渡辺謙に芸能界のドンが恐怖の警告!不倫報道の裏にはやはりバーニング系所属事務所との確執が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ken_watanabe_top.jpg
渡辺謙『誰? WHO AM I?』(ブックマン社)

 やはり本サイトの指摘どおりだった。スポーツ紙やワイドショーがこぞって取り上げた「週刊文春」(文藝春秋)の渡辺謙の不倫報道。その背景には渡辺と所属事務所ケイダッシュの“不協和音”があることをお伝えしたが、それを裏付ける興味深い記事が本日掲載された。それが「女性自身」(光文社)4月18日号が報じた「南果歩ショック! 渡辺謙『献身夫の名演技』」という記事だ。

 記事では渡辺と南果歩夫妻の不倫が紹介されるが、しかしその夫婦関係は冷え切っているわけではなく、むしろ逆であり、2人の夫婦愛が本物だとその絆が強調されている。

「いまも2人は夫婦いっしょに行動することも多く、実際、仲の良さは端から見ていても伝わってきます」(「女性自身」より、2人を知る関係者)
「ニューヨークのアパートでは、もともと料理が得意な渡辺が、病み上がりの妻のために和食を作り、南が体調を崩さないよう気づかっていたという」(「女性自身」より)

 だが問題は、この記事にケイダッシュの川村龍夫会長がコメントを出していることだ。

「離婚の可能性はゼロですよ。彼は事態をきちんと収集できるはずです」

 そもそも“芸能界のドン”バーニング周防郁雄社長とは高校の同級生であり、その後も関係が深く、“マスコミタブー“的存在として知られる川村会長が、所属タレントのスキャンダルについてマスコミの取材を受けることじたい異例だ。しかし、それ以上に驚くのは、事務所会長として渡辺を擁護するかと思いきや、川村会長がこう続けたことだ。

「彼は前の離婚の渦中にうちに移籍してきて、私は彼の苦悩や憔悴ぶりをつぶさにみています。あんな苦労を再び背負うわけがない。助言? まず果歩さんに謝ることでしょうね。すべてはそれからです」

 つまり川村会長は事実上、渡辺の不倫を認め、さらに渡辺が触れたくないであろう“過去のスキャンダル”にもあえて言及したのだ。

 確かに、本サイトでも報じているように、渡辺がケイダッシュに移籍したのは前妻との離婚にもいたったスキャンダル対策だった。

 デビュー以来、演劇集団「円」に所属していた渡辺だったが、2001年、当時の妻の借金問題に端を発する大スキャンダルに見舞われる。妻の借金や宗教問題、さらに渡辺の数々の女性関係も浮上し、当時の芸能マスコミは連日のように渡辺に対する大バッシング報道を展開した。その時、渡辺が頼ったのがバーニング傘下のケイダッシュだった。実際、その効果は絶大で、渡辺がケイダッシュに移籍すると、マスコミのバッシング報道はその思惑通りピタリと止む。ケイダッシュは、そのマスコミ対策や影響力をまざまざと見せつけたものだ。

 しかしその関係は変貌していく。それは渡辺がハリウッドに進出し、アメリカに生活の拠点を移し、そして世界的俳優との評価を得たことが大きい。アメリカの映画ビジネスは日本と違ってエージェント制であり、エージェントを介して自分でやりたい仕事やスタッフを選び、ギャラを交渉する。それを目の当たりにした渡辺が、芸能事務所がタレントや芸能界を牛耳る日本のシステムに対し疑問を持ち、意識が変わるのは当然だろう。しかし対するケイダッシュは、日本型大手芸能事務所の典型のようなところ。そのため、渡辺と事務所とのあいだに距離ができたといわれている。

 そこに降って湧いたのが今回の不倫報道だった。ワイドショー各局も当然のようにケイダッシュにお伺いを立てたらしいが、今回に関しては一切NGとは言われなかったのだという。事務所としては、自分たちのコントロールが効かない渡辺に対し、お灸を据え、ある意味“見せしめ”にし、自分たちのマスコミへの影響力を見せつけることで、“今後は逆らうとどうなるか”という警告の意味もあったというのが、本サイトが指摘した渡辺不倫報道の内幕だ。

 そう考えると、今回の川村会長による異例のコメントは、子飼いの芸能マスコミを使っての渡辺へのさらなる警告であり、また自身の芸能マスコミへの影響力を見せつけるものだ。そして「女性自身」もまた、ケイダッシュに見事に追随し、ダメ押しするように記事をこう締めくくっている。

「渡辺はいまの自分があるのが誰のおかげか、もう一度よくかみしめるべきだろう」

 いまの“世界の渡辺謙”があるのは、何より『ラストサムライ』(2003)をはじめ、日本の芸能界の力学とは関係ないハリウッドでの成功を、自らの実力で獲得した渡辺と、それを見出したハリウッドのキャスティングディレクターでもある奈良橋陽子によるものだと思うのだが……。
 
 恐るべしタレント支配、日本芸能事務所と芸能マスコミの癒着、である。

最終更新:2017.11.22 01:28

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

渡辺謙に芸能界のドンが恐怖の警告!不倫報道の裏にはやはりバーニング系所属事務所との確執が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ケイダッシュバーニングマスコミ林グンマ渡辺謙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
2 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
3 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
4 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
10 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
13 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
14 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
15 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 古舘伊知郎が激白“テレビは噓ばかり”
18 昭和の名作裏ビデオ史
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
3 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
4 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
5 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄