オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sennounosubete_01_150319.jpg
『洗脳のすべて』(宝島)

 戦後最大級の無差別殺人として世界を震撼させた「地下鉄サリン事件」から20年。事件を引き起こしたオウム真理教についてはこの間、いろんな側面から語れてきたが、中でも大きな注目を集めたのは、麻原彰晃(本名・松本智津夫=60)を中心とした“洗脳”の手法だった。

 オウムによる洗脳は、単に執拗な勧誘や過酷な修行だけではない。瞑想の際にLSDを服用させ深い悟りが得られたかのように思い込ませる修行や、高橋公判でもたびたび出て来る「ニューナルコ」と呼ばれる、電気ショックによって脳に刺激を与え記憶を消すという修行などで信者の脱会を困難にした。違法薬物を使いまくり信者の脳に直接働きかけていたのである。

 このように同教団による洗脳手法は過激で異質だが、今年1月に刊行されたムック『洗脳のすべて』(別冊宝島/宝島社)では身近な洗脳手法がさまざまな事例とともに紹介されている。

 まず巻頭は、X JAPANのボーカリストとして不動の人気を築いていたToshlのロングインタビュー。自身がかつて心酔していた「ホームオブハート」についてだ。自己啓発セミナーを主宰する同団体に出会ったいきさつやそこでの出来事、逃亡から現在までの壮絶な日々を語っている。Toshlは1993年に元妻と出会い、彼女に連れて行かれたセミナーやコンサートで、同団体のトレーナー・MASAYAを紹介される。「今すぐここで決めて下さい。決めないのがあなたのパターンです」と迫られ、ついにセミナーに参加するようになってしまったという。これは元妻の影響が大きかったようだ。

「自分が有名になったり、大きなお金が動く事で、家族がおかしくなり、自分が知らなかった強欲さを目の当たりにする。子どもからしたら、親や兄弟の今までと違う一面を見るということは、とてもショックなんですね。そうすると「もしかしたら、自分がいけないんじゃないか」という感情にもなってくるし、そこからいろんなものが崩れていく。さらにそこへきて当時のX JAPANの状況も重なって、僕自身、自信というものを見失っていた」

 孤独を強め〈自分の拠り所がどんどんなくなっていった〉というToshlのもとに近づいてきたのが、元妻だった。

「彼女を否定すると自分のことも否定することになる。自分が選んだ相手のことを最後まで信じたいという、ある種、心に不安を持つ人間独特の心理が働いてしまっていた」

 元妻と自分を同一視し、唯一の拠り所とするまでになっていたToshlは、同団体にとって格好のカモだっただろう。こうして、高額なセミナー代に加え、MASAYAのCDなどさまざまなモノを買わされるようになる。さらには、かつて大きく報道された「化け物アゴ男」「エゴ人間」「劣等男」といった気の毒な罵声の数々を浴びせられる“フィードバック”という手法、殴る蹴るの肉体的な暴力で、さらに自分に自信をなくし同団体への忠誠心を強くしていった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

洗脳のすべて (別冊宝島 2289)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教ブラック企業洗脳高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
7 安倍官邸が74億円の官房機密費使用!安倍応援団の手にも?
8 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
9 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
14 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
15 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
19 安倍首相の「嵐」政治利用にファン批判、天皇即位祭典も政権の意向か
20 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄