キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_01_150416.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


 ついに本日からスタートする、木村拓哉の新ドラマ『アイムホーム』。これまでフジテレビとTBSでしか連続ドラマ主演を張ってこなかった木村が、好調のテレビ朝日木21枠に乗り換えたことで話題を呼んでいるが、木村自身、「気分は転校生」(角川書店「月刊テレビジョン」5月号より)らしい。

 が、戸惑っているのは、転校生の木村以上に、周りの人びとであるようだ。

「テレ朝さんは、食堂すらSMAPの特番のときに一度食べたくらいで。この前、沢村一樹さんにどんな感じかお伺いしたら『肉が少ないけど大丈夫かな? 木村くん』ってすごく心配してくれて」(同上)

 撮影現場やスタッフの問題より、肉の心配……? いかにも木村に気遣う周囲の恐々とした心情が透けて見えそうな話だが、木村は「でも何せ場所がギロッポン(=六本木)でしょ。待ち時間があったらヤバイですよ。いつも埋め立て地(フジテレビ)か山(TBSの撮影スタジオ)のどちらかでしか撮影してこなかったんで…。山は食堂はうまいんですけどね、ゴルフくらいしかやることないんです(笑)」と余裕の返事。しかし、新ドラマにもっともプレッシャーを感じているのは、いうまでもなく木村本人だろう。木村は『アイムホーム』にかける意気込みをこう語る。

「前評判はいろいろ聞くので、皆さんが今回の役に設定するハードルは、自分で考えるのより高いんだなって感じています。それはまず間違いない」(同上)

 いつもは自信たっぷりな木村が、この慎重な発言。事実、今回の『アイムホーム』で木村はホームドラマでは初の父親役を演じるが、「いままでのイメージのせいか、お父さんって感じがしない」「家庭の生活臭とかキムタクが出せるの?」と、放送前から違和感を感じている人も少なくない。しかも今回の役どころは、記憶喪失になり、現妻と子どもの顔が仮面に見えてしまうという難しいものだ。

 ただ、木村が記憶喪失の役を演じるのは、今回が初めてではない。人気絶頂だった1997年に主演した『ギフト』(フジテレビ系)でも、木村は“届けること”に異様な執着をもつ記憶喪失の青年を演じている。『アイムホーム』では“謎の10本の鍵”を通して失った記憶と対峙していくことを考えると、届け屋をすることで記憶が甦っていく『ギフト』とは共通する部分もある。しかし、この『ギフト』、ドラマファンのあいだでは評価も高かったが、視聴率は平均18.2%と“20%越えは当然”といわれる木村の主演作のなかでは低めに終わった。さらに不幸なことに、作中に登場したバタフライナイフが当時発生した中学生による教師殺傷事件に影響を与えたとして社会問題化し、いまもDVD化されていない“黒歴史作品”となっている。

 恋愛ドラマのイメージが強いなかでサスペンスに挑戦し、つまずいてしまった『ギフト』の呪縛。それに加えてもうひとつ、木村にとってプレッシャーになっているのは、昨日スタートした堺雅人主演の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の存在だろう。視聴率をはじめ、何かと木村vs.堺と比べられることは確実。『半沢直樹』のあとに主演した『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』が惨敗、『半沢直樹』の堺と演技を比較して酷評された経験は、プライド高き木村の大きな傷になっているはずで、今回はなんとしても負けられないという意地があるに違いない。

 そのせいか、木村の『アイムホーム』の番宣への力の入れ方は異常なほど。木村は、『SmaSTATION!!』『林修の今でしょ!講座』といったバラエティ番組へのゲスト出演だけでなく、ドラマ直前に放送される『世界フィギュアスケート国別対抗戦2015』にまで出演。深夜の『お願い!ランキング』はおろか、ミニ番組にさえ出てしまうのだから、木村の必死さはこれまでにないものだ。

 しかも、その深夜のミニ番組『LIKE』で木村は、MC担当のキャラクター・LIKEくんに“ドラマの告知をしてください”と前振りされても、「しないよ!」と断固拒否。「(番宣でしか)こういう番組出ません、みたいなことを言う奴が、なんか世の中にいっぱいいるらしいんだけど、もうね僕、大っ嫌い! そういう奴」と言い出す始末で、誰の目にもわかるように番組告知で出ているにもかかわらず何をしにきたのかさっぱりわからない状態に。

『アイムホーム』は、このキムタクの高すぎる自尊心を保つ結果となるのか、それとも崩すきっかけになってしまうのか。まずは第一話が大いに見物だ。
(大方 草)

最終更新:2017.12.23 07:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アイムホーム 上 (ビッグコミックススペシャル)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

キムタク新ドラマに不安の声が殺到!「テレ朝の食堂、肉が少ないけど、木村くん大丈夫?」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アイムホームテレビ朝日大方 草家族木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
2 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
3 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
4 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
5 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
6 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
7 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
8 秋篠宮家の料理番がブラック告発
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 長渕剛のマスコミ批判に坂上忍が言い訳
11 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
12 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
13 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
14 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
17 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
18 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄