小倉さんに朗報! 世界では「ハゲがクール」という流れがきてるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ところで福本氏は、何故こんなにもハゲに執着するのだろうか。本書によると、元通商担当の欧州委員で現在は世界貿易機関(WTO)の事務局長を務めるパスカル・ラミー氏と出会ったことがきっかけだったという。ラミー氏は福本氏が「ハゲている男の人って素敵だったんだ」と思った最初の人で、ダボス会議で見かけた時のことを、「手には、テイクアウトのコーヒー。そしてハンチング帽がキマっていた。髪の毛がないから余計に決まっていた」と興奮気味に振り返っている。

 さらに、本著では和歌山県在住の弁護士・藤井幹雄氏と、日本銀行元理事・堀井昭成氏の“イケてるハゲ”2人にインタビューを敢行。メガネ、ネクタイ、ストール、帽子など福本氏が考えるハゲに似合うファッション指南まで語られている。

 ここまでくると、「ただ単に福本氏が “ハゲフェチ”なだけなのでは?」と疑いたくなってしまうが、そこはさすがに毎日新聞論説委員。ハゲをしっかり社会問題に接続するあたりが、ジャーナリストたる所以だ。本書にはこう綴られている。

「失われていく髪の毛を数えないで、自分が持っているもの、自分にしかないものに目を向けたら、外見上も内面的にも、もっと魅力的になれるはず、と強く信じている。(中略)むしろ乏しさを強みに変える――。そう、日本の企業や経済全般にも言えないだろうか」

 つまり、「ハゲを強みに変える=丸坊主のお洒落ハゲになる」という発想は、日本の企業や経済にも適応できるということである。さらに、「高齢化や人口減少も同じ」だと福本氏は主張している。

「今までの発想で、年金や医療にかかる費用と財源のことを考えたら、確かに暗くなりそう。でも、高齢化は全く新しい技術や市場を生む起爆剤や刺激にだってなる。せっかく日本が高齢化で世界の最先端を走っているのだから、それを強みに使わない手はない。この市場で成功すれば、これから高齢化社会の仲間入りをしてくる世界中の国々に、先端モデルをどんどん売り込んでいけるのである」

 ハゲを考えることが社会問題を考えることに繋がるとは、ハゲの奥深さにつくづく感心させられるばかりだ。

 ところで私がハゲの成功者として第一に思い付くのがソフトバンクの孫正義社長だが、孫社長は髪の後退を指摘する、あるTwitterユーザーのコメントに、「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」と返したことがある。

 今、日本に必要なのはハゲを後退ではなく前進と捉え直すクールな発想の転換なのかもしれない。小倉さんもカツラを脱いで、スキンヘッドにしてみたらどうでしょう。
(宮崎智之)

最終更新:2018.10.18 03:42

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか (講談社+α新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小倉さんに朗報! 世界では「ハゲがクール」という流れがきてるらしいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハゲ中年宮崎智之の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
6 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
19 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
20 佐川不起訴の裏に法務省の官邸代理人
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
16田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
18加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
19 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
20検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄