膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seikiseikei_141121.jpg
『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)

 女性のあいだで美容整形が一般化しつつある昨今。いまどき二重瞼の手術などは定番で、目頭切開に豊胸、リフトアップ、脂肪吸引……と多種多様な手術がおこなわれている。最近では元AKB48の板野友美の胸が「異常に膨らんでいる」ことが大きな話題となっているが、その成長ぶりはもはや人間の域を超えており、本人も疑惑になることは百も承知だと感じさせる。

 美人になりたい。女っぷりをあげたい。若々しくありたい──こうした女性の欲望は、いまに始まった話ではない。だからこそ、女性が望む美容整形の内容は見た目にわかるものばかりだった。だが、最近では、パッと見ただけではわからない“ある部位”を整形する女性が増えているのだという。それはなんと“性器”の整形である。

「セックスに翻弄され、闇を抱えている女性たち」の実態に迫ったルポルタージュ『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)によると、増加中の性器美容整形にはいくつか種類がある。例をあげると、「小陰唇を縮小」する手術に、「クリトリスの包茎を治す」手術、「膣のゆるみを治す」「処女膜を再生する」「性器の黒ずみを除去する」手術などだ。

「どれも入院せず日帰り、それもわずか1時間程度で手術が可能」という手軽さで、値段も「だいたい10〜20万円ほど」だという性器美容整形。なかでも人気があるというのは、「Gスポットにヒアルロン酸を注入する施術」だという。

 ヒアルロン酸といえば、顔に注入することでほうれい線を目立たなくさせたり、鼻に入れて高くしたりといった方法がよく知られている。「なぜ見えないGスポットにヒアルロン酸を?」「そもそもGスポットって実在するの?」といろいろ疑問に思うが、この手術では、ヒアルロン酸を入れることでGスポットを膨張させ、膣道を狭くするのが狙いなのだとか。

 そして、もうひとつ人気なのが「小陰唇縮小術」。これは「いわゆるビラビラを小さくする」手術で、レーザーメスを使い、小陰唇の余分な箇所や黒ずみを切除。そうして大きさや形を整えるのだという。

 膣を狭め、見た目もソソる形に。……こうして見ると「女性の肉食化はここまで進んだのか」と思うかもしれない。だが、女性が性器整形を選択する背景には、悲しいトラウマがある。

 たとえば、性器の黒ずみを除去する手術を受けた33歳の女性は、彼氏に「前の子はこんなに黒くなかった」「お前ヤリマンなんだね」と言われたことがきっかけだった。彼氏とは早々に別れたというが、彼女にとってこの言葉は心に引っかかり続ける。そして、ネットにアップされているAVを見ては、AV女優と自分の性器の色を比較したり、男性と付き合うたびに「本当はこの人も私のアソコを見て『汚い』とか『本当はヤリマンなんだ』とか思ってるんじゃないか」と不安に駆られたりするように。当然、セックスに集中できるはずもない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
2 山下智久の女子高生とホテル報道を芸能マスコミは一切報じず
3 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
4 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 吉村知事に三浦瑠麗が「本人も間違ったと思ってる」 維新幹事長は「対案出せ」
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
9 小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
10 安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
11 山下智久“女子高生と飲酒・ホテル”でジャニーズ事務所が報道封じ
12 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
14 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
15 トクホなのに体に悪い危険な飲料とは
16 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
17 毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
18 『半沢直樹』今度は民主党に倍返し!
19 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
20 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
1安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
2 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
3 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
11菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
12安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
13「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
14毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
19核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
20アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄