阿川佐和子に結婚報道が浮上も、作家タブーでマスコミが避けて通る「友人の夫を略奪不倫疑惑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
agawasawako_161128.jpg
こんなところでも作家タブーが…(毎日放送『サワコの朝』番組公式サイトより)


 エッセイスト、テレビの司会者として活躍中の阿川佐和子に結婚報道が浮上した。相手のS氏は6歳年上で、元・慶應大学教授(2013年に定年退任)。阿川本人は入籍は否定しているものの、すでに同棲しており、「結婚秒読み」の状態にあるらしい。

「お見合い失敗30回」を自称し「元祖結婚できないキャラ」だったあの阿川さんがとうとう…という感じで、多くのメディアが祝福ムードでこの話題を紹介している。

 だが、この報道、週刊誌を読むと、ちょっと奇妙な空気が漂っている。みんな何かをにおわせながら、でも決定的なことを書かない、そんな感じになっているのだ。

 第一報の「FLASH」(光文社)11月29日・12月6日号からしてそうだった。「FLASH」は「スクープ!阿川佐和子63歳!ついに結婚を明言!お相手はロマンスグレー紳士」と題し、同棲中の阿川とお相手のS氏を直撃したのだが、そこにはこんな記述があった。

〈「2人が出会ったのは30年前で、もともと阿川はSさんの奥さんと友人でした」(知人のコメント)〉
〈S氏は妻帯者だったが〉〈最近、2人の関係に進展が訪れた。S氏の離婚が成立したというのだ。〉

 もとは友人の夫で、離婚したのが「つい最近」てことは、友人からの“不倫略奪婚”ということだろう。ところが 「FLASH」はその部分をまったくツッコまず、そのまま祝福トーンで記事を締めている。

 翌週11月23日発売の「女性セブン」(小学館)も同じだった。やはり相手のA さん(S氏のこと)が友人の元夫であることを書いたうえで、Aさんの妻に直撃までしている。

〈元夫が友人と結婚するとなると、ちょっと複雑な思いもあるのでは…そんな想像をしつつ、Aさんの元夫人を訪ねると、笑顔を浮かべながらこう話した。
「本当にお幸せでいいと思います。私にとってはもう終わっている話ですから。それで(離婚したおかげで)今の私があるんですよ」
 まったくトゲがないとは言わないが、そのサバサバとした表情からは大人の女性の余裕さえ感じられる。〉

 しかし、「セブン」も記述はそれだけ。「不倫」とも「友人からの略奪」とも一切書かずに、なぜか高齢結婚のメリットを書き連ね最後は「アラ還こそ現代の結婚適齢期」などと書いて記事を終えている。

 そもそも、出版関係者の間で、阿川佐和子が何年も前から友人の夫であるS氏と不倫中であることは知られた話だった。3年前にS氏の離婚が成立、その後、同棲を始めたというのがこれまでのいきさつだという。

 今回の結婚報道後、阿川と親交のある嵐山光三郎も「週刊朝日」(朝日新聞出版)12月2日号の取材に対し、そのことをほのめかしていた。

〈僕ら業界の仲間うちでは佐和子さんにいい人がいるようだって話を聞いていたから、え、今頃になってスクープ?という感じなんだよ。〉
〈佐和子さんも相手が離婚をして、一緒に暮らすようになっても籍を入れるつもりはないって言ってるんでしょ? そりゃあ佐和子さんのほうが経済力もあるし新品だし(笑)、籍にこだわらないのはよくわかるよ。というより、もうこの問題に触れられたくないでしょ。〉

 しかし、にもかかわらず、どのメディアも、2人がいつ付き合い始めたかについては一切触れず、不倫状態にあったという表現は徹底的に避けているのだ。

 今回だけじゃない。実は、2年前に「週刊新潮」(新潮社)も阿川とS氏がマンションに入っていくツーショットをグラビアに掲載しているのだが、その際も「6歳ほど上で独身の男友達ですよ」という阿川のコメントを紹介しただけで、2人の関係については一切踏み込まなかった。

 もちろん本サイトはこれまでも繰り返し主張してきたように、不倫だからといって、それを批判するつもりは毛頭ない。むしろ、結婚なんていうのは、国家が決めた便宜上の制度に過ぎないのに、それを絶対的な価値として善悪を判断するのは、無自覚で過剰な道徳主義でしかないと考えている。

 しかし、ベッキーに対してはあれだけ重大犯罪のように徹底的に糾弾したマスコミが、阿川については、不倫・略奪を知りながら、ここまで遠慮するというのは、いくらなんでも不平等すぎるだろう。

 しかも、それは阿川のケースが熟年カップルだからではない。熟年でも松田聖子や小林幸子は叩かれた。

 週刊誌が阿川の不倫に踏み込まないのは、阿川が売れっ子エッセイストであり作家だからだ。

 ご存知の通り、マスコミ、特に出版社にとって作家はアンタッチャブルな存在として、批判がタブーとなっている。スキャンダルを掲載するなんてことはもとより、ちょっとでもご機嫌を損なうようなことも決してしない。

 それは強面「週刊新潮」や 、“文春砲”などと盛んにもてはやされている「週刊文春」(文藝春秋)も例外ではない。新潮社は阿川の小説やエッセイ、翻訳など多数出版している。文藝春秋は100万部のベストセラーとなった『聞く力』や『強父論』はじめ著書も多数出しているし、何より阿川は「週刊文春」の名物連載でもある連載対談のホストを長く務めている。「女性セブン」の小学館もドラマ化もされた阿川の初長編小説を出版している。

 実際、先述の嵐山光三郎はこんな話も明かしている。

〈2カ月くらい前、週刊朝日で連載中のコラム「コンセント抜いたか」で、あの阿川佐和子もついに結婚かって一言書いたら、ゲラで削られちゃったんだよ(笑)。編集部で事実がつかめませんからって言ってさ。〉

 相手が作家というだけで、この気の遣いよう。いずれにしても、今回の阿川のケースをみると、出版社にとって自分に利益をもたらしてくれる身内は「不倫」したっていいということだろう。だったら、ベッキーやゲスの極み乙女。川谷絵音にもその十分の一くらい優しくしてやってくれたってよさそうなものだが……。
(林グンマ)

最終更新:2016.11.28 01:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

阿川佐和子に結婚報道が浮上も、作家タブーでマスコミが避けて通る「友人の夫を略奪不倫疑惑」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 加藤浩次が松本人志・大崎会長の吉本支配を批判!
2 安倍首相とマスコミが作り出す自民党“勝利”は嘘!
3 改憲勢力3分の2割れでも…安倍と橋下徹が民意無視の改憲議論強要
4 参院選 安倍自民党の大量広告、PRのやり口がエグい!
5 宮迫、亮の会見で吉本興業・大崎会長と岡本社長の嘘が明らかに
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 参院選は自公維の改憲勢力が3分の2超か
10 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
11 『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
12 太田光が右翼の抗議で転向していた?
13 宮迫引退報道の一方、NEWS手越の“金塊写真”はなぜスルー?
14 秋篠宮家の料理番がブラック告発
15 安倍首相の秋葉原演説で自民党が「安倍やめろ」封じ込めに支持者動員
16 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編
17 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 つんく♂が秋元のメンバー差別に
20 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」選挙区編
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄