W杯決勝乱入のプッシー・ライオットのプーチン批判に世界から支持の声! でも安倍に飼いならされた日本では…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
W杯決勝乱入のプッシー・ライオットのプーチン批判に世界から擁護の声! でも安倍に飼いならされた日本では…の画像1
プッシー・ライオット公式HPより

 7月15日に行われた2018FIFAワールドカップロシア大会の決勝戦(フランス対クロアチア)。結果は、4対2でフランスが1998年大会以来20年ぶりの優勝に輝き、クロアチアは悲願の初優勝を遂げることはできなかった。

 そんな決勝戦で話題となったのが、後半6分に警察官の衣装を着た人物がピッチに乱入してきた騒動だ。これは「お騒がせな騒動」として一笑に付していいものではない。ただのイタズラ目的で行われたものではないからだ。

 騒動の直後、ロシアのパンクバンドであるプッシー・ライオットのメンバーがSNSを通じて声明を発表。この行動の意味を説明したうえで、政治犯の解放、国内における自由な政治競争の容認、不当逮捕の停止などを要求した。

 プッシー・ライオットのメンバーは、2012年にモスクワの救世主キリスト大聖堂でゲリラ演奏を敢行し、プーチン批判が歌われた楽曲を歌唱。暴徒行為の疑いで逮捕されている。プッシー・ライオットはこれまでもこういった行動を起こし、各国メディアの注目を浴び続けてきた。その背景にあるのは、ウラジーミル・プーチン政権下で行われている強権的な政治と批判者への弾圧だ。

 ロシア国内では、プーチン批判者が殺害されるなどの事件が頻発しており、国際的な問題となっている。

 それ以外にも、同性愛宣言禁止法やシリア介入など、ロシアの人権問題は国際的な非難の的となっている。2014年のソチ冬季オリンピックでは、ロシアへの抗議の意を込めてアメリカ、イギリス、フランス、ドイツなど欧米諸国の首脳が軒並み開会式への参加を見送った。なお、日本の安倍首相はそういった状況下でも開会式に出席し、プーチンに媚を売った。

 今回のワールドカップでは、西側諸国からロシアへの抗議の動きは鈍かったが、それでも背景に問題を理解している西側諸国では今回の乱入を報じる際、プッシー・ライオットの主張をきちんと紹介し理解を示すスタンスの報道がなされている。しかし、日本ではまったく逆の状況が起きている。

 SNS を中心に「W杯決勝をぶちこわした」「サッカーに政治をもち込むな」というプッシー・ライオットへの批判があふれかえったのだ。

 いや、SNS だけではない。ニュースサイト版の毎日新聞は「ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入」と題された記事を配信。記事内でプッシー・ライオットの名前や、乱入を通して伝えようとした主張に関する解説は一切なく、〈フランス、クロアチアともに激しい攻防を繰り広げていた最中で、熱戦に水を差す愚行だった〉と書かれていた。この記事は多くの読者から批判を受け、毎日新聞は記事と、該当記事を告知するツイートなどを削除している。

 たしかに、プッシー・ライオットの乱入がW杯の決勝に水を差したことは間違いない。

毎日新聞までがプッシー・ライオットを「愚行」と糾弾

 しかし、〈愚行〉など片付ける前に、その主張にもきちんと耳を傾けるのが、民主主義国の当たり前の態度だろう。なぜなら、プッシー・ライオットの訴えていたことは、サッカーの試合よりもはるかに大事なことだからだ。そして、メディアまで事実上「報道の自由」を奪われているいまのロシアの状況を考えれば、国際社会に訴えかけるために、W杯という機会を使わざるをえないというのも十分理解できるからだ。

 だいたい「サッカーに政治をもち込むな」などと言うが、連中は人権や表現の自由がきちんと守られているから、音楽やスポーツを楽しめるということがわかっているのか。また、「サッカーに政治をもち込むな」と言うのなら、それはプッシー・ライオット側ではなく、むしろ権力者の側にこそ向けられるべき言葉だろう。今回のワールドカップロシア大会はプーチン大統領の威光をPRするための大会として確実に利用されたのだ。そして、人権を侵害するこうした圧政の国にW杯を開催させたFIFAにもその責任はおおいにある。

 実際、西側諸国では、メディアはこうした視点をきちんともって、プッシー・ライオットの主張を紹介、ロシアの圧政を批判し今回の拘束についても「不当逮捕」とする抗議の声があがっていた。

 16日、モスクワの裁判所は4人の乱入者に15日間の収監と、今後3年間スポーツ観戦のために会場に行くことを禁止すると言い渡した。試合に乱入したくらいで15日間の収監というのはとんでもないが、それでも、現在のロシアでこの処分で済んだのは、世界中からこうした指摘がなされたおかげだろう。

 ところが、日本ではいまもあいかわらず、プッシー・ライオットを批判する意見が大勢を占めているどころか、プッシー・ライオットを擁護する意見をかたっぱしから攻撃する動きまででてきている。

 しかし、考えてみれば、それも無理はないのかもしれない。日本はいま、安倍政権の強権支配によってロシアとそっくりな状況になってきているからだ。表面的には民主主義国家の体をとりながら、実際は報道の自由や人権を抑圧する動きが急速に進み、国民はその支配に飼いならされ、圧政にどんどん疑問を感じなくなっている。スポーツイベントの政治利用でナショナリズムを喚起され、不正や腐敗にフタをされてしまっているところもよく似ている。

 今回のW杯乱入をめぐる日本と海外の反応の差は、日本がこの先、ロシア化していくことのあらわれなのかもしれない。

最終更新:2018.07.21 01:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

W杯決勝乱入のプッシー・ライオットのプーチン批判に世界から支持の声! でも安倍に飼いならされた日本では…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プッシー・ライオットプーチンロシアワールドカップ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 田崎とケントに自民党からカネが!
5 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 吉本興業の改革委員会に、自民党御用学者、裏金隠蔽の元検察・警察
13 日韓対立で『ワシントンポスト』が日本の歴史修正主義が原因と指摘!
14 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
15 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
16 N国・立花孝志のマツコ攻撃は言論弾圧!メディアは放置するな
17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
18 安倍政権が天皇代替わりにかこつけ佐川元国税庁長官を恩赦に
19 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
20 パワハラ禁止の法整備が不十分な日本で労働者をどう守るか?
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄