元“渋谷系”シングルファーザーの「お弁当本」が泣ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 といっても、仕事をしながら毎朝お弁当をつくるというのは、想像以上にたいへんなこと。さらに、食べたいおかずのリクエストを尋ねるだけでなく、少しでも新鮮なものを食べさせたいという思いから「自然食品店をまめにチェック」するなど、俊美はどんどんと“弁当に支配されるような日々”になっていった。親心というものかもしれないが、これでは身体がもたない。そこで俊美は「調理の時間は40分以内」「一食にかける値段は300円以内」「おかずは材料から作る」という3つのルールを導入することにした。さらっと書いているが、この3つも相当に高いハードルだろう。

 本書は、そうして俊美の手によってつくられたお弁当の写真をコメントともに紹介。たとえば、いちばん最初につくった4月のお弁当の中身は、マルシンハンバーグに紅鮭の粕漬け焼き、卵焼き、ブロッコリー、トマトと、言葉は悪いがよくあるお弁当、といった感じだ。しかし、それも5月に入ると、卵焼きに大根葉ふりかけが入っていたり、えびとズッキーニのナンプラー炒めといったオシャレな一品が登場するなど、ぐっとこなれた印象に。時を経るごとに弁当箱も増え、おかずの色合いもどんどんと美しくなっていく。なかでも目を見張るのが、卵焼きのバリエーション。「親子そろって卵焼き好き」というだけあり、ちりめんと糸三つ葉入り、しょうが昆布入り、たこと青じそ入り、じゃこ天スティック入り、ハムとゴーヤ入りなどなど、飽きない工夫がほどこされている。

 恋のためにダイエットしたいと息子が言えば、少ない量でも満腹感が出るアイデアを考えたり、寒い冬は体調を崩さないようにしょうがをメニューに取り入れたり。また、週末は地方ライブで家を空けざるを得なくても、必ず月曜の朝には戻ってご当地の食材を使ったり、12月にはクリスマスツリーをかたどったキャラ弁ふうの力作をつくったものの、「あ、今日はクリスマスツリーね。ごちそうさま」と味気ないメールが届いて意気消沈したり……。こうした毎日の記録を読んでいると、お弁当がふたりのコミュニケーションツールになっていること、そして何気ない一日一日の積み重ねが繋がりを深めていくのだということが、痛いほどに伝わってくる。

 本書の最後には、今年の春に高校を卒業した息子からの手紙が掲載されている。そこに書かれているのは、感謝の気持ちと、こんな言葉だ。

「もし僕に子供ができた時には、おいしくて優しい弁当の作り方をぜひ教えてください。僕も愛情たっぷりのおいしい弁当を次の世代につなげていきたいと思います」

「お父さんも、お父さんの弁当も本当に大好きです」──“男と男の約束”の先に待っていた、最高のメッセージ。シングルファザーの男性はもちろんだが、お弁当づくりをパートナーに任せきりの男性も、ぜひこの本を読んでみてほしい。弁当づくりとは、この上なくクリエイティブで、とびきりのラブレターなのだということが、きっとわかるはずだ。

 ちなみに、俊美は昨年、再婚をしたという。息子は「快く受け入れ、とても優しく迎えてくれた」とのことだ。
(田岡 尼)

最終更新:2014.08.21 08:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

元“渋谷系”シングルファーザーの「お弁当本」が泣ける!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども家族田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
11 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
12 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
17 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
18 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
19 中谷美紀が日本の男尊女卑、安倍政権の女性政策に苦言
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄