「私が溺れたのはクスリじゃなく、男」 覚せい剤で逮捕された小向美奈子の壮絶な独白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
komukaiminako_01_150214.jpg
『いっぱい、ごめんネ。』(徳間書店)

 元グラビアアイドルの小向美奈子が覚せい剤所持で逮捕された。今回で3度目の逮捕だ。

 2009年2月に覚せい剤取締法で執行猶予付きの有罪判決が下された小向だが、芸能界復帰は順調とはいかなかった。「浅草ロック座」でストリッパーとして復帰したが、その後もアダルトビデオ出演などが中心で、かつての活躍とはほど遠いものだった。

「いつもお酒ばかり飲んでいたようですが、覚せい剤にも再び手を出していたとの噂も絶えなかった」(事件を取材したスポーツ紙記者)

 小向はなぜ再びクスリに溺れ、3度目の逮捕となったのか。最初の事件後に出版された“懺悔本”『いっぱい、ごめんネ。』(徳間書店/09年11月)を読むと、その原因とも思える理由を垣間みることができる。

 両親と3人の兄妹に囲まれて育った小向だが、家族はごく普通の家庭だった。小向はちょっと気が強く、幼稚園では男の子と喧嘩もする活発な少女だった。しかし、小学生くらいから、安室奈美恵に憧れてメッシュを入れたり、不良に憧れるようになる。小学生でタバコを吸って、両親にこっぴどく怒られたこともある。異性に対しても早熟で積極的だったらしい。

「初めて男の子とKissしたのは、中学1年の夏(略)小学生のころから大好きでいつも、顔を合わせるたびに、『好き、好き』って言っていた」

 相手に半ば脅迫のように答えを迫り、一緒に行った夏祭りでキスをした。初体験も同じ時期だった。ちょっと悪ぶり、2歳年上の兄の仲間に可愛がられる小向は同級生の女性からひがみとねたみの対象になり、学校では嫌がらせも受けるようになったという。それを面倒に感じた小向は中1で学校へ行かなくなった。そんな時出会ったのが、2歳年上の男だった。

「どっちが誘ったというわけじゃない。何となく、ベッドの上でごろごろしだして、じゃれついて、どちらからともなく抱き合って……」

 13歳の初体験だった。彼とは自然消滅したが、15歳でスカウトされ芸能界に入った後、小向の人生を決定づける男性と出会ったという。不良仲間のお姉さんに連れられて行った居酒屋で知り合った2歳年上の無職の男だ。

「いつでも、どこでも……彼の腕に抱かれていたい」

 恋愛にのめり込んでいく小向だが、ほどなく異変が襲う。妊娠だった。だが、産婦人科の待ち合い室で男は「ベビーベッドも必要だろう」と子供を産むことを了承した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

覚醒剤の社会史―ドラッグ・ディスコース・統治技術

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「私が溺れたのはクスリじゃなく、男」 覚せい剤で逮捕された小向美奈子の壮絶な独白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ小向美奈子林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
2 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
3 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
4 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
7 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
8 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
9 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
10 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
11 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
12 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
13 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
14 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
15 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
16 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
17 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
18 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
19 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
20 百田尚樹小説の村上春樹揶揄に新潮社が
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
9大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
15GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
18「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
19河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
20辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄