キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_01_150416.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


 ついに本日からスタートする、木村拓哉の新ドラマ『アイムホーム』。これまでフジテレビとTBSでしか連続ドラマ主演を張ってこなかった木村が、好調のテレビ朝日木21枠に乗り換えたことで話題を呼んでいるが、木村自身、「気分は転校生」(角川書店「月刊テレビジョン」5月号より)らしい。

 が、戸惑っているのは、転校生の木村以上に、周りの人びとであるようだ。

「テレ朝さんは、食堂すらSMAPの特番のときに一度食べたくらいで。この前、沢村一樹さんにどんな感じかお伺いしたら『肉が少ないけど大丈夫かな? 木村くん』ってすごく心配してくれて」(同上)

 撮影現場やスタッフの問題より、肉の心配……? いかにも木村に気遣う周囲の恐々とした心情が透けて見えそうな話だが、木村は「でも何せ場所がギロッポン(=六本木)でしょ。待ち時間があったらヤバイですよ。いつも埋め立て地(フジテレビ)か山(TBSの撮影スタジオ)のどちらかでしか撮影してこなかったんで…。山は食堂はうまいんですけどね、ゴルフくらいしかやることないんです(笑)」と余裕の返事。しかし、新ドラマにもっともプレッシャーを感じているのは、いうまでもなく木村本人だろう。木村は『アイムホーム』にかける意気込みをこう語る。

「前評判はいろいろ聞くので、皆さんが今回の役に設定するハードルは、自分で考えるのより高いんだなって感じています。それはまず間違いない」(同上)

 いつもは自信たっぷりな木村が、この慎重な発言。事実、今回の『アイムホーム』で木村はホームドラマでは初の父親役を演じるが、「いままでのイメージのせいか、お父さんって感じがしない」「家庭の生活臭とかキムタクが出せるの?」と、放送前から違和感を感じている人も少なくない。しかも今回の役どころは、記憶喪失になり、現妻と子どもの顔が仮面に見えてしまうという難しいものだ。

 ただ、木村が記憶喪失の役を演じるのは、今回が初めてではない。人気絶頂だった1997年に主演した『ギフト』(フジテレビ系)でも、木村は“届けること”に異様な執着をもつ記憶喪失の青年を演じている。『アイムホーム』では“謎の10本の鍵”を通して失った記憶と対峙していくことを考えると、届け屋をすることで記憶が甦っていく『ギフト』とは共通する部分もある。しかし、この『ギフト』、ドラマファンのあいだでは評価も高かったが、視聴率は平均18.2%と“20%越えは当然”といわれる木村の主演作のなかでは低めに終わった。さらに不幸なことに、作中に登場したバタフライナイフが当時発生した中学生による教師殺傷事件に影響を与えたとして社会問題化し、いまもDVD化されていない“黒歴史作品”となっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アイムホーム 上 (ビッグコミックススペシャル)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アイムホームテレビ朝日大方 草家族木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
2 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
3 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
4 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
5 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
8 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
9 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
10 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
11 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
12 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
13 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
14 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
15 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
16 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
17 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
18 つんく♂が秋元のメンバー差別に
19 DA PUMPがEXILEに挑戦状
20 能年玲奈のヤンキーテ―プ流出?
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
5安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
6早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
7産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
8 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
9日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
10沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
13三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
14直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
15三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
16自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
17“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
18松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄