オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「大声でポジティブな言葉を発すると気持ちがいいですし、アドレナリンがたくさん出て“今日もがんばるぞ!”って気になれる。不思議ですけど、朝礼のおかげで元気が出るんです」

 月曜の早朝に街を歩くと、社屋とおぼしき建物の屋上で社員らが大声で何か叫んでいるような会社をたまに見かける。ハタから見ていて苦行でしかないと思っていたが本人たちは嬉々としてこれに臨んでいたとは、恐るべしだ。

 一方、洗脳する側も実際のところは自分で自分に対して“自己洗脳”を行っているのではないかという疑惑もある(「木嶋佳苗が自己洗脳で保ち続ける見せつけたい「自己像」/高橋ユキ」)。2009年に発生したいわゆる「首都圏連続不審死事件」で殺人などの罪に問われ、一審二審の死刑を不服とし、現在最高裁に上告中の木嶋佳苗被告(40)は、法廷で自信満々の態度を崩すことはなかった。

 事件発生当時からこの事件は木嶋被告のぽっちゃりとした容姿や、それに反して“男性を何人も手玉に取った”ということが大々的に報じられた。公判も抜群の注目度の高さだったが、「一審では午前と午後で服装を替え、刑事裁判では非常に珍しい“お色直し”を行った」ほか「堂々と法廷に現れ、時に傍聴席を見回す余裕も」あった。

「刑事裁判の被告人の多くは、ずっと下を向いてうなだれていたり、傍聴席を見回すことなどできずに、まっすぐ前を見据えて固まっている。彼女には、そうした素振りは一切見られなかった。
 大きな連続殺人事件の被疑者として、そして被告人として注目を集めていることをポジティブに受け止めているようにすら見えてしまう」

 自信たっぷりの振る舞いは、いつしか第三者にも伝染する。公判には次第に“佳苗ギャル”と呼ばれる女性たちが通い詰めるようになった。幾人もの男性が彼女に惹かれていった理由を探しながら傍聴するうちに、彼女の魅力に気づいていくのである。佳苗ギャルの1人はこう語る。

「目を閉じて彼女の声を聞いていると、綺麗な女性が話しているようにしか聞こえない。被害者とのセックス内容を赤裸々に証言しているのですが、“ドギツイ”性行為も彼女の話しぶりによって、上品なエロスを感じてしまうほど」

 木嶋と同様の“自己洗脳”は、おそらく冒頭に挙げたオウム真理教の麻原も、行っていたのではないだろうか。荒唐無稽な理屈を通すには自分で自分に暗示をかけなければ、やっていけないだろう。
(高橋ユキ)

最終更新:2017.12.19 10:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

洗脳のすべて (別冊宝島 2289)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

オウムだけじゃない。自己啓発セミナー、ブラック企業…どこにでもある洗脳の落とし穴のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教ブラック企業洗脳高橋ユキの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
2 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
3 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
4 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
5 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
6 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
10 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
15 安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
16 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
17 安倍首相の「消費税増税」国会答弁で開き直り「法人税減税」を自慢
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
20 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄