、不在に気づいたスタッフが探そうとしたそのとき、櫻井はこんなことを言い放ったのだという。

「売れてる3人、ここだから。ここで撮ろうよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嵐、ブレイク前夜.

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

嵐の元スタッフが暴露本を出版! 嵐メンバーは意外と不仲で性格も悪かったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ暴露本本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
2 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
3 入管法改正をケント・ギルバートが批判
4 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
5 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
6 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
7 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
8 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
9 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
10 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
11 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
12 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
13 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
16 安保法で中居正広が松本人志に反論!
17 水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
18 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6入管法改正案が法務委で強行採決!
7麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
12THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
13 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
17百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
18自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
19天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
20ゴーンの「50億の報酬」は払われていなかった!検察の杜撰捜査

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄