有田、ローラの結婚情報はガセじゃなかった!? 「女性セブン」の記事は事務所公認の説も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aritaro-ra_150705.jpg
2人の噂の真相は?(左・LIBERA株式会社オフィシャルサイト/右・TBS『私の何がイケないの?』番組公式サイトより)


「有田 ローラ『結婚0K♡』までの愛の軌跡」

「女性セブン」(小学館)7月16日号がくりぃむしちゅーの有田哲平とタレントのローラの結婚が決まったという記事を掲載し、話題になっている。

 といっても、スクープとして話題になっているわけではない。有田の事務所が「そのような事実はございません」と完全否定、ローラもツイッターで「嘘な記事 やだ」とつぶやいて報道を打ち消したため、「『女性セブン』がガセネタをやらかした」と失笑を買っているのだ。

 たしかに「女性セブン」(以下、「セブン」)を読む限り、2人の交際や結婚の決定的証拠や写真のディテールはない。このテの女性週刊誌がネタのないときに確たる証拠もないまま、与太記事を載せるのはよくあることで、週刊誌ウォッチャーの間でも、今回はそのパターンだろうと言われている。

 しかし、実はこの「セブン」の記事には根拠がないわけではなかった。ローラが有田のマンションに通っている姿を「フライデー」(講談社)2012年5月25日号に激写されたのは3年前。その際、ローラは「みんなでゲームをしてただけ」と熱愛を否定し、有田も同様に交際を否定していたが、2人がその後もずっと交際を続けているというのは、芸能界では周知の事実となっていた。そして、今年になっていよいよ結婚かという情報が浮上。各週刊誌が一斉に取材をする事態となっていた。

「有田は3年前、品川区に推定3億円の豪邸を購入しているんですが、その豪邸にローラが頻繁に通い、半同棲中という話まであった。それで、各誌とも張り込みを始めたんです。有田宅前には、『セブン』以外にも、『フライデー』『週刊文春』など、複数の週刊誌が張り込んで、バッティングすることもたびたびあった。ただ、途中で有田にバレてしまったようで、結局、どこも2ショット写真を撮ることができなかったんです」(週刊誌記者)

 しかし、「セブン」だけは他誌に抜かれるのを恐れて、エビデンスのないまま、記事にしてしまったということらしい。

 ただし、「セブン」の記事にはもうひとつ仕掛けがあって、どうも有田の所属事務所と事前に話がついていたのではないか、という情報があるのだ。

 その鍵は、「セブン」の記事にある「2人の交際開始の時期」にある。前述したように、有田とローラは3年前に「フライデー」されて以降、ずっと交際を続けており、昨年には「週刊文春」(文藝春秋)でも交際継続が報じられたりしている。だが、「セブン」ではなぜか「2人の交際は今年から」ということが強調されるのだ。

「(3年前の『フライデー』の際は)ローラは有田さんのことを恋愛対象として見ていませんでした。でも有田さんは違います。出会った瞬間に彼女に恋をしていました。いろいろあって、連絡をとらなくなったり、距離を置いた時期もあったんですけど、今年に入ってきちんとつきあい始めたそうです」(「セブン」より)

 3年前から交際が続いていると都合が悪い理由。それは「セブン」で2人が急接近したというローラの実父の詐欺事件にある。

 13年6月、ローラの父親は海外医療費に関する詐欺の疑いで国際手配され、翌14年7月に逮捕され釈放されるものの、さらに10月にも再逮捕されている。この一件はローラのタレントとしてのイメージダウンが危惧され、一時はローラの露出が激減したほどだ。

「この時期に、有田がローラと付き合っていると分かれば、超売れっ子の有田にも影響しかねない。そのため事件までは付き合っていなかったが、父親の逮捕をきっかけに有田がローラを励まして交際に発展したという美談ストーリーにする必要があった。取材の過程で、有田サイドからせめて時期だけなんとかしてくれ、と言われ、こういうストーリーになったらしい」(「セブン」関係者)

 芸能事務所との癒着度合いがいちばん強いといわれる「セブン」なら十分あり得る話だ。しかし、見方を変えると、この記事、事務所公認とも言えるわけで、だとすれば、結婚はやはりあるのだろうか。

「年内結婚説は今も根強くあります。各週刊誌ともまったくマークをゆるめていません」(前出・週刊誌関係者)

 どこが本物の“スクープ”を報じてくれるのか。その成果を待ちたい。
(林グンマ)

最終更新:2015.07.05 08:21

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

有田哲平監督作品『特典映像』BOX [DVD]

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

有田、ローラの結婚情報はガセじゃなかった!? 「女性セブン」の記事は事務所公認の説ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モデル林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
4 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
11 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
12 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
13 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
6 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄