オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「大声でポジティブな言葉を発すると気持ちがいいですし、アドレナリンがたくさん出て“今日もがんばるぞ!”って気になれる。不思議ですけど、朝礼のおかげで元気が出るんです」

 月曜の早朝に街を歩くと、社屋とおぼしき建物の屋上で社員らが大声で何か叫んでいるような会社をたまに見かける。ハタから見ていて苦行でしかないと思っていたが本人たちは嬉々としてこれに臨んでいたとは、恐るべしだ。

 一方、洗脳する側も実際のところは自分で自分に対して“自己洗脳”を行っているのではないかという疑惑もある(「木嶋佳苗が自己洗脳で保ち続ける見せつけたい「自己像」/高橋ユキ」)。2009年に発生したいわゆる「首都圏連続不審死事件」で殺人などの罪に問われ、一審二審の死刑を不服とし、現在最高裁に上告中の木嶋佳苗被告(40)は、法廷で自信満々の態度を崩すことはなかった。

 事件発生当時からこの事件は木嶋被告のぽっちゃりとした容姿や、それに反して“男性を何人も手玉に取った”ということが大々的に報じられた。公判も抜群の注目度の高さだったが、「一審では午前と午後で服装を替え、刑事裁判では非常に珍しい“お色直し”を行った」ほか「堂々と法廷に現れ、時に傍聴席を見回す余裕も」あった。

「刑事裁判の被告人の多くは、ずっと下を向いてうなだれていたり、傍聴席を見回すことなどできずに、まっすぐ前を見据えて固まっている。彼女には、そうした素振りは一切見られなかった。
 大きな連続殺人事件の被疑者として、そして被告人として注目を集めていることをポジティブに受け止めているようにすら見えてしまう」

 自信たっぷりの振る舞いは、いつしか第三者にも伝染する。公判には次第に“佳苗ギャル”と呼ばれる女性たちが通い詰めるようになった。幾人もの男性が彼女に惹かれていった理由を探しながら傍聴するうちに、彼女の魅力に気づいていくのである。佳苗ギャルの1人はこう語る。

「目を閉じて彼女の声を聞いていると、綺麗な女性が話しているようにしか聞こえない。被害者とのセックス内容を赤裸々に証言しているのですが、“ドギツイ”性行為も彼女の話しぶりによって、上品なエロスを感じてしまうほど」

 木嶋と同様の“自己洗脳”は、おそらく冒頭に挙げたオウム真理教の麻原も、行っていたのではないだろうか。荒唐無稽な理屈を通すには自分で自分に暗示をかけなければ、やっていけないだろう。
(高橋ユキ)

最終更新:2017.12.19 10:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

洗脳のすべて (別冊宝島 2289)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教ブラック企業洗脳高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
2 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
3 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
9 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
10 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
11 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
12 安倍首相にマッチョ批判
13 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 片山さつきが坂上忍に批判された
19 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
20 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
14ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄