江角マキコ“イジメ報道”の背景に大手芸能プロからの独立問題が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
esumimakiko_01_140813.jpg
「江角マキコ オフィシャルブログ」より


 マスコミが大きく報じた女優・江角マキコのママ友からのイジメ告白騒動。しかし、この騒動の背景には、よくあるようなママ友同士のトラブル以上の陰湿な問題が横たわっているようだ。

〈もう四年以上前かな。。。 私もいろいろな噂話を流された事があります。お弁当を作らずメロンパンをポンと持たせている、、、とか 先生にいわゆるチクリをしてる、、、とか それはもう様々なストーリーで〉

 当時、長女を都内の名門幼稚園に通わせていた江角が自身のブログで“ママ友”からのイジメ体験を告白したのは7月30日のことだった。江角の告白に「江角さんがイジメにあっていたなんて」といった同情的な見方が広まって行くかと思いきや、事態は意外な展開を見せる。江角発言から1週間後に発売され「女性セブン」(8月21日・28日合併号)で、江角のイジメ告白に対して、江角の娘の同級生の親から強烈な逆襲記事が掲載されたのだ。

「『江角マキコこそ加害者!』母たちの激烈抗議文公開」と題されたその記事には、「ママ友イジメをしていたのは、むしろ江角の方」という2000文字にも及ぶママ友からの抗議声明が掲載されていた。それによると、江角はママ友から様々な善意を受けていたにも関わらず、陰でママ友の中傷やあり得ない噂を流してきた。イジメられたと主張する江角は、ママ友の間では有名な“困ったちゃん”だった。〈あまりにも大人げなく、くだらない彼女からの中傷に対して、ほかの保護者たちは口を閉ざしてきました〉〈彼女は被害者というより加害者ではないか、と考えます〉。江角の発言がいかに身勝手で真実を語っていないかを徹底的に追及しており、彼女の方こそが加害者であると断じていた。

 たしかに、江角の“女王キャラ”を考えると、イジメられていたというより、イジメていたというほうがしっくりくる。だが、この小学校の関係者によれば、実態は「どっちもどっち」だという。

「江角さんの娘の同級生には有名元プロ野球選手の子どもがいて、その母親のグループと江角さんが対立していたようです。江角さんが歯に衣を着せぬ言動で浮いていたのは事実ですが、そのグループからかなり陰口を叩かれ、いやがらせを受けてていたと聞いています」

 たしかに〈神様はいらっしゃる。自分の犯した罪は、必ず明らかになる〉と大仰に締められているこの江角への抗議文を読むと、こちらにも尋常ならざる攻撃性を感じる。しかも、抗議文には“巧妙な”仕掛けまでセットされていた。

「実は江角さんは、下の子ども(長男)を同じ学校の受験をさせたんですが、不合格になっている。一説には、ママ友間のトラブルを知った学校側が無用の混乱を恐れたため不合格となったとも噂されています。抗議文には、そのことについても〈いま通っている学校が嫌なのであれば、なぜ2年前に下の息子さんを同じ学校に受験させたのか疑問です〉と指摘しています。江角さんご本人は受験したことすら明かしていないのに、わざわざ公開する形になっていて、暗に不合格を当てつけるようなものとなっている。事情を知る者にとっては、これも“イジメ”と受け取れる」(同)

 こうした親同士のトラブルやイジメの背景には、江角が子どもを通わせている学校の体質があるのではないかという声もある。この学校は、芸能人や政財界、作家の子息が多数通う事で知られる有名私立大学の付属小学校だが、親の職業や家柄、資産、居住地などで序列をつけられ、強固な“ママ友カースト”が形成されていることで有名。地方出身者や資産が多くない親に対しては陰湿な陰口が叩かれ、いじめに発展することも少なくないという。

 しかも、芸能人や作家などが多いことから、マスコミへの情報リークも頻繁に行われている。2年前には大物女優Kの娘が同級生のイジメの首謀者だったという報道があったが、これも同級生の親がネタ元だったといわれている。他にも、朝ドラ女優の母親の借金トラブル、歌舞伎役者の子供へのいじめなど、この学校の親同士のうわさ話から派生した報道はかなりある。

 都会におけるママ友の確執といえば、桐野夏生の小説『ハピネス』(光文社)が、はた目には仲良く見えるママ友グループが実はいびつな力関係のうちで成り立っていることを描写して話題になった事があるが、この学校の現実はさらにその上をいっているようだ。

 しかも、今回の騒動には、ママ友イジメとは別の見逃せない“ある事情”も存在する。実は今回のことで江角たたきをしているのは、上記の「女性セブン」だけではない。「週刊新潮」やテレビのワイドショーも江角批判を展開。他のメディアも呼応するように、江角のこれまでの芸能界における“女王さま”“傍若無人”ぶりを批判、暴露した。「収録中なのに何か気に入らないとキレて控え室に戻る」「現場では江角待ちは日常茶飯事」「気分屋でいつも上から目線」「新人女優に『準備不足!』と怒鳴った」。さらに、国生さゆりや芸人のくわばたりえなど、江角への違和感を表明した芸能人も少なくない。

 ちょっと異常ともいえる風当たりの強さだが、これには、江角が今年3月に大手事務所の研音を退社し、独立したことが大きく関係しているようなのだ。

「売れっ子俳優、女優を多数か抱える研音は芸能マスコミがタブーとしているプロダクションのひとつ。江角が研音所属のままだったなら、『セブン』がママ友からの反論が掲載することなんてなかったでしょう。江角のママ友いじめをワイドショーなどが気軽に話題に出来るのも、芸能人仲間が江角批判を口に出来るのも、彼女が影響力のある大手事務所から独立したから。それどころか、バッシング報道の中には、研音の意向をくんで、意図的に江角叩きに走っているところもある」(芸能レポーター)

 これぞ、まさにいじめではないか。学校から芸能界まで、あらゆる場所でカースト制がしかれ、下層にいる人間、そこからはみ出た人間を全員がかさにかかっていじめる。日本の社会はどんどん陰湿に、グロテスクになっていっている。
(田部祥太)

最終更新:2014.09.22 11:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

江角マキコ“イジメ報道”の背景に大手芸能プロからの独立問題がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ江角マキコ田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
6 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
7 検察・国税の元担当記者が明かす癒着
8 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
9 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
10 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
11 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
12 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
13 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
17 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
18 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
19 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
20 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
1 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
4 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄