篠田麻里子が東京拘置所に!凶悪犯罪の受刑者がつくる刑務所別の名物とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
keimusho_01_141009.jpg
函館少年刑務所でつくられる「マル獄シリーズ」は大人気。布製スマホホルダーもある(「CAPIC e-shop」より)


 10月4日、東京都小菅の東京拘置所に篠田麻里子が現れた。収監か? 面会か? 否、同所主催の「第3回東京拘置所矯正展」にスペシャルゲストとして登場したのである。麻里子サマはオープニングセレモニーでテープカットをしたのち、出店ブースを見学。拘置所のレシピを再現した弁当「拘置所レシピのお弁当」、通称“プリズン弁当”に興味を示していたという。

 しかし、「矯正展」といえば、目玉はやはり刑務作業製品の販売だろう。告知ポスターにも麻里子サマの次に面積を割いて紹介されており、「青森刑務所 高級感あふれる『津軽塗印鑑』」「水戸刑務所 自然のぬくもり『ますいりつみき』」「沖縄刑務所 沖縄の伝統染物『紅型のれん』」「函館少年刑務所 大人気のマル獄シリーズ『刑務所の手提袋モダン調』&『刑務所の小袋』」「横浜刑務所 変わらぬ品質、のど越し最高『細うどん』」「横須賀刑務支所 汚れ激落ち部分洗い石けん『ブルースティック』」と、まるでスーパーのチラシのような売り文句が並ぶ。

 刑罰に服す人たちが作った製品とは、一体どんなものなのか──。その知られざる実態が、写真家で編集者の都築響一による『刑務所良品』(アスペクト)で明かされている。

 そもそも刑務作業は「刑法第12条第2項の『懲役は、刑事施設に拘置している所定の作業を行わせる』という一節に基づいている」とし、「死刑囚を除くほとんどすべての受刑者が、全国75の刑事施設で作業の日々を送って」おり、「作業による歳入額が約60億円(平成18年度)」だったこともあるというから、大企業並みの規模であることがうかがえる。

 作業には、「生産作業、職業訓練、自営作業(炊事、選択、清掃、修繕など刑務所の運営に必要な作業)の3つの形態」があり、刑務作業品の製作は生産作業に当たる。そのブランド名は「CAPIC」。「財団法人矯正協会刑務作業協力事業部」の英訳の略である。

 さて、「CAPIC」は一体どんなものを扱っているのだろうか。それは、“粗暴な犯罪者”というイメージを覆す、精巧さ、職人技、高級感、普遍的なデザインなどを併せ持つ、誰もが使ったことのある“日用品”だったのだ。ジャンルは多岐に渡るが、そのほんの一部をあげてみよう。

・大型家具:応接テーブルセット、本棚、革張りソファ、子供用勉強机
・雑貨:ティッシュケース、積み木、ストラップ、ニポポ人形、帆船、ステンドグラスランプ、針箱、ちり めん人形、便箋、石けん、皿
・伝統品:備前焼、江戸切子
・衣類:靴、割烹着、バッグ、真珠のネックレス
・食品:醤油、味噌、乾麺

 ──などなど、あげればきりがないほどなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

刑務所良品―Made in PRISON (アスペクトライトボックス・シリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

篠田麻里子が東京拘置所に!凶悪犯罪の受刑者がつくる刑務所別の名物とは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48刑務所羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自宅療養方針への批判に田村厚労相が唖然反論!「肺炎は入院させる」とゴマカシ
2 伊藤美誠に妨害ライトは韓国でなく『スッキリ』!ネトウヨや夕刊フジがデマ
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
7 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
12 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
13 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
14 川島なお美が近藤誠の診断を告発
15 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
16 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
17 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
18 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
19 芸能人も苦しむフィリピン差別
20 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3自宅療養方針への批判に田村厚労相が唖然反論!「肺炎は入院させる」とゴマカシ
4 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
5「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
6安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17伊藤美誠に妨害ライトは韓国でなく『スッキリ』!ネトウヨや夕刊フジがデマ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄