二股発覚! たかじん未亡人は人妻だった! 百田尚樹『殉愛』の嘘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした指摘に対して、百田は早速、11月12日のツイッターでこう反論した。

「ネット上で、たかじんさんの妻の経歴をほじくりかえして、鬼の首を取ったようにわめいているヤカラが大勢いるが、過去がどうだと言うのだ。いたって普通の経歴にすぎない。犯罪を犯したわけでもない私人の経歴を暴き立てて非難するのは実に低俗な行為だと思う。」

 たしかに結婚歴があるというそれ自体は普通のことだ。しかしだとしたら、なぜそれを隠し、独身を装っていたのか。百田は『殉愛』のあとがきで「この物語はすべて事実である」と大見得をきったのではなかったか。そもそも、商売丸出しの大々的なプロモーションを仕掛けておきながら、いまさら「私人の経歴を暴き立てるな」といわれても、何の説得力もない。

 しかも、さくらさんはただ結婚歴があるだけではない。たかじんからのプロポーズを受け、つきあっていた時点でも、まだ結婚をしたままだった可能性がある。

『殉愛』の記述によると、ふたりが最初に会ったのは、2011年12月25日。独身で、イタリアでネイルサロンを経営していたさくらさんは、妹の出産に合わせて日本に帰国しており、梅田のヒルトン大阪で友人のイタリア人女性と食事をし、その後、Facebookで知り合った「家鋪隆仁」という素性不明のおじさんのパーティにしぶしぶ参加。その後、30日にたかじんと2人で鉄板焼き店に行き、その日の夜、たかじんの自宅にてプロポーズを受けている。

 だが、問題のブログをみると、同年12月に妹の出産のためイタリアから日本へ帰国しているのだが、たかじんと会う前日の24日にはイタリア人の夫も合流。「結婚2周年イヴ」を過ごしたことを報告しているのだ。そして、たかじんからプロポーズを受ける前々日の28日には、夫ともにヒルトン大阪と思しきホテルに滞在中であることを写真とともに伝えている。

 その後、明けて12年1月2日に夫がイタリアへ帰国。『殉愛』によると、当初はさくらさんも1月20日にイタリアに戻る予定だったが、16日にたかじんの食道ガンが発覚。さくらさんはイタリア行きのチケットを破り捨て、たかじんと生きていくことを決意する。

 だが、この後、『殉愛』を読んでも、疑惑のブログをチェックしても、イタリア人の夫と離婚したという記述はない。
 
 それだけではない。実は、2ちゃんねるでは、そのイタリア人の夫のTwitterも発掘されているのだが、さくらさんがチケットを破り捨てた1週間後の12年1月22日には、「2 days: longest period without talking with my wife :()」(2日間、こんなに妻と話せてないなんてはじめてだ)とツイート。

 そこから2か月経った3月15日の時点でも、「far from my wife and I am going crazy. Maybe it's time to think how to get out this situation. Move to Japan?」(妻と離ればなれで気が狂いそう。この状況をなんとか考えないと。日本に引っ越しするかな)とつぶやくなど、離婚どころか、日本で起きていることに気がついていない様子なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

二股発覚! たかじん未亡人は人妻だった! 百田尚樹『殉愛』の嘘のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。やしきたかじん殉愛百田尚樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 片山さつきが坂上忍に批判された
17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 安倍首相にマッチョ批判
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄