本当にイスラム国をISILと呼ぶ必要があるのか!? 呼称問題を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、考えなくてはいけないのは、イスラム教徒への影響だ。愛知県のイスラム礼拝所には、「日本から出て行け」「家族構成は分かっている」「殺す」「日本人の敵だ」などという脅迫や嫌がらせの電話が相次いでいることを毎日新聞(2月5日付)が伝えているが、こうした行動が「イスラム国」という言葉の意味を誤解し、「イスラム国=イスラム教徒」と誤って解釈していることが原因で行われている可能性はある。あまりに短絡的すぎないか、という疑問もあるが、それよりも、このような暴力が罪のない人たちにおよぶことは防がなくてはいけない。

 しかし、それは単純に言葉を置き換えたら済む問題なのだろうか。「テロに屈しない」と安倍首相は繰り返すが、その前にわたしたちが行わなくてはいけないのは、ムスリムに対する理解を深めることではないか。この1か月間、フランスでの「シャルリー・エブド」襲撃に日本人人質拘束と大きな事件を目のあたりにして、極東の島国に住むわたしたちは、理解が追いつかず、圧倒され、スピードに流され、立ち尽くすばかりだ。

 考えなくてはいけないことは山ほどある。移民にひときわ厳しいフランスで、ムスリムたちはシャルリーの風刺をどう捉えていたのか? 「イスラム国」という過激派組織に世界中の若者たちが賛同する原因には、各国の欺瞞が隠されていないか? そもそも「イスラム国」をつくりあげてしまったアメリカの中東政策を日本はどう見つめ直せるのか? ……こうしたことをひとつひとつ考えていくには、中東とその民族の歴史、イスラム教への深い理解が必要だ。

 必要だ、と偉そうに言いながら、筆者自身、いまだ右往左往している。だが今後、中東と日本のこれからを考えていく上で必要な知識を掬い、伝え、広げていくことも、本サイトの重要な課題であることに違いはない。前述したように、過激で残忍なテロ集団であるというイメージをもっとも多くの人が抱いている「イスラム国」という呼称を本サイトでは使用していくつもりだが、これもまた、編集部でその都度検討し、あらためる機会も出てくると思う。

 ただ、いま日本に起こっていることは、ありえないほど恐ろしい事態だ。テロという恐怖を国民に煽り、責任から逃れようとする安倍政権。そして、政権に都合の悪いことは口をつぐみ、人質事件の真実追及さえ行わない翼賛的な報道。──本サイトではこうした状況に抗い、隠されようとしている事実を暴いていきたいと考えているが、この国で異常な事態が進行していることだけは、ひとりでも多くの読者にしっかりとわかってほしいと願っている。
(編集子)


【検証!イスラム国人質事件シリーズはこちらから→(リンク)】

最終更新:2017.12.13 09:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

イスラーム文化 その根柢にあるもの

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

本当にイスラム国をISILと呼ぶ必要があるのか!? 呼称問題を考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イスラム国人質事件テロ安倍晋三編集子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
17 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄