小泉今日子が上野千鶴子との対談で「劣化ジャッジ」的価値観を批判!「アンチエイジング」「美魔女」にもNO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumi_160904.jpg
小泉今日子ビクター公式ページより


 40〜50代の女たちに用いられる「美魔女」という言葉が生まれて以来、ネット上では対抗するかのように「劣化」ジャッジがさかんに行われている。たとえば、表舞台である女性ファッション誌などでは「アラフォーの星」ともてはやされる平子理沙も、ネット掲示板では「アンチエイジングの鬼」として扱われ、やれ「サイボーグ」だ、やれ「整形オバケ」と評され、一方、永作博美や元JUDY AND MARYのYUKIは「30代で通用する」「まだイケる」「もう無理」などと判定合戦が繰り広げられている。

 この「劣化」ジャッジの根底にあるのは、言うまでもなく「若づくりをしていないのに若く見えることが美しい」という価値基準だ。つまり「年相応」であることは、もとより論議から除外されているのである。

 そんな議論に、あの人が一石を投じた。能年玲奈改めのんや二階堂ふみといった若手女優たちからは“姐さん”として慕われ、女優界のオピニオンリーダーになりつつある小泉今日子だ。

 小泉がこの問題に言及したのは、アラフォー向けファッション誌「GLOW」(宝島社)での対談連載でのこと。ゲストは社会学者であり、日本を代表するフェミニスト論客である上野千鶴子。上野は、今年2月に50歳になった小泉に対して、「メノポーズ(更年期)は、経験しておられますか?」とズバリ直接的に尋ね、キョンキョンも「あ、まだちょっと大丈夫な感じ、かな」と答えるなど、第一線の現役女優とフェミニストの邂逅というべき刺激的な対話となっているのだが、このなかで上野が「アンチエイジングって言葉が、大嫌いなんです」と言うと、小泉もそれにこう呼応したのだ。

「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから「かわいい!」って言われる中に、「若い!」という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない?って」

 小泉のこうした反応に、上野も「「美魔女」とかに出てこられるとね」と揶揄。すると小泉は、「はい。これは抵抗しなきゃと。私は「中年の星」でいいんじゃないかと思ってます」と堂々宣言するのだ。

 さすがはトップアイドル時代から刈り上げヘアにしてみたり、魚拓ならぬ人拓を発表したりと、アイドルの既成概念を打ち壊してきたキョンキョン。30代の時点から「若い」という世間一般の褒め言葉に躍らず「違くね?」と違和感をもってきたと言い、目指すべきは「美魔女」ならぬ「中年の星」だと語るのである。

 じつは小泉は、以前から一貫して“老いること”を肯定してきた。たとえば、それこそ男も女も年齢を重ねて生きていくことを人生讃歌として描いたドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ)のプロモーションで共演者の飯島直子と対談した際に、小泉はこんな話をしていた。

「年を取ること、重ねることっていうのを、すごく楽しんでいて、それが“老化”っていう言葉じゃなくて、“進化”だと思っているんですよ。完成形っていうのが多分“死”だとしたら、これは死に向かっての進化だから、それをすごく楽しんでいて、なんかちょっと『わっ、白髪が出てる』とか『わっ、なんか老眼で目が見えない』とかも、かわいいことに感じるっていうか」(フジテレビ『ノンストップ!』2012年11月2日放送より)

 さらに、今年6月23日にゲストとして出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日)では、渋谷で背後からナンパされ、顔を見るなり「やっぱりいいです」と断られたエピソードを披露。この話に徹子は驚いたが、小泉は「スカッとしましたけどね。割り切れるというか」「大人のはじまりですね、ふふふ」と余裕の態度を見せた。

 もちろん、いくら小泉が老いることを人間の価値として誇っても、女の美醜を若さではかる日本社会では、彼女自身も「劣化」ジャッジの対象になってきた。実際、ネット上では小泉に対する手厳しい評価がいくつも出てくる。

 そうした現状を、小泉もきっと承知しているのだろう。現に、上野の対談では、上野が「若い人たちは、ネット上のエゴがアイデンティティの一部に組み込まれてるみたい。だから、わざわざエゴサーチとかしてボロボロになってる。小泉さんの世代は、微妙なところかしら」と言うと、小泉は「あ、私もけっこうやりますよ」とエゴサーチを行っていることをケロッと認めている。これに上野が「そうなの? だって、探してもネガティブな情報しか出てこないでしょう」と問うと、小泉はこう述べるのだ。

「あ、でも、そういうことを言われた時に、逆にやる気が出るタイプなんです。「はぁ?」って。ヤンキー心に火をつけられるというか」

 50歳にしてなおヤンキー心を忘れない。これもまた、いかにもキョンキョンらしい発言だが、この闘争心をもちあわせた小泉の言葉に、上野は快哉を叫ぶように「今の顔、すごくいいわね(笑)。私と似てる」と返している。

 男が若さという価値で女を値踏みしてきたことで、女自身もそれを内面化し、「自分の賞味期限」とともに「別の女の賞味期限」に敏感になる。だからこそ、タレントの劣化問題を厳しくジャッジするのも女だったりする。だが、小泉のようにそうした不毛な争いから一歩引いて「老化は進化」と捉え、ときには怯まず「喧嘩上等」と啖呵をきる。そうすれば、どれだけ女たちは軽やかに、いきいきといられるだろう。いずれもそう思わずにいられない発言だ。

 小泉は読書委員を務めていた読売新聞の書評欄で、上野と湯山玲子の共著『快楽上等! 3.11以降を生きる』(幻冬舎)をこのように評していた。

〈まもなく47歳になる独り身の私は、これから先の人生をどう生きたらいいのか、もちろん考える。今のうちにたくさん働いて将来はみんなで一棟のマンションを買って助け合いながら暮らそうなんてことをよく女友達と冗談のように語り合っている。本当は結構本気だったりする。いつの間に私の将来から恋愛や結婚、即ち男の人の存在が消えてしまったのだろう〉
〈恋愛の先にはいつも結婚や出産や家族という未来が見えていた。長い間その思いに捉われて生きていた。離婚を経験した私でもついこの間までそんな思いに揺れていた。やっと解放されたというのに今度はどこに向かっていいのか迷子のような気分だった。その原因がはっきりしたし、上野さんのいう「選択縁」「最後の秘境は他人」などの言葉に答えがあるのだと思った〉(読売新聞2013年2月11日付)

 女にだけ設定された「結婚と出産」というコースや、ヘテロセクシュアルの女にとっての「男」という“女を承認する”存在から「解放」されても、どう歩むべきかが見えない。それは多くの女たちが感じている不安かもしれない。でも、同書も示すように“女はどこでだって生き延びていける”し、いかようにも生きられる。そして、〈迷子のような気分だった〉と綴る小泉が、老いを肯定し、50歳となって舞台の企画・プロデュースに乗り出すという行動力が、きっと迷える女たちの、ひとつのロールモデルになっていくのではないか。

 世間に惑わされず、かつヤンキー精神も同居させつつ、“おひとりさま”道をゆくキョンキョン。「50にして知命を知る」と言われるが、これから小泉がどのように固定概念を崩していくのか、大いに期待したい。
(大方 草)

最終更新:2017.11.24 06:37

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

小泉今日子が上野千鶴子との対談で「劣化ジャッジ」的価値観を批判!「アンチエイジング」「美魔女」にもNOのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。上野千鶴子劣化大方 草小泉今日子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
2 辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
5 安倍首相が東京五輪聖火ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視
6 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
7 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
8 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
9 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 杏と父・渡辺謙の間にある愛憎
16 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
17 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
18 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
19 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
20 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄