春香クリスティーンが「炎上」して考えたこととは…タコツボ化する「右」と「左」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
haruka_150225.jpg
『ナショナリズムをとことん考えてみたら』(PHP研究所)

 ここ数年、政治関連の番組でよく見かけるようになった女性タレント──それが春香クリスティーンだ。

 1992年スイスに生まれ、日本人の父とスイス人の母を持つ彼女は16才の時に単身来日。趣味で政治家の追っかけをやっていたことなどから「政治に関心を持つタレント」として脚光を浴び、現在ではバラエティ番組などにも多数出演している。

 そんな彼女がこのほど新書を出版した。タイトルは『ナショナリズムをとことん考えてみたら』(PHP研究所)。いったいなぜ「ナショナリズム」なのか?

 きっかけとなったのは、自身が経験した「炎上事件」だ。2013年12月、とある情報番組に出演した彼女は安倍首相の靖国参拝についてコメントを求められ「もしもドイツの首相がヒトラーの墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのかということで議論されるわけですけど」と発言。このたった一言が「ヒトラー発言」として一人歩きし、主にネット上で猛烈なバッシングを受ける。

 なかにはツイッター上で「朝鮮帰れ」と罵声を浴びることもあった。スイス出身なのに「朝鮮」? そう、彼らの正体は「愛国者」を自認しながら、その実ネット上で仮想敵を見つけると何でも「在日」とレッテル貼りをする「ネトウヨ」だったのだ。「朝鮮帰れ」は対象を問わず、攻撃の決まり文句だった。以前朝日新聞に秘密保護法反対のコメントを寄せたことで右から、炎上から半年後には読売新聞に原発再稼働を容認するコメントを寄せたことで左から非難を受けた経験も重なり、彼女はネット上でのこうした「色分け」に辟易するようになる。

 バッシングを受けると、多くの人間は恐怖のあまり沈黙してしまう。当初は春香クリスティーンもそうだった。しかし、その後彼女は疑問を抱き始める。愛国的ナショナリズムと結びつけられて語られることの多いネトウヨとはそもそもどんな人々なのか? 政治的な「右」「左」の区別はそんなに簡単なのだろうか? 問いをたずさえ、彼女は萱野稔人、鈴木邦男、田原総一朗、三橋貴明という4名の立場が異なる論者に直接話を聞きに行くのだ。本書のなかにはその取材成果がまとめられている。
 
 こう書くとネトウヨへの「反撃本」というイメージを持たれるだろうか。「そうではない」点が本書のミソでもあることも強調しておきたい。彼女はネット上においては「『右』も『左』も『タコツボ化』していく」特徴があると断ったうえで、こう続ける。

「ネット上の議論がうまくかみ合わないのは『右』だけのせいではありません。(略)『ネトウヨ』だけを槍玉に挙げるのもフェアではないのでは?」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ナショナリズムをとことん考えてみたら (PHP新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

春香クリスティーンが「炎上」して考えたこととは…タコツボ化する「右」と「左」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発小林よしのり春香クリスティーン松岡瑛理の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
2 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
3 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
4 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
5 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
6 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
7 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
8 外務省の24億円だけではない、内閣府でも100億円の「コロナ広報予算」
9 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
14 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
17 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
18 どこか痛めてる“痛メン”が大人気
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
6NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
12「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄