元AKBも朋ちゃんと同じ目に!“俗物”竹田恒泰の教養の浅さがヒドい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takedabenkyou_01_141001.jpg
『日本人が一生使える勉強法 』(PHP新書)

 明治天皇の玄孫が肩書きのネトウヨ界きってのアイドル・竹田恒泰が、またしても恋愛スキャンダルで世間を賑わせている。

 竹田といえば、元AKB48の畑山亜梨紗と交際中と思われていたが、先日、「もう終わりましたので」「あれ以来、会ってません」と、破局を宣言。が、当の畑山は破局していたことを認識しておらず、報道を通じた一方的な竹田の“破局通告”だったらしい。畑山はかなり傷ついているようで、「人を信じられないような状況になってしまいました」「この方なら信用できると思ったんですが……」と、竹田への幻滅ぶりを語った。

 そもそも畑山との交際にしても、華原朋美と交際中と思われていたところに、畑山とのツーショットを「フライデー」され、二股疑惑が浮上。朋ちゃんは「あの出来事はいったいなんだったんだろうね(笑)」と竹田を非難したが、一方の畑山も「売名行為では?」とバッシングされた。しかし、こうもスキャンダルがつづくと、竹田のほうが売名を狙っているようにも思えてくる。──いったい、この人って何をやりたいんだろう。ホントにみんながいうように“保守論客”なんだろうか。ただの“ネトウヨ”、いや、もしかしたら“ネトウヨ”ですらなくて、ただの芸能人好きのミーハー俗物おじさんなのではないか。

 その疑いをさらに濃厚にしているのが、先日発売された竹田の新刊『日本人が一生使える勉強法』(PHP研究所)だ。本書では「竹田式・勉強法」なるものを披露しているのだが、その中身のスカスカぶりがすさまじいのだ。

「私の仕事は『勉強すること』です。」 
 
 たとえば、「仕事は何ですか」と質問されたとき、竹田はこう答えるようにしているという。うん、これはちょっとカッコいい。ところが、これを受けて「勉強の本質とは何か、そのすごみを教えてくれる」という人物として挙げるのが、孔明に吉田松陰、そしてソフトバンクの孫正義という3名なのだ。右派論客らしく頼山陽か内藤湖南あたりでももちだしてくるのかと思いきや、サラリーマンの愛読書かよ、みたいなラインナップ。
 
 これだけでもかなり謎なのだが、竹田はなかでも孫正義の「脳がちぎれるほど考えよ」という言葉に深い感銘を受けているようで、「私はこの言葉を思い出すたびに勇気が湧いて、『もっと頑張れる』と思えるのです」と、ほぼ感想文のような文章を綴っている。そして、「皆さんはこんな思いをしてまで何かを考えたことがあるでしょうか」と、上から畳みかけてくるのだ。あげた名前が孫正義なのに。

 また、「いちばん重要な情報は本から得ています」という竹田。ここまでは別にいいのだが、つづけて「とくに偉人伝は宝庫です。すごいことだと思いませんか。彼らが一生を費やして体得したことが、一冊の本で学べるわけですから」と、小学生のようなことを言い出すのだ。しかも、ここでも挙げる偉人は、“松下幸之助、坂本龍馬、福沢諭吉”という教養感ゼロの並び。さらには「龍馬ならITをどのように活用するだろうかなど想像するのも面白いものです」と、これはほんとうに勉強法の本なのだろうか?と読者を不安におとしいれる始末。

 だが、いちばんの驚愕ポイントは、講演会などでの話し方のテクニックを披露しているくだりだ。異常に興奮した感情むきだしのツイートで炎上を繰り返している竹田だが、「深刻な話をヒステリックに語って、『どうする君たち!』と煽っても、物事は変わらないと思うのです」という。お前だけは言うな!と総ツッコミを受けそうな話だが、竹田は深刻な話を笑いを交えて話すことの必要性を説く。その笑いの一例が、“自虐ネタ”らしい。で、その自虐ネタというのが、こういうものだ。

《ちょうど当時はロシアがクリミア半島を併合した頃でした。そこでこんなネタにしてしまいます。観客から突っ込みが入るのが面白いのです。ロシアのプーチン大統領の話をしているときに「プーチンという政治家は何を考えているのか分からないんですよ」「だってプーチンの目が笑ってるのを見たことがないですから」「だいたいプーチンはどこの出身か知ってます?」と言ってお客さんに考えさせ、「元AKBですから」と言うと、皆さんどっと笑う。「あ、間違えました、元KGBでした」。その後、すかさず「いま笑った方、事情をよくご存じの方ですね」と言うとさらに爆笑を誘います》

 ……この話で爆笑する竹田の聴衆のレベルもいかがなものかと思うが、このネタを竹田はいたく気に入っているようで、「何重にも自虐ネタになっています。わざと間違えて、客席からの突っ込み待ち」と、笑いが生まれる理由の分析まで行っている。

 このほかにも、全国紙とあわせて読むオススメの新聞にスポーツ紙を挙げ、「スポーツ紙を読まないと社会の動きが分からなかったりします」と述べたり、「自分の幅を広げるためには自らの意見と違う人の著作を積極的に読むべきでしょう」といったすぐそばから「ディベートの準備においては、読めば読むほど敵の弱点が分かると言ってもよいでしょう」と、自分の幅を広げるためじゃなく意見の違う相手を叩くことが目的だという本音を洩らしてしまうなど、教養のカケラも見当たらない本書。──読後は、竹田のことを「正しい日本に導いてくれる思想界のニューリーダー」なんて思っているネトウヨのみなさんが、ちょっと哀れになるのであった。
(水井多賀子)

最終更新:2018.10.18 05:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

元AKBも朋ちゃんと同じ目に!“俗物”竹田恒泰の教養の浅さがヒドいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ネトウヨ水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
4 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
5 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
6 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
7 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
8 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
11 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
12 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
13 田崎とケントに自民党からカネが!
14 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
15 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
18 秋篠宮家の料理番がブラック告発
19 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
20 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄