膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seikiseikei_141121.jpg
『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)

 女性のあいだで美容整形が一般化しつつある昨今。いまどき二重瞼の手術などは定番で、目頭切開に豊胸、リフトアップ、脂肪吸引……と多種多様な手術がおこなわれている。最近では元AKB48の板野友美の胸が「異常に膨らんでいる」ことが大きな話題となっているが、その成長ぶりはもはや人間の域を超えており、本人も疑惑になることは百も承知だと感じさせる。

 美人になりたい。女っぷりをあげたい。若々しくありたい──こうした女性の欲望は、いまに始まった話ではない。だからこそ、女性が望む美容整形の内容は見た目にわかるものばかりだった。だが、最近では、パッと見ただけではわからない“ある部位”を整形する女性が増えているのだという。それはなんと“性器”の整形である。

「セックスに翻弄され、闇を抱えている女性たち」の実態に迫ったルポルタージュ『モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち』(大場真代/宝島社)によると、増加中の性器美容整形にはいくつか種類がある。例をあげると、「小陰唇を縮小」する手術に、「クリトリスの包茎を治す」手術、「膣のゆるみを治す」「処女膜を再生する」「性器の黒ずみを除去する」手術などだ。

「どれも入院せず日帰り、それもわずか1時間程度で手術が可能」という手軽さで、値段も「だいたい10〜20万円ほど」だという性器美容整形。なかでも人気があるというのは、「Gスポットにヒアルロン酸を注入する施術」だという。

 ヒアルロン酸といえば、顔に注入することでほうれい線を目立たなくさせたり、鼻に入れて高くしたりといった方法がよく知られている。「なぜ見えないGスポットにヒアルロン酸を?」「そもそもGスポットって実在するの?」といろいろ疑問に思うが、この手術では、ヒアルロン酸を入れることでGスポットを膨張させ、膣道を狭くするのが狙いなのだとか。

 そして、もうひとつ人気なのが「小陰唇縮小術」。これは「いわゆるビラビラを小さくする」手術で、レーザーメスを使い、小陰唇の余分な箇所や黒ずみを切除。そうして大きさや形を整えるのだという。

 膣を狭め、見た目もソソる形に。……こうして見ると「女性の肉食化はここまで進んだのか」と思うかもしれない。だが、女性が性器整形を選択する背景には、悲しいトラウマがある。

 たとえば、性器の黒ずみを除去する手術を受けた33歳の女性は、彼氏に「前の子はこんなに黒くなかった」「お前ヤリマンなんだね」と言われたことがきっかけだった。彼氏とは早々に別れたというが、彼女にとってこの言葉は心に引っかかり続ける。そして、ネットにアップされているAVを見ては、AV女優と自分の性器の色を比較したり、男性と付き合うたびに「本当はこの人も私のアソコを見て『汚い』とか『本当はヤリマンなんだ』とか思ってるんじゃないか」と不安に駆られたりするように。当然、セックスに集中できるはずもない。

 また、もともと肌が色黒だという29歳女性の場合は、いつしか美白信仰が肌から性器にまで及ぶように。性器に美白クリームを使用することはもちろん、「下着の摩擦がよくない」と聞いてからはずっとノーパンで過ごし、化学的なナプキンではなくオーガニックの布ナプキンを使用。さらには、性器に重曹を叩き込んだり、オキシドールやイソジンを塗り込んだりと、涙ぐましいほどの努力を続けてきた。だが、性器の色は白くなるどころか「やればやるほど黒く汚くなっていく」気がしたという。

 性器の黒ずみ問題だけではない。前述したGスポットへのヒアルロン酸注入だって、「出産後に膣がゆるくなってしまった人」や「出産時の会陰切開で雑に縫われてしまった人」なども多い。子どもを産んで、夫から「ゆるくなった」と言われた女性や、ゆるいと思われているのでは?とひとり悩む女性たちだ。この現実から見え隠れするのは、女性たちの肉食化などではなく、むしろ「男性から愛されないのでは」という不安感の強さのほうだろう。

 こうした不安は、「女子力」という言葉からも伺える。女子力とは、「見た目もキレイで、中身も良い子で、たくさんの男性から言い寄られて、その中からよりどりみどり、一番条件のいい男性を選べる」こと。そんな女は、はっきり言って妄想の産物に過ぎない。しかし、「結婚=幸せ」という価値観が根強くこびりついている女たちは、「女子力向上」を謳うメディアの情報を実践し、メイクやダイエットで見た目をみがき、習い事で内面をみがき、「最後の武器」としてセックスをみがこうと躍起になる。

 だが、世間に氾濫する女子向けセックスマニュアルが書く「愛されるセックス」は、著者が指摘するように「本当にやらなければならないことが多すぎる」。たとえば、「an・an」(マガジンハウス)2014年8月6日号に掲載された恒例のセックス特集では、「命懸けます!イラマチオ」というハードな見出しが躍り、唾液を出せだの奥歯が当たらないようにしろだのと推奨。しかも、女性の場合は、テクニックを身につければいいという単純な話ではなく、「受け身になりすぎてもいけないし、積極的になりすぎてもいけない」という掟つき。イマラチオまでしておいて一方で恥じらえとは、どれだけ演技力が必要なんだよと言いたくもなる。

 本書ではほかにも、メディアが流布する“女磨き”としてのセックス情報に乗せられ、「精子を飲むと肌がキレイになる」という科学的根拠もない迷信を信じ「3回に1回くらいの割合で精子を飲む」女性なども登場。「メディアの情報を鵜呑みにする女が悪い」と非難するのは簡単ではあるが、それでは女性が抱える性の悩みの根深さは解消されない。著者も書いているように、「その悩みはバイアグラを飲めば解決、という単純なものではない」のだ。

 女が性をオープンに語れる時代になったとはいうものの、結局、ベースにあるのは男性本位のセックス観でしかない。問題の本質は、そこにあるのではないだろうか。
(水井多賀子)

最終更新:2018.10.18 03:15

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モンスターウーマン 「性」に翻弄される女たち

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

膣にヒアルロン酸、処女膜再生…女性の「性器美容整形」の実情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
2 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
3 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
4 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
5 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
7 吉村洋文知事は5月に30本のテレビに出演していた
8 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
10 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
11 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
12 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
19 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
20 大島に出産放映焚き付けたのは出川?
1 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
7 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
14 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄