もはや喪女ですらない!? 新種の非モテ“童貞女子”が登場! その精神構造とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
douteijoshi_150130.jpg
『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』(KADOKAWA/メディアファクトリー)

 こじらせ女子、文化系女子、肉食女子、干物女子、うさぎ系女子……これまでさまざまな○○女子がメディアをにぎわせてきたが、最近、新たに話題になっているのが“童貞女子”。

 でも、女子なのに“童貞”っていったいどういうことなんだろう。たんなる処女とはちがうのはなんとなくわかるが、男性と接するのが苦手な喪女みたいなもの? それとも女子力のないことをネタにするこじらせ女子的なものか? “童貞女子”という言葉の生みの親で、自身も童貞女子だというさっちゃんことひぐちさとこが書いた『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』(KADOKAWA/メディアファクトリー)を読んでみたのだが、どちらともまったく違うようだ。

 まず、冒頭にこんなシーンがある。ある日、友人がさっちゃんに「昔付き合ってた彼がベッドで~」といった大人のリアルな下ネタトークを始める。すると、さっちゃんはいきなり、顔を赤らめたり青ざめたりしてキョトキョトしはじめるのだ。友人も思わず「…なにぶりっ子してんのよ」とツッコんでいるが、実はそれくらいセックスネタは苦手らしい。

 いや、セックスネタだけじゃない。さっちゃんは「女の子の日なの」「最近お通じなくてー」といった会話にすら挙動不審になる。

 ところが、同じ下ネタでも「うんこうんこ」的な話は大好きで、キャッキャとはしゃぐ。さらに、無言電話がかかってきたときは気持ち悪がるのか思いきや、「ハァハァ無言電話たん 今日のパンツは何色かな~!?」と返してしまうらしい。

 それができて「女の子の日」の話はできないってどういうこと!? 普通は逆だろ!?とツッコミたくなるが、さっちゃんによると「違うんです ただガキなだけなんです」とのこと。本書では童貞女子の特徴として「精神年齢は小学校低学年くらい」と書かれているが、なるほど、言われてみればその発想と純粋さはたしかに小学校低学年に匹敵するだろう。いや、むしろ小学校低学年というより、小学校低学年の男子! どうやら童貞女子の女子力のなさは、喪女やこじらせ女子の言う女子力とはまた違う次元にあるようだ。

 それは女子との関係にも表れている。さっちゃんがバイト仲間で完璧モテ系女子のモテ美ちゃんと買い物に出かけるエピソードがあるのだが、そのときの会話がこちら。

「モ モテ美ちゃんはどんなお店に買い物行くの!? あそことかオシャレだね!?」
「足疲れてない!? 大丈夫!? のどかわいてない!? どっかカフェとか入る!?」

 ……いや、異性とのデートでもあるまいし、テンパりすぎだろ。というか、デートじゃなかったとしても、終始こんな会話を続けられたら萎えそうだ。でも、これが童貞女子クオリティ。しかも、モテ美に「なーに?うふふ さっちゃんってばおもしろ~い♡」なんて言われようもんなら、「何がおもしろいのか全然わからんけどウケた!! ウケたよ母さん!!」と舞い上がってしまうのだ。女の子に心配されると「俺のこと好きなのかな…!?」とときめくし、モテ女子の明らかにお世辞とわかる返しに対しても「演技でもイイ!! やさしくされたらうれしい!!」と喜ぶ。こじらせ女子にとってモテ美のような天然モテ女は天敵だが、童貞女子からしてみれば、彼女たちは嫉妬の対象でも目標の人でもなく、芸能人のような憧れの存在に近いものであるようだ。

 しかし、いくらかわいくても電車の中で化粧を直したり、友達の彼氏の悪口を言うような女子に対しては、「女って!!」と幻滅。なぜ処女や女性を表す単語ではなく、“童貞”がつくのだろう?と思っていたが、これを見て納得した。女子への理想や憧れは、まさしく童貞のそれと同じだったのだ。

 だからといって、すべての言動が“童貞”に通じているわけではない。その証拠に、こんなシーンがある。ある非モテ男子が、泣きながらこんなふうに“モテ”について訴えていた。

「結局のところ女が言う「モテない」なんてたかが知れてるんすよ 自販機の前で飲みたいもん無いっつってんのと同じですよ」
「男の「モテない」は砂漠で水求めてる状態ですからね!? 瀕死ですよ瀕死!!」

 普通の女子なら、「んじゃ死にもの狂いで彼女作って見せなよ」と冷め気味に返してしまいそうだが、童貞女子は違う。そこでさっちゃんが笑顔で口にしたセリフがこれだ。

「砂漠は砂漠で楽しそうだけどな 住めば都って言うし!!」

 これぞ究極のポジティブシンキング! 彼女たちは非モテ男子をあざ笑ったり、冷めた目で見るわけでもなく、かといって一緒になって共感し、嘆くわけでもない。そんなの、恋愛を諦めて開き直っているからじゃ……?と思うかもしれないが、どうやらそういうわけでもないらしい。

 実際、彼女たちは「心配しなくても彼氏なんてそのうちできるのにね!!」と語っている。その自信と前向きさはいったいどこから来るのかと尋ねたくなるくらいだが、それこそ、ネガティブなイメージの強いこじらせ女子や喪女、童貞といったものとは大きく違うところだろう。

 彼女たちは人と比べて妬むのではなく、モテない期間でも自分なりに楽しんでいるだけ。「モテこそすべて!」といった感覚がなく、趣味に没頭しているからこそ、周りが羨むくらいポジティブでいられるのだ。明るく楽しく生きる童貞女子の生き方は、たしかにとても幸せそうに見える。これもある意味“リア充”なのかもしれない。
(島原らん)

最終更新:2018.10.18 04:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

もはや喪女ですらない!? 新種の非モテ“童貞女子”が登場! その精神構造とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。○○女子モテ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
3 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
4 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
7 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
12 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
13 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
14 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
17 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
18 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
19 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
20 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
5 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
6 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
9 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
12 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄