『めちゃイケ』に謎の大量ボカシ! ジャニーズの圧力で「ジャニーズ以外の大運動会」の企画タイトルを削除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mechaike_170219.jpg
フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』オフィシャルサイトより


 18日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)で、異様な光景が放送され話題になっている。

 この日、放送されたのは「次世代イケメンだらけアイドル30人大運動会」と銘打たれ、男性アイドルグループ5組が参加。超特急、BOYS AND MEN、Da-iCE、XOXの4グループと、イケメン芸人軍団の5組が、グループ対抗で跳び箱、相撲といったさまざまな競技を競うという企画。地元名古屋で圧倒的な人気をほこり昨年レコード大賞新人賞にもノミネートされたボイメン、ももクロの弟分として売出し中の超特急など、コアなファンを抱え勢いのある男性グループが、地上波ゴールデンの出演とあって、注目が集まっていた。

 しかし番組が始まると、旬の男性アイドルたち以上に注目を集めてしまったものがあった。それは番組中、ずっと入り続けた大量の数の“ボカシ”だった。

 ボカシといえば、許可のとれていない一般人の顔とか、出演者が収録後に不祥事を起こしてしまったとか、スポンサーの競合商品が映り込んでしまったとか、といった理由で、もとの画像が見えないように隠すために入れられる。

 しかし、今回のボカシはそんなレベルではない。たとえば、進行を務めていたナイナイ岡村らマイクの持ち手部分や、進行台本の表紙、レギュラーメンバーの衣装の左胸のタグ……おそらくは番組タイトルやロゴなどが入っているのであろうと思われる部分に、白いボカシがかけられていたのだ。しかも、誰かひとりとか1カ所でなく、進行役をはじめ何人もの出演者なので、放送中ほぼすべての時間にわたって、画面につねに複数のボカシが映っている状態が続いた。

 当然、これには視聴者もイケメンどころではなく、ネットでは「なんでモザイクかかってんの?」「あのぼかし、なんなんだろう」「ぼかしが気になりすぎて、内容がまったく頭に入ってこない」などという声があふれた。

 もちろん、サプライズ的な演出というわけでもなく、最後までぼかしの下に何があったのか明かされることも出演者が触れることもなく、番組は終わった。いったい、何があったのだろうか。

mecha_170219.jpg
実際に放送されたボカシだらけの映像


 実は“ボカシ”によって隠されていたのは、この企画の元のタイトルだった。元々、この日の『めちゃイケ』の特集タイトルは、「ジャニーズ以外だらけの大運動会」というものだったらしいのだ。ところが、ジャニーズからクレームが入り、急遽、すべてのタイトル部分にボカシをいれることになったのだという。

 その証拠もある。17日金曜日の『めざましテレビ』でこの番組の告知が放送され、岡村のもつ台本の表紙がちらりと映ったのだが、おそらくボカシ忘れをしたのだろう。そこには、「ジャニーズ以外だらけの大運動会」というタイトルがばっちり書かれていた。

 もっとも、この企画、「ジャニーズ以外」といっても、ジャニーズへの敵対心を煽る内容ではなく、どちらかというと自虐的なニュアンス。クレームをつけられるようなレベルのものではない。もしかしたら、番組側が炎上狙いで仕掛けたのでは?と思って、テレビ関係者に取材してみたのだが、どうもそんな呑気な話ではないらしい。

「この企画は、2011年にやはり『めちゃイケ』で放送した「AKB以外だらけのアイドル大運動会」の男性版。「AKB以外〜」のときも当時一強状態だったAKB以外の女性アイドルグループが多数出演。そこから、菊地亜美や嗣永桃子らがバラエティでブレイクするきっかけともなるなど大きな話題になったので、その二匹目のドジョウを狙ったのでしょう。ところが、収録して少し経った後に、上層部から『タイトルを差し替えろ』というお達しがあったらしい。企画名を知ったジャニーズ事務所からかなり激しい調子でクレームがついたとも聞きました。それで、急遽、タイトルを変えて、収録したVTRに映っていた元々の『ジャニーズ以外〜』というタイトルにボカシを入れることになった」

 ジャニーズ事務所といえば、ジャニーズタレントと競合しそうなタレントとくに男性グループに対しては、徹底的に排除してきた歴史がある。ライジングのDA PUMP、w-inds、吉本興業のグレートチキンパワーズなど、出演させないようテレビ局に圧力をかけ、潰してきたのは有名な話だ。AAAが女性メンバーを入れているのも、ジャニーズ対策といわれているほどだ。

 ジャニーズの体質を考えると、この「ジャニーズ以外だらけの大運動会」はタイトルはもちろん、企画そのものにクレームが入っていたとしても不思議はない。

 しかも、番組内ではとちゅう、SMAPの「SHAKE」をBGMに鳥の着ぐるみを着た謎の人物が乱入。この鳥の着ぐるみは正月に放送された同番組で中居正広が着ていたものだったため、スタジオの出演者たちから中居コールが起きるが、実際の中身は江頭2:50だった……というような、ジャニーズを意識した演出もあった。

「ジャニーズのクレームは凄まじいですからね。絶対に折れない。フジテレビとしても、タイトルを変えるくらいはしないと、抑えきれなかったのかもしれない」(スポーツ紙記者)

 しかし、一芸能プロダクションへの配慮で、天下のキー局がボカシだらけのあんなみっともない番組を垂れ流してしまうというのは……。SMAP解散騒動の余波で、ジャニーズ事務所とテレビ局の関係も少しは改善されるのではないかと思っていたが、このぶんでは、ジャニーズの横暴とテレビの奴隷状態はまだまだ続きそうだ。
(時田章広)

最終更新:2017.02.20 01:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『めちゃイケ』に謎の大量ボカシ! ジャニーズの圧力で「ジャニーズ以外の大運動会」の企画タイトルを削除のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズフジテレビ圧力時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
2 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
3 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
4 橋本聖子も東京五輪で「旭日旗」持ち込み許可の愚行を追認
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
7 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
10 好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 安倍首相側に寝返った小泉進次郎の裏 今後は改憲スポークスマンに
13 史上最悪の極右内閣が誕生!日本会議のガチメンバーも入閣
14 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
15 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
16 安倍が文科相に抜擢した萩生田光一こそ問題だらけのタマネギ男だ
17 安倍改造内閣はタマネギだらけ! マルチ広告塔、セクハラ、パワハラ…
18 J・ビーバーが靖国参拝は確信犯!?
19 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
20 日韓対立で『ワシントンポスト』が日本の歴史修正主義が原因と指摘!
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄