膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seikiseikei_141121.jpg
『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)

 女性のあいだで美容整形が一般化しつつある昨今。いまどき二重瞼の手術などは定番で、目頭切開に豊胸、リフトアップ、脂肪吸引……と多種多様な手術がおこなわれている。最近では元AKB48の板野友美の胸が「異常に膨らんでいる」ことが大きな話題となっているが、その成長ぶりはもはや人間の域を超えており、本人も疑惑になることは百も承知だと感じさせる。

 美人になりたい。女っぷりをあげたい。若々しくありたい──こうした女性の欲望は、いまに始まった話ではない。だからこそ、女性が望む美容整形の内容は見た目にわかるものばかりだった。だが、最近では、パッと見ただけではわからない“ある部位”を整形する女性が増えているのだという。それはなんと“性器”の整形である。

「セックスに翻弄され、闇を抱えている女性たち」の実態に迫ったルポルタージュ『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)によると、増加中の性器美容整形にはいくつか種類がある。例をあげると、「小陰唇を縮小」する手術に、「クリトリスの包茎を治す」手術、「膣のゆるみを治す」「処女膜を再生する」「性器の黒ずみを除去する」手術などだ。

「どれも入院せず日帰り、それもわずか1時間程度で手術が可能」という手軽さで、値段も「だいたい10〜20万円ほど」だという性器美容整形。なかでも人気があるというのは、「Gスポットにヒアルロン酸を注入する施術」だという。

 ヒアルロン酸といえば、顔に注入することでほうれい線を目立たなくさせたり、鼻に入れて高くしたりといった方法がよく知られている。「なぜ見えないGスポットにヒアルロン酸を?」「そもそもGスポットって実在するの?」といろいろ疑問に思うが、この手術では、ヒアルロン酸を入れることでGスポットを膨張させ、膣道を狭くするのが狙いなのだとか。

 そして、もうひとつ人気なのが「小陰唇縮小術」。これは「いわゆるビラビラを小さくする」手術で、レーザーメスを使い、小陰唇の余分な箇所や黒ずみを切除。そうして大きさや形を整えるのだという。

 膣を狭め、見た目もソソる形に。……こうして見ると「女性の肉食化はここまで進んだのか」と思うかもしれない。だが、女性が性器整形を選択する背景には、悲しいトラウマがある。

 たとえば、性器の黒ずみを除去する手術を受けた33歳の女性は、彼氏に「前の子はこんなに黒くなかった」「お前ヤリマンなんだね」と言われたことがきっかけだった。彼氏とは早々に別れたというが、彼女にとってこの言葉は心に引っかかり続ける。そして、ネットにアップされているAVを見ては、AV女優と自分の性器の色を比較したり、男性と付き合うたびに「本当はこの人も私のアソコを見て『汚い』とか『本当はヤリマンなんだ』とか思ってるんじゃないか」と不安に駆られたりするように。当然、セックスに集中できるはずもない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
4 グッディ!土田マジギレ真の原因
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
7 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
8 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
10 安倍首相にマッチョ批判
11 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
12 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
13 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
14 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
15 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
16 産経新聞が社員の1割をリストラ
17 山本太郎を評価せよ!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 自民党・大西議員が原発でも言論弾圧
20 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
12安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
134人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
14 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
15参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
16酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
18五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
19百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄