百田尚樹の“ヨイショ感想文”キャンペーン中止に百田ファンが「左翼の妨害」「あいトリと同じ」 単に企画がバカすぎただけなのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
百田尚樹のヨイショ感想文キャンペーン中止に百田ファンが「左翼の妨害」「あいトレと同じ」 単に企画がバカすぎただけなのにの画像1
百田氏のキャンペーン画像


 百田尚樹をめぐってまたトホホな騒動が起きた。百田センセイは7月、この作品を最後に作家を引退すると宣言して小説『夏の騎士』を出版したが、版元である新潮社が恥も外聞もないプロモーションを展開。批判が殺到しわずか2日足らずで、中止になってしまったのだ。

 すでにご存知の方も多いと思うが、いちおう経緯を振り返ろう。始まりは10月4日夕方、新潮社のPR用ツイッターアカウントがこんな投稿をしたことだった。

〈百田尚樹の最新小説『夏の騎士』を
ほめちぎる読書感想文を募集!
このアカウントをフォローの上
#夏の騎士ヨイショ感想文 をつけて
感想をツイートして下さい。
※ネタバレは禁止
百田先生を気持ちよくさせた
20名の方に、ネットで使える
1万円分の図書カードを贈呈!
期間:10月25日23:59まで〉

 同時に、金色に塗られたドヤ顔の百田氏が上半身裸で図書カードと『夏の騎士』を持つキャンペーン画像もアップ。そこにも、「読書がすんだらヨイショせよ」「ヨイショ感想文求む」「百田尚樹の最新小説『夏の騎士』をほめちぎる読書感想文をツイートすると、図書カードが当たるビッグチャンス!」といった文言が並んでいた。

 ようするに、百田尚樹の小説をほめた人に賞品をあげるという、ツイッターを利用したプロモーション企画だ。

 ツイッターでその商品や映画の感想などをツイートして何らかの特典を贈るというキャンペーンは、さほどめずらしいわけではないが、しかし、このキャンペーンの特異な点は、「ヨイショ」「ほめちぎる」「作者を気持ちよくさせる」と限定して感想を募集したところだ。やらせレビューやステマがこれだけ問題化して久しいなか、この露骨さは、前代未聞ではないか。

 しかも、新潮社は先の金色の告知に続けて、“ヨイショ感想”の見本までツイートしていた。

〈例 1/4:王道は純粋なヨイショ
「国語の教科書にのせるべきだ」
読了後、最初に心に浮かんだ気持ちだ。
この作品は人生に必要なすべてを
おしみなく読者に与えてくれる。
知らぬ間に涙が頬をつたっていた。
「そうか。この本と出会うために、
僕は生まれてきたんだ。」〉

 いったいどこが王道なのか。「国語の教科書にのせるべき」なんて、まるでネトウヨの感想文だろう。まあ、そういう意味では、百田センセイを気持ちよくさせる感想文としてはもっともとも言えるが……。

 いずれにしても、このあまりに露骨なPRに、疑問の声が殺到。瞬く間に、新潮社のアカウントは炎上状態になった。しかも、作家や文化人からも次々と疑問の声が寄せられた。

 タレントのラサール石井がツイッターで、〈なんだこれ。これおおっぴらにやることなのか。マジな宣伝を洒落っぽくやったつもりか。マジな気持ちが透けて見えて、洒落っぽさから何万光年も遠いわ。新潮社様。「波」も定期購読しております。どうしちゃったんですか。お気を確かに。〉と突っ込んだのをはじめ、新潮社と仕事をする作家たちからも多くの疑問の声があがった。

 翻訳家の鴻巣友季子氏は〈新潮社は。新潮社はどうしてしまったんだ。〉、ミステリー作家の綾辻行人氏も〈ん? うーん、大丈夫か? 正気か? 新潮社。>ヨイショ感想文募集〉と、新潮社の正気を疑い、また小説家の万城目学氏は〈ちょうど昨日、新潮社の方と連絡を取り、次の文庫化作品について万事お願いしますと伝え、電話を切ったわけでありますが、筆者・作品・さらに自分の会社とトリプルで評判を毀損することを厭わない宣伝部に、万事お願いしなければならない現実を前に、躊躇する。そら、躊躇する。〉と今後の新潮社との仕事に対して不安を吐露した。

わずか2日足らずで百田尚樹“ヨイショ感想文”キャンペーンは中止に

 そして映画評論家の町山智浩氏は、〈一万円をエサにぶら下げて誰がいちばんのケツナメラーかを競うイベントが本の宣伝になると思っている新潮社で、なんとか一生懸命、本当にいい本を作ろうと頑張っている一部の編集者さんたちにエールを送ります。〉〈お金を払ってアマゾンに賞賛レビューを投稿させることが問題になっている時に、出版社が自らヨイショ・レビューを金で募集するとは……。「批判してもいいから素晴らしい書評に100万円」くらいのことができないのか。〉と、今回の宣伝手法に疑問を呈した。

 さらに、ハッシュタグ「#夏の騎士ヨイショ感想文」にいたっては、大喜利状態に。 

〈読んだら身長が3センチ伸びました。〉
〈読んでませんが、内容が永遠の0でした。〉
〈── ウィキペディアから剽窃していない、その独創性とアイデンティティに涙が止まらない ──〉
〈よく炎上するのでBBQの焚き付けとして最高でした。〉
〈新潮社が社会的に没落していくシーン、戦前みたいで怖かったです。読んでないけど〉

 百田センセイにとっては、新作のプロモーションどころか、大恥を晒す形になったわけだが、すると、昨日5日午後9時ごろ、その新潮社のPRアカウントが、こんなコメントを発表した。

〈「夏の騎士ヨイショ感想文キャンペーン」について
お騒がせをし、申し訳ございません。
多くのご意見を受け、中止とさせていただきます。
尚、既にご参加済みの方に対しては、追ってアナウンスさせていただきます。
今回皆様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後の宣伝活動に活かして参ります。〉

 そう、前述したように、新潮社は開始わずか2日足らずで早々に中止を発表してしまったのだ。

 新潮社の担当者は朝日新聞の取材に対し「このキャンペーンは『夏の騎士』の魅力をより多くの方に、知っていただくために新潮社が企画、立案したものです。読者の方に楽しんで参加していただくための宣伝手法ですが、それを当方の意図とは違った形で、受け止め、不快に感じられた方がいらっしゃったとしたら遺憾です」とコメントしていたが、しかしこの中止の判断もちょっと不可解だろう。

 たしかに、非難やツッコミは殺到していたが、差別発言で炎上したわけでもなく、土曜日に慌てて中止するほどの話でもないからだ。

新潮社キャンペーン中止に盟友・有本香が激怒するも、百田尚樹は…

 実はキャンペーン中止が発表された際、百田の『日本国紀』(幻冬舎)の編集も手がけた盟友・有本香氏がツイッターで新潮社に対してこう激怒していた。

〈一体誰に謝っているんですか? このキャンペーン企画は100パーセント御社のプランで、著者の百田さんは「版元におまかせ」で被写体になっただけでしょ。それで傷ついた著者のイメージについての責任はどう考えているんですか? 百田さんなら少々のダメージあってもいいと思っているんですか?〉

 もしかしたら、この恥ずかしいプロモーションは新潮社が勝手にやったもので、百田氏が後になってそのことを知り、激怒したため、中止になったのか。一瞬、そう思ったのだが、どうもそうでもないらしい。有本氏は続いて、こんなツイートをしていた。

〈新潮社のプロモーション企画も事後対応も最低だ。いま著者の百田さんに確認したら「炎上したらしいが、彼らも悪気でやったことやないので僕は怒らん」と寛容そのもの。では、友人の私が勝手に怒らせてもらう。まず著者を変ないじり方して、あの作品のイメージを台無しにした自覚はあるんですかね。〉

 そう、百田氏はまったく怒っていないらしいのだ。実際、百田氏自身も有本氏の立腹ツイートを受けて、むしろ、新潮社をかばうようなツイートをしていた。

〈まあまあ…新潮社も悪意があったわけじゃない。善意の企画が空回りしただけ。それに、全部をお任せにしていた私のせいでもある。私は炎上慣れしてるし、少々のダメージくらいはどうということもないです〉。

 もっとも、百田センセイが怒っていないのは、センセイの懐が深いから、ということではないだろう。実は、新潮社の担当者は前述した朝日新聞の取材に対し、キャンペーンは「あくまで新潮社の責任で実施しました」としているが、企画については事前に百田氏にも伝えたと説明しているのだ。

 また、新潮社は9月30日にも、同じPR用アカウントで、少女マンガ風に描かれた百田氏が少女に背中から抱きつかれながら「オレに触ると炎上するで」とセリフを吐いている広告や、タピオカミルクティのタピオカの粒ひとつひとつ百田氏の顔が施された画像に「タピオカくらい流行っていい傑作」というキャッチがつけられた広告など、露悪路線の広告をアップしていたが、そこにはこんなツイートがつけられていた。

〈百田尚樹さんを主役にした『夏の騎士』の広告を制作しました!チャレンジングな表現であるにも関わらず快く引き受けてくださった百田先生、本当にどうもありがとうございました!!!〉

 ようするに、ヨイショ読者感想文募集も百田氏がお墨付きを与えていたため、今さら怒るに怒れなかっただけではないか。

キャンペーン中止に百田ファンが「左翼の妨害」「言論弾圧」と

 しかも、被害者ヅラが得意な百田センセイは今日になって、こんなツイートをリツイートしていた。

〈政治評論家としての百田尚樹氏を嫌うのは勝手だけど、全く関係ない作家としての活動まで妨害したがる左翼がこんなに居るんだなぁと。宮崎駿も政治的な発言には批判が多いですが、ジブリ映画の製作が妨害されたなんて話は聞かないでしょ。やはりその辺のモラルが左翼には根付いてないんだなぁと。〉

 え? まさか百田センセイ、今回のキャンペーン中止を「左翼による妨害」と思ってるの?

 たしかに今回の企画に批判の声をあげた人は日頃百田氏の言動に批判的な人も多かったが、このキャンペーンに関して百田批判していた人なんてほとんどいない。百田氏がよく罵倒している作家の盛田隆二氏だって、〈これは小説家をバカにした企画だな。読書家をバカにした企画でもある。小説を蔑む、侮る、貶める企画と言い換えてもいい。担当編集者からこんな企画を持ちかけられたらもちろん断る。〉とツイートしていたように、多くはむしろ作家=百田尚樹をバカにしているとして、新潮社を批判していた。「作家としての活動まで妨害」どころか、むしろ新潮社よりよほど百田尚樹を作家として尊重していると言ってもいいくらいだ。

 コラムニストの小田嶋隆氏は、キャンペーン中止をめぐる百田ファンやネトウヨの反応について、こんなツッコミをしていた。

〈例の新潮社のヨイショキャンペーンは「良識派がクレームで中止に追い込んだ」話じゃなくて、単にバカ企画が自滅した事案だぞ。「あいトレと同じじゃないか」「企画側に被害者ポジションを与えた」みたいな分析も恣意的すぎる。誰が「脅迫」したわけでもないし、要するに笑われて心折れただけじゃん。〉

 どこかで聞いたようなエピソードをかき集めてやたら説明的なセリフで展開していくだけの安易な小説を書く百田センセイと、「ネトウヨ本や嫌韓本で日銭を稼いでくれる作家」という程度のリスペクトしかないまま、小説の中身なんてどうでもいいと言わんばかりの安直なプロモーションに走る新潮社、志の低さという意味において、お似合いのコンビというべきかもしれない。

最終更新:2019.10.06 11:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

百田尚樹の“ヨイショ感想文”キャンペーン中止に百田ファンが「左翼の妨害」「あいトリと同じ」 単に企画がバカすぎただけなのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。夏の騎士新潮社有本香百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
2 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
3 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
4 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
5 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
6 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
10 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
11 千原、宇治原がネトウヨばりの政権擁護
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
15 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
16 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16 五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄