“AV出演”を報道された日経記者は話題の書『「AV女優」の社会学』著者だった

「文春」に“AV女優歴”を暴かれた元日経記者・鈴木涼美が緊急寄稿!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 本来の爪に限りなく近いジェルネイルでも、コーティングによって無理やり長さを維持しているため、アクシデント的に折れてしまうというリスクがあり、またひとたび1本だけ折れると、むき出しになった自分本来の爪と他のジェルネイルが見た目も機能もアンバランスで、日常生活に支障をきたす。本来であれば私は予定が詰まっている日でも爪が折れてしまったら深夜に営業している歌舞伎町のネイルサロンに駆け込んでつけ替えをするのだが、日曜日の20時頃、週刊誌の記者から突然電話がかかってきて、行きがかり上どうしても、予定の終わった深夜に取材対応をせざるを得ないことになったせいで、ネイル補修をしそびれていたのである。私は常々、友人らから、「昔の週刊誌の見出しみたいな経歴よね」と茶化されていたのだけれど、あまりにベタに週刊誌っぽいためにどこかバーチャルっぽくて、まさか本当に週刊誌の見出しになるとは思ってもいなかったため、その日から軽くパニック状態で走り回ったり引きこもったりしていた。だから、ようやくネイルサロンに行く予定をたてられたのが発売日の木曜日だったのだ。

 取材・実際の記事・事後的な反応のほとんどの部分が、「日経」と「AV女優」と「親が学者」という点に焦点が当てられており、それはTwitterのフォロワーが1000人程度の、著作も初版3000部とかの、地味な文筆家である鈴木涼美のネームバリューを考えれば、或いはその鈴木涼美が明らかに「夜のおねえさん」について書いていることや、すでにいくつかの公の場でAV女優としての経験を語っていることを思い起こせば、或いは、「新聞社」と「AV女優」の混ぜたら危険な感じを思えば、しごく当然である。フェミ寄りの友人たちは、「新聞記者がAV女優」ということが週刊誌の見出しになること自体が悪趣味で職業差別的で前近代的で、チンコメディアのイデオロギーに吐き気がする!そもそも何がいけないの!と、私の変わりに怒ってくれてはいるのだが、「悪い」というのと「面白い」或いは「スキャンダラス」というのは勿論ちょっと違って、ヤンキーキャラの10代タレントが喫煙している現場写真よりは、20歳を過ぎていてもロリっぽかったり清純派だったりする女優が喫煙している現場写真の方が私たちは見たいのであって、週刊誌はその“見たい”に愚直に応えるメディアである。そもそも、AV女優にまつわる負のイメージ、とまではいかなくても、ある程度の蔑視や先入観が完全に消滅してしまえば、AV女優の一般的な意味での価値、つまりは金銭的な報酬などは暴落するのであって、だから私は所謂エロ分野を過剰にクリーンにしようとする議論にはいまいち乗り切れないのである。私が21歳の時に受け取った単体作品のギャラ80万円(正確には源泉徴収分を除いた72万円だが)の中には、31歳になった10年後に週刊誌に茶化されてお母さんに怒られるリスクもしっかり入っていたはずである。

 無論、「混ぜるな危険」的なものをあまり混ぜないリスクヘッジというのはあってしかるべきで、例えば少なくとも企業の持つブランドイメージがあまりにAV女優の艶っぽい響きと角逐する場合は就職を避ける、という選択肢はある。多くの元AV女優はそういった良識を持ち合わせているのであるが、ピンク色のものも欲しい、白黒のストライプ柄も欲しい、と欲張る者はそれだけ負わねばいけないリスクが増える。週刊誌的なださい見出しで、10年前の垢抜けない写真を晒され、白い目で見られるなんていうのはできれば避けたい赤っ恥であり、無駄に親族を傷つける事故ではあるが、自分の選択が招いたあまりに予想可能なリスクと言えなくもない。「日経記者がAV女優」という見出しについては、問題はそのようなものである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「文春」に“AV女優歴”を暴かれた元日経記者・鈴木涼美が緊急寄稿!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部週刊文春鈴木涼美の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
2 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
3 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
4 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
5 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
7 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
10 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
11 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
12 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
16 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
18 つんく♂が秋元のメンバー差別に
19 柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
20 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
5安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
6早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
7産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
8 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
9日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
10沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
11 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
12外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
14三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
15三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
16直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
17“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
18松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
19自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
20百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄