京大院生がキャバ嬢体験を論文に! キャバ嬢の“病み”の原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyabajou_01_140801.jpg
『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)

 数年前、女子高生のなりたい職業ナンバーワンに「キャバクラ嬢」が躍り出て世の中を騒然とさせたことがあった。ドレスで着飾り、頭を“盛る”スタイルがギャル文化とマッチしたことが大きかったと思うが、現在においても大学生やフリーターにとってキャバ嬢人気は決して低くない。それはやはり、華やかな気分に包まれつつ手軽にアルバイト感覚で高収入を得られると思われているからだろう。

 しかし、“アルバイト感覚のキャバ嬢なんてちょろい”と本気で考えているとしたら、大間違いだ。少し前、同志社大学から京都大学大学院に進学した超高学歴女子大生が自らの体験をもとに、キャバクラ論を出版したのだが、これを読むと今まであまり語られなかったキャバ嬢という仕事の難しさが伝わってくる。

 問題の本は『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)。著者の北条かやは当時、22歳の「垢抜けないガリ勉」女子大生だった。援交やセックスに興味はあるけれど、潔癖で「若い女」のメリットを享受する周囲の女性に懲罰意識を持ち、そしてキャバ嬢を差別していた。そんな北条が大学院に進学が決り、突如キャバ嬢になることを決心する。「性の商品化」に興味を持ち、修士論文のテーマにしようと思ったからだ。

 だが、こうしてキャバ嬢になった北条を待っていたのは、予想以上にスリリングな日々だった。キャバクラには客からの“指名”数という絶対的な価値基準があり、それがキャバ嬢のヒエラルキーを形成する。しかも、情報が公開されることで、キャバ嬢たちは競争を煽られる続けるのだという。

「指名本数やドリンク杯数といった『成績ランキング』は毎日、在籍している全キャストの携帯に送信される」(本書より)

「指名」はキャバ嬢にとって女として認められること。それが女の闘争心に火をつける。しかもその競争は“ギャラ”という形で目に見えて自分に跳ね返ってくる。そのため「指名」競争がゲーム感覚になり、次第に“指名取りゲーム“に夢中になっていくシステムなのだ。

 当初は 女が商品となることを嫌悪し、とまどっていた北条だが、しかし次
第にこのゲームにのめりこんでいく。「『女らしさ』や『若さ』がカネになる」「キャバクラで自分が『商品』になってみなければ分からないことがある。それは『カオとカネの交換システムの寂しさ、くだらなさ、そして、魅力』だ」と。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

京大院生がキャバ嬢体験を論文に! キャバ嬢の“病み”の原因とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャバ嬢水商売の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄