実刑判決「黒子のバスケ」事件の被告が告白していた意外な過去とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsukuru_01_140821.jpg
「創」8月号(創出版)

 世間に大きな謎と不安を巻き起こした『黒子のバスケ』連続脅迫事件。本日、東京地裁で行われた判決では、威力業務妨害罪に問われた渡邊博史被告に、求刑通り懲役4年6カ月が言い渡された。前田巌裁判長が「同種の事件でも他に類例を見ないほど重大と言わざるを得ない」と述べたように、威力業務妨害罪としては重い判決が下った。

『黒子のバスケ』連続脅迫事件とは、2012年に人気マンガ『黒子のバスケ』(集英社)の作者である藤巻忠俊氏の母校である上智大学で不審物が発見されたことを皮切りに、イベント会場やメディアなどに次々と脅迫状が送付され、果てはコンビニにも“農薬をつけた菓子を置いた”という脅迫状と農薬入り菓子が届く事態に。「第2のグリコ森永事件に発展か」ともいわれた。

 当初は脅迫状の内容から作者への怨恨による犯行かと見られていた、この事件。しかし、初公判の意見陳述で自分のことを「無敵の人」と表現し、「これからの日本社会は『無敵の人』が増えこそすれ、減りはしない」「日本社会はこの『無敵の人』とどう向き合うべきかを真剣に考えるべきです」と主張。この「無敵の人」とは、渡邊被告の説明によれば「自分のように人間関係も社会的地位もなく、失うものが何もないから罪を犯すことに心理的抵抗のない人間」を指すネットスラングだというが、このキャッチーなキーワードの登場にマスコミは一気に飛びつき、“格差問題が生んだ犯罪”として位置づけるようになっていった。

 だが、「創」(創出版)8月号に独占掲載された獄中手記で、渡邊被告は〈自分は「無敵の人」という言葉を使ったことを後悔しています〉と、その心中を吐露していた。マスコミが話題になった事件を便利なキーワードで一括りにし、〈読者に何となく背景を分かったような気にさせる記事を一丁あがり的に量産しようとする意図が透けて見え〉たことへの批判だった。その一例が、「AERA」(朝日新聞出版)5月19日号に掲載された「無敵の人と無差別犯罪」という記事。これに対して渡邊被告は、〈自分の事件と名古屋駅前暴走事件と柏通り魔殺傷事件を安直に「無敵の人」という言葉で一括りにしただけのものでした〉と述べている。

 最終意見陳述を読んでから論評してほしい──手記でこう綴っていた渡邊被告だが、実際、7月18日に行われた公判での最終意見陳述では、初公判で自らが口にした “人生格差犯罪”“人生オワタ型犯罪”を撤回。そして、ある本を読んで〈自分が事件を起こしてしまった本当の動機も把握できました〉と発言したのだ。

 その本とは、精神科医の香山リカが差し入れたという〈「被虐うつ」という特殊な症例のうつ病の治療に取り組む精神科医の著書〉。香山によると、それは今年4月に発売された『消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』(高橋和巳/筑摩書房)であるらしい。渡邊被告は〈いじめられて自殺を考えた時に凍結した「渡邊博史」としての自分の人生が再スタートしたという感じです〉と述べるほど、この本に感じ入ったようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

実刑判決「黒子のバスケ」事件の被告が告白していた意外な過去とは のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。水井多賀子虐待黒子のバスケの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 即位パレード延期は天皇の意向、官邸は強行するつもりだった
2 安倍首相「桜を見る会」私物化に会計検査院元職員も「招待範囲を逸脱」
3 安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣の詐術と本当のシナリオ!
4 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 あいトリの補助金取り消した文化庁・宮田長官がAPA代表とヨイショ対談!
7 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
8 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
9 山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
10 菅原経産相のカニ・メロンばらまき疑惑に新証拠もテレビはスルー
11 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
12 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
15 山本太郎を評価せよ!
16 東京五輪がIOCにマラソン札幌開催を提案されるお粗末
17 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
18 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄