上野樹里と平野レミの嫁姑バトルが起きても「文春砲」は炸裂しない? 表紙を描く舅のおかげで上野樹里が文春のタブーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uenojuri_01_160530.jpg
アミューズオフィシャルウェブサイトより


 女優の上野樹里が、5月26日にトライセラトップスの和田唱との結婚を発表した。和田の母親が、ハイテンションなキャラと個性的すぎるレシピで人気の料理家・平野レミということで、「平野レミが姑なんてたのしそう」「いや、上野も個性が強いからぶつかって、合わなそう」などとネット上では、上野と平野の嫁姑関係の行方に盛り上がっている。

 平野もさっそく「おめでタイ!カルパッチョ」とダジャレまじりのレシピをツイートし祝福。上野もインスタグラムで「幸せなカルパッチョレシピありがとうございます」と返信したり、平野レミ夫妻からのお誕生日祝いの花の写真とともに「いつも楽しくおいしいごはん、ご馳走になってます」「またちょくちょく遊びに行かせてくださいね〜」と記すなど、いまのところ良好な関係のようだ。

 だが、今回の上野の結婚では、平野レミとの嫁姑関係なんかよりも、本サイトには気になることがある。

 それは、この結婚によって「週刊文春」で上野樹里がタブーになるんじゃないか、ということだ。

 上野の結婚では、平野レミの存在ばかりがクローズアップされているが、忘れてはいけないのは、唱の父親で平野の夫、上野の義理の父親となる、和田誠の存在。和田誠といえば、星新一や村上春樹、最近なら小泉今日子の著書など数多くの書籍の装画・装丁で知られるイラストレーター・デザイナーで、自身もエッセイを手がけたり映画監督もするなど多才な人物。なかでも誰もが目にしたことがあるであろうもっとも有名な仕事が、そう「週刊文春」(文藝春秋)の表紙だ。

 上野の舅となる誠氏は1977年以来、じつに40年近くにわたって「文春」の表紙のイラストとデザイン、エッセイを手掛けており、連載陣のなかでも最古参のひとりだ。中面でどんなに下世話でエグい記事を載せていても、「文春」は店頭で買うのが恥ずかしくなく、女性でも手に取りやすく、家にも持って帰れる。そこには、雑誌の顔である誠氏のイラストがもたらす知性と安心感の力が大きい。編集長が変わったタイミングや売れゆき不振を打開するためなど表紙デザインをたびたびリニューアルする雑誌も多いなか、「文春」が和田誠の表紙を40年ものあいだ変えていないのはその証左だろう。

 この大御所連載イラストレーターの息子と結婚した嫁のスキャンダルを、はたして「文春」は書けるのだろうか。

 上野は大手芸能プロダクション・アミューズの所属だが、芸能タブーのほとんどない「文春」は彼女についてもこれまで数々の悪口を書いてきた。たとえば、上野の大河ドラマ主演決定の裏にNHKと所属事務所のあいだで密約バーターがあったと暴露したり、ドラマ撮影現場での上野の様子を「ワガママ」「奇行」「天然で扱いにくい」とあげつらったこともある。

 しかし、これからはそうした記事を載せることは、おそらくかなり難しくなるだろう。理由は作家、執筆者タブーだ。実際、「週刊文春」がスクープラッシュに湧いていた3月に作家の林真理子が当の「文春」での連載コラムで、こんなふうに明かしている。

〈この頃有名人に会うたび、よく聞かれる。
「どうしたら、センテンス・スプリングに書かれないようになりますかね?」
「ひとつだけありますよ」
私は答える。
「センテンス・スプリングの執筆者になることですね」〉

 さらに林は、芸能人でもコラムを書いたりすれば大丈夫だが、〈作家はもっと大丈夫だ〉と解説し、当時不倫スキャンダルの渦中にあった乙武洋匡氏についても〈だから乙武君も本当に“作家”だったら大丈夫なのにね〉と暴露したのだ。

 林の指摘するとおり、大手芸能プロや政治家相手にはあれだけイケイケに攻める「文春」が、作家が相手になると極端に弱い。どんなスキャンダルがあっても一切書かないどころか、作家の意を受けて記事を潰したり、作家に都合のいい言い分を垂れ流すこともある。

 たとえば、いま盛り上がっている舛添要一都知事の公私混同疑惑は「文春」のスクープによって始まったものだが、一方で石原慎太郎が都知事だったときに四男のために美術事業を立ち上げ5億円近い税金を注ぎ込むという舛添以上の公私混同が発覚し他メディアから批判を浴びた際、「文春」は一切スルー。それどころか、渦中の慎太郎をインタビューに登場させ「(疑惑報道は)選挙のためのネガティブキャンペーンだ」などという釈明を垂れ流した。

 また、一昨年の百田尚樹の『殉愛』騒動もその典型だ。故・やしきたかじんの妻・さくら夫人について書いた同書では、さくら夫人の結婚歴をはじめ様々なウソが発覚し、たかじんの長女からも名誉毀損で出版差し止め訴訟を起こされるなど大問題になったが、「文春」は百田の一方的な言い分を手記として掲載しただけで沈黙。さらには『殉愛』出版前にも、さくら夫人の疑惑について長女の手記を掲載する予定だったにもかかわらず、百田の意向で「文春」は直前にボツにしてしまった。

 ふたりとも作家であることにくわえ、石原は当時、芥川賞の選考委員、百田は「週刊文春」での小説連載スタートを控えており、と文藝春秋とのつながりも非常に強かった。

 どうしたら「文春」に書かれないか。「センテンス・スプリングの執筆者になること」という林の言葉どおり、作家のなかでも、「文春」連載陣はタブー中のタブーなのだ。

 上野の場合、自分が「文春」に連載しているわけではなく、その息子と結婚しただけだが、作家本人でなくても、前述の百田とさくら夫人のように作家の家族や作家がバックについたら、「文春」は厳しい批判は一切書かなくなってしまう。

 賭けてもいいが、この先、上野が何かトラブルを起こしたとしても、「上野樹里と平野レミの嫁姑バトル」「ワガママ女優・上野樹里が奇行でご近所トラブル」なんて見出しが“文春砲”として躍ることは絶対にないはずだ。

 そう考えると、文春に書かれたくない、でも執筆者になるような文才はないという芸能人は、「執筆者の子どもと結婚」あるいは「執筆者と結婚」狙いでいくのもアリかもしれない?
(本田コッペ)

最終更新:2016.06.02 07:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

上野樹里と平野レミの嫁姑バトルが起きても「文春砲」は炸裂しない? 表紙を描く舅のおかげで上野樹里が文春のタブーにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。本田コッペ週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決
2 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
10 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
11 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
12 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
13 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
14 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
15 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
16 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
17 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
18 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
1 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
3 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
8 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
9 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
10 高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄