仲間由紀恵の相手も! 大手芸能プロが仕掛けるタレントの結婚“妨害”工作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 中山については、辻だけでなく、作曲家の井上ヨシマサ、スタイリストの野口強、現在の交際相手である音楽家・渋谷慶一郎なども、ネガティブキャンペーンをはられている。とくに野口については露骨で、交際が発覚した年の11月に、女性週刊誌3誌と「FRIDAY」が一斉に野口のソープ遊びを揶揄する記事を掲載した。

「見出しには、“ソープ通い”“ソープ大好き”といった文字が躍り、『女性セブン』(小学館)などは、野口が吉原の高級ソープに入店する写真を掲載したり、担当したソープ嬢の話まで取材するほどの力の入れようでした。芸能人でもない人物にここまで執着するのは、何らかの強い意向が働いたとかしか考えられません」(同)

小泉今日子や藤原紀香、内田有紀らのケースもそうだった。交際が発覚すると、すぐに相手の女癖や収入格差などが記事にされる。また、こうしたネガティブキャンペーンはタレントの結婚後にも行われている。夫婦間に少しでも亀裂が入る兆しがあると、浮気やDVなど、相手の悪口が一斉に書き立てられるのだ。小泉と結婚していた永瀬正敏、藤原と陣内智則、内田と吉岡秀隆……。

「バーニングにとって、自社所属の女性タレントと結婚や恋愛をした男性は基本的に商売の妨害をした敵という考え方なんです。だから、結婚後も何かあると、すぐに離婚を促す方向にもっていく傾向がある。メディアがこういう記事を書き始めるのは、そのような空気を察知するからでしょう。もちろん、離婚となったときに自社タレントに有利な条件を引き出すという意味合いもありますしね」(芸能ジャーナリスト)

 最近では、このやり方を他の大手プロも真似しだしたようだ。2013年、矢口真里と中村昌也の離婚報道では、矢口の“自宅お持ち帰り不倫”が詳細に報じられている。

「もともと、『女性セブン』が夫婦の収入格差などが原因で別居したと一報を打ったのですが、その翌週の『週刊女性』(主婦と生活社)には、矢口の不倫情報が出ました。しかも相手の男性が特定されているうえに、密室での3人のやり取りまで書かれている。これは中村の所属事務所であるワタナベエンターテインメントが離婚条件を有利に進めるためにリークしたと言われています」(週刊誌記者)

 一気に形成不利となった矢口は無期限の芸能活動休止に追い込まれ、現在まで芸能界に復帰できていないのはご存じのとおりだ。

 それにしても、こういった状況から見えてくるのは、大手プロダクションの論理に翻弄される芸能マスコミの情けない実態だ。彼らは取材して記事を作るという取材者の大原則を逸脱して、大手事務所におもねって、その先兵のような役割を果たしているのだ。これでは“芸能マスゴミ”と呼ばれるようになるのも致し方ないのかも知れない。
(田部祥太)

最終更新:2015.01.19 05:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX -1

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

仲間由紀恵の相手も! 大手芸能プロが仕掛けるタレントの結婚“妨害”工作のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。仲間由紀恵圧力田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニー社長の容体巡るジャニーズ事務所の情報統制の裏
2 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
3 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
4 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
8 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
9 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
10 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
11 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
12 ジャニーさん“緊急入院”でマスコミは病院に詰めかけたが…
13 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
14 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
15 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
19 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
20 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄