改名した能年玲奈にクドカンが「あまちゃん以上の作品を」とエール! 芸能プロのいいなりテレビ局に苦言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kudounounen_160731.jpg
左・「大人計画 OFFICIAL WEBSITE」より/右・「07' nounen 能年玲奈オフィシャルブログ」より


 前所属事務所であるレプロエンタテインメントとの契約終了を機に、名前を「のん」に改名すると発表した能年玲奈。この改名の裏には、レプロからの圧力があったなどの事情が明らかになっているが、それにしても「のん」という名前はどうなんだろうとファンからも残念がる声があがっている。

〈なんだ「のん」って、変な名前〉〈芸名が「のん」って、笑った〉

 そんななか、能年を国民的女優へと押し上げた『あまちゃん』(NHK)の脚本家・宮藤官九郎が、能年の改名を全面擁護した。それは現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)2016年8月4日号に掲載された、彼の連載コラム「いまなんつった?」でのこと。

〈のん。思い切ったなあ。渡辺えりさんは『えり子』の『子』を取るように美輪明宏さんに諭され随分悩まれたと聞きますが、彼女は『のうねんれな』の『うねれな』を取ったわけですから大手術。まあ、身軽になりたかったのかな〉
〈俳優の場合、演じる役にすでに名前があるわけで、いわゆる“中の人”の名前はシンプルに超した事はない。最初は正直、地方の喫茶店かスナックの看板みたいだなと思った『のん』という名前も、これ以上ないくらいシンプルですよね。あとは旧名時代を凌駕する代表作に巡り会えれば一気に浸透するんじゃないでしょうか。道のりは険しいでしょうが、のんさんの代表作が早く生まれるといいなと思います〉

 クドカンが能年の独立問題について言及するのは、実は今回が初めてのことではない。「週刊文春」16年7月7日掲載の同連載コラムでも、こんなことを書いていた。

〈そう言えばトーク番組で『あまちゃん』の話題になり懐かしい映像が流れたのですが、映像使用の許諾が取れなかったのか、アキ(能年玲奈さん)がワンカットも映ってなかった。代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)がガッツリ映ってて笑った。あまちゃんは能年さんの主演作ですよ、念のため〉

 これは、レプロのご機嫌を伺って、資料映像からすら能年を徹底排除するテレビ局に対して苦言を呈したものだと一部で話題になった。

 そう考えると、今回もクドカンは単に「のん」という名前を擁護しているわけではなく、レプロの能年への嫌がらせに対する批判、それを乗り越えようとする能年への後押しがあるのは明らかだろう。

 当サイトで何度も指摘してきたが、事務所を独立しようとした能年に対するレプロ側の嫌がらせ、圧力は凄まじいものだった。徹底した仕事の干し上げにはじまり、週刊誌やワイドショー、スポーツ紙を使った「洗脳報道」というバッシング攻撃……。さらに契約が切れてからも、レプロ側は15年1月から16年6月までの期間は能年側が仕事や話し合いを拒否していたため契約不履行とみなしており、その分の契約延長を申し入れているため、まだ契約は終了していないなどと主張している。そのため、能年が「週刊文春」16年7月21日号内の阿川佐和子による対談連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」に出演したり、「FRIDAY」(講談社)16年7月29日号でグラビア撮影したことを問題視。法的対処も含め検討しているとしている。

 そして、きわめつきが、名前の剥奪だ。「週刊文春」16年7月28日号によれば、契約が終了する間近の6月下旬、レプロから能年側に、契約が終了しても「能年玲奈」を芸名として使用する場合には、レプロの許可が必要だという申入れがあったという。

「能年玲奈」は本名であるため、前所属事務所に使用を制限される謂れはないが、「週刊文春」の取材を受けたレプロ側の担当者は「一般論として、その旨の契約がタレントとの間で締結されている場合には、当事者はその契約に拘束されるものと考えます」と答えたと記されている。

 こういった事情が明るみになると、レプロには「名前を奪うなんてひどい」と抗議が殺到。実際、能年玲奈は彼女の本名であるため、契約を盾にその名前を奪う法的根拠があるかは疑問だ。また、「文春」の記事で取材に答えている弁護士も、公序良俗違反でこの契約条項は無効になるのではないかと考えを示しており、その後の議論を見ている限り、他の専門家たちも同じような認識であるようだ。

 本来であれば改名などする必要はないにもかかわらず、これ以上レプロの嫌がらせに晒されることで、今度は共演者やスタッフに迷惑がかかることを恐れた能年側は改名してキャリアを再スタートさせることに。「文春」によれば、本人は能年玲奈の名前で活動したいと希望しているとのことだが、そのような事情から改名に踏み切ったという。

 周知のように、レプロは“芸能界のドン”バーニングプロ傘下の事務所だ。クドカンもコラムで書いていたように、レプロの圧力を恐れ、テレビ局はもうすでに資料映像ですら能年の映像を使わないような状態になっているが、レプロがこうした姿勢では、今後、テレビ局がレプロの意に反して、能年を起用するようになるというのはかなり難しいだろう。

 それどころか、再びネガティブキャンペーンを仕掛ける可能性も十二分に予測できる。

「えり子」の「子」を取るだけでも大変なのに、本名そのものを奪われたに等しい状態に追い込まれ、テレビから徹底的に排除される能年。クドカンは、「のん」という名前を擁護するかたちで、こうしたレプロの理不尽なやり口を批判したのだろう。

 クドカンもこれから先、能年を待ち受ける〈道のりは険しいでしょう〉と書いている。ただ、テレビやメジャー資本映画とは違い、レプロ=バーニングの手のおよばないインディペンデントな映画やネットなどのオルタナティブな場所から起死回生を狙うことは、能年の才能と実力をもってすれば十分可能だろう。

 クドカンも〈道のりは険しい〉としたうえで、コラムを能年へのこんなエールで締めくくっている。あらためて読むと、クドカンの能年の今後に対する強い気持ちがわかる。

〈あとは旧名時代を凌駕する代表作に巡り会えれば一気に浸透するんじゃないでしょうか。道のりは険しいでしょうが、のんさんの代表作が早く生まれるといいなと思います〉

「旧名時代の代表作」というのは言うまでもなく、自身の手による『あまちゃん』のことだ。つまり、自身の作品を超えるような作品を、とエールを送っているのである。

『あまちゃん』以上の作品、天野アキ以上の能年玲奈の当たり役は、ぜひクドカンにこそ書いてもらいたい。そう願っているファンは多いのではないだろうか。
(新田 樹)

最終更新:2017.11.12 03:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

改名した能年玲奈にクドカンが「あまちゃん以上の作品を」とエール! 芸能プロのいいなりテレビ局に苦言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKレプロエンタテインメント宮藤官九郎新田 樹能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
2 週刊誌の秋篠宮バッシングは官邸が発信源か?
3 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
4 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
5 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
6 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
7 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
10 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
11 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
12 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄