シキシマって誰? 映画『進撃の巨人』で“リヴァイの代わり”が大炎上! リヴァイがいないのはやっぱり腐女子対策だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shingeki_150805.jpg
左・進撃の巨人 作品公式サイトより/右・映画『進撃の巨人』公式サイトより


 映画『進撃の巨人ATTACK ON TITAN』が8月1日に公開されたが、興行収入は1、2日の土日2日間で『HERO』『ミニオンズ』を抑えて首位を獲得。興行収入50億円超も見込める好スタートを切った。原作である『進撃の巨人』(諫山創/講談社)は累計発行部数4200万部を突破するほどの人気作だが、公開前から特に注目されていたのが、映画のオリジナルキャラ・シキシマについてだった。実際、映画が公開されてみると、シキシマに対してはこんな声が多くあがっていた。

「シキシマキモすぎ」「好きになれない」「シキシマが壊滅的に魅力に欠けてたのは気になったかな」「シキシマ…たかが映画キャラに強い殺意を抱くなんて…」「シキシマが死ぬなら後編見てもいいかな」

 と、散々なもの。なかには、映画を見た人ですら「シキシマって誰だよ」とつぶやいており、原作ファンからすれば不満の残るものだったようだ。まあ、マンガの実写化で原作と異なるものは多々あるし、批判の声があがるのもいつものことだが、今回、これほど多くの不満の声が出たのには理由がある。それは、主人公エレンの上司で、作中でもっとも人気のあるキャラ・リヴァイ兵長が登場しないからだ。彼は、壁の外に出て巨人と戦う調査兵団の一員で、身長160cmにも関わらず、人類最強と言われる潔癖症で三白眼の兵士。だが、実写映画ではその代わりのようにシキシマが登場しており、人類最強の肩書きや白いハンカチで潔癖症なところを表現するなど、ところどころ出てくるリヴァイの要素から、拒否反応を起こす人が多く現れたようだ。

 だが、そもそもなぜ映画にリヴァイが登場しないのか? 実写映画『進撃の巨人』最大の謎でもあったこの“リヴァイが登場しない理由”だが、「映画秘宝」(洋泉社)9月号に掲載された脚本家・町山智浩のインタビューでは、こんなことが明かされている。

「リヴァイとエルヴィンは、「ヴ」というアジアにない発音がある。アジア人なのになぜそんな名前なのか説明が必要になってくる」
「というわけで、リヴァイとエルヴィンは泣く泣く最終的にあきらめた」

 しかし、本当にこれだけの理由なのだろうか? じゃあ、エレンはどうなんだという疑問が出てくる。実際「キャラ名をすべて完全に日本人らしい名前に変える」か「開き直って、全員原作通りのドイツ名のままでやる」か町山も最後まで迷ったらしいが、「主要キャラは原作通りいきたいというのがプロデューサーの意向なので、こんな屁理屈を考えた」と語っている。

「紗々(サシャ)って子は実際にいる。エレンは漢字で江連とか書けるからアリだと。ジャンも『鉄鍋の醤』ってマンガがある(笑)。アルミンは苦しいけど、有海とか有美の愛称と考える(笑)」

 いや、もうここまできたら「もろにドイツ人の名前だから」なんて関係ないし、愛称がアリならどうにでもできただろう。やはり、もっと何か別の理由がある気がしてならない。というのも、同じように「ヴ」という発音や「ドイツ人の名前でしかないから絶対使えない」という理由だけで消されてしまったエルヴィンやライナー、ベルトルトといったキャラには、ある共通項があるからだ。それは、軒並み腐女子人気の高いキャラばかりということ。

 実は、本サイトでは以前にもある指摘をしていた。それは、腐女子に熱狂的な支持を獲得しているリヴァイを出さないことで、腐女子に叩かれることを避けたのではないか。つまり、腐女子対策なのではないかというもの。リヴァイだけでなく、そのほかの腐女子人気の高いキャラまで登場しないとなれば、ますますこの説の信憑性が増してきたではないか。

 原作は少年マンガなのに、腐女子対策のためだけにそこまでするなんてあり得ないと思うかもしれないが、諫山は「BRUTUS」(マガジンハウス)12月1日号でインタビュアーからリヴァイの腐女子人気について「最初からそこを狙ったわけではありませんよね?」と聞かれた際、次のように答えている。

「お姉さま方をがっかりさせてしまうかもしれませんが、自分の中にも腐女子がいるのかもしれないというか、これは腐女子にウケる気がする、というセンサーは働きました。『幽☆遊☆白書』の飛影みたいな雰囲気を狙っていて、造形ができた瞬間に「これはイケる」と確信したんです」

 つまり、リヴァイは腐女子を意識して作られたキャラでもあるということ。実際、原作には腐女子が喜ぶ仕掛けがたくさんある。

 たとえば、人気なのが審議所で拘束されているエレンをリヴァイ兵長が観衆の前で容赦なく蹴りまくる場面。しかし、腐女子はただ目つきの悪い人類最強のチビがドSっぷりを発揮していることに萌えているわけではない。実はこれ、解剖されそうになっていたエレンを救い、彼の希望通り調査兵団に入れるための芝居だったのだ。目つきも口も悪く、感情が読みにくいので一見冷徹に見えるが、実は仲間思いで不器用なだけという彼のギャップは、腐女子に妄想の余白を与える。

 もうひとつ印象的なのが、お掃除シーン。始めは潔癖のリヴァイに「全然なってない すべてやり直せ」とダメ出しされていたエレンだが、その後はほかの隊員にこんなことを口にしている。

「お前ら…家に入る前にちゃんと埃や泥を落として来たか?」
「……まだわかんねぇのか? そんな意識でリヴァイ兵長が満足すると思うか? 今朝だってオレがお前のベッドのシーツを直していなかったらなー」

 この間に2人の間ではどんな“調教”が行われたのか妄想する腐女子が大勢現れた。そして、作中リヴァイが命懸けでエレンを救ったのは1度や2度ではない。上司や監視役としてだけでなく、リヴァイはエレンを信頼し、対等にも見ている。この信頼関係が腐女子センサーに反応したのではないか。

 実写化するにあたり、脚本家の町山には「原作どおりにしなくていい」「まったく違う話にしてほしい」(「映画秘宝」9月号)と言っていたという諫山。これほど腐女子のツボがよくわかっている彼なら、腐女子対策としてあえて作品の人気を支えるリヴァイを出さないという選択をしてもおかしくない。なにせ、諫山の腐女子センサーはたしかなもの。

 ただ、冒頭でも紹介したが、公開後のシキシマの評判を見てみると批判のほうが多く、リヴァイの代わりにシキシマを出したのは失敗だったのかと思うかもしれない。しかし、シキシマ自体は好きになれないという人のなかにも、こんなコメントをしている人たちがいた。

「名前を兵長じゃなくてシキシマにしたのは英断だったと思う。あれリヴァイですって言ったら映画館何個か破壊されそう」
「リヴァイ出してたらシキシマさんのやる事をやってた訳で炎上への燃料提供になるというか油田になるでしょう」

 やはり、諫山の選択は正しかったようだ。でも、「映画秘宝」9月号の記事によると、諫山から「ジャンを主人公にしてくれませんか」という提案もあったという。腐女子人気の高いキャラで、唯一実写映画にも登場するジャン。もしかすると、諫山はジャンを主役に据え、がっつり腐女子向けの作品にするという方向性も考えていたのかもしれない。そしたら、リヴァイだけでなく、エルヴィンやベルトルト、ライナーも登場したのではないか。まあ、諫山の腐女子力があれば、それもうまくいったのかもしれないが、今回、こうした腐女子要素を削った結果が吉と出るか、凶と出るか。ただし、映画を観る際は「シキシマ=リヴァイではない」ということだけはよーく頭に入れておいた方がいいだろう。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

月刊 進撃の巨人 公式フィギュアコレクション Vol.2 リヴァイ(立体機動Ver.) (進撃の巨人フィギュアシリーズMOOK)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

シキシマって誰? 映画『進撃の巨人』で“リヴァイの代わり”が大炎上! リヴァイがいないのはやっぱり腐女子対策だった?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田口いなす腐女子進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
2 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円
3 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
6 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
9 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
10 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
17 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
18 産経が沖縄報道で“ネトウヨまとめ”拡散
19 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
20 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
3 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
4 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
5 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
6 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
7 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄