大手バイオメーカーの4代目社長が告白する“同族経営”の異常性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hayashibara_01_140724.jpg
『林原家 同族経営への警鐘』(日経BP社)

 景気回復が叫ばれながら、相変わらず企業の経営破綻が続いているが、そのひとつのパターンとしてあげられるのが、同族企業の放漫経営による破綻だろう。創業者一族が会社を私物化し、無茶な新規投資や私的な遊興費流用などで、経営が傾いてしまうケースだ。

 少し前なら、西武や三洋電機、穴吹工務店、最近では2011年に会社更生法の適用を受けた大手バイオメーカーである林原などは典型かもしれない。

 林原といえば、一般的な知名度はないが、3代目がブドウ糖製造で大きく発展させた会社で、中国地方では最大規模を誇る研究開発型の大手企業だった。ところが、4代目の林原健が社長に就任してしばらくしてから、抗がん剤に使われるインターフェロンの生産・販売、都市開発やホテル事業、美術館を開館するなど、多方面に進出。多くの事業で焦げ付きが発生すると同時に不正経理や粉飾決算も発覚し、とうとう11年に破綻してしまったのである。

 少し前、その林原を潰した4代目社長・林原健の告白本『林原家 同族経営への警鐘』(日経BP社)が出版された。これを読むと、林原という会社の場合は、ボンボンが会社を潰したというだけではすまない、かなり特殊な事情があったことが浮かび上がってくる。

 同社は、社長であり長男の林原健のもと、弟・靖が経理担当専務だったほか、従兄弟や血縁関係で幹部が占められていた。結果から言えば、破綻の原因は不正経理、粉飾決算、役員の巨額の資金流出などだったが、兄によれば倒産した理由は「経理部門を任せていた弟、林原靖と私の関係性」にあるという。

『林原家』によると、林原兄弟は創業一族であり社内で当然のように「絶対的」な存在だったが、2人は「対等な関係になく、間違いなく上下の服従関係」にあったという。弟は兄を異常なまでに恐れ、非常に丁寧な敬語を使っていた。それは林原一族の宿痾でもあったらしい。

「(林原家は代々)長幼の序を重んじた徳川将軍家よろしく、長男の私には絶対的な強さが、弟には兄への絶対的な忠誠が求められた」

 ところが、その絶対的な権力をもつ兄は会社の経営にほとんどの関心がなかった。同書の中でも当人がこう書いている。

「私は1日3時間しか出社しない」社長だった。それどころか「利益や借入金はおろか、売上高さえ正確には把握していなかった」。重要な印鑑類も「弟が基本的に自由に使えるよう」にして、経理、営業、人事、総務など会社の実務一切を弟に任せ、自分は「社外でいろいろな分野の専門会に合ったり、自宅でバイオテクノロジーや医薬の専門書を中心にあらゆるジャンルの書籍を読んだり(中略)研究テーマの発掘に徹し」ていた、と。

 会社はすべて弟に任せ、自分は研究生活。よって会社で何かあったとしても「彼ら(弟以下同族役員)の報告を待つしかすべはなかった」という。

 一方で、健は湯水のように金を使っていた。健は美術コレクターとしても知られていて、高額の美術品を購入し林原美術館まで運営していたが、「必ずしもその美術品が好きで買った」のではなく、「美術商から泣きつかれたら、思わず個人のお金、会社のお金で買ってしまう」という。優雅に見える社長生活の年俸も確かに優雅で「10年で15億円以上」だったという。

 そんな兄に弟は不満を募らせていく。そして、表面上は絶対服従を装いながら、造反的な行為を進行させていったのだ。

「倒産後の調査で、弟は私に何の報告もなく(弟が経営する)太陽殖産に資金をどんどん移していたことを知る」「(弟は)自分の資産管理会社に、相続対策や資本政策のための資金を林原から移していた」「それ以外にも、神戸の北野異邦人館にある複数の飲食ビルに多額の資金を(個人的に)流していた」。しかも「自分の知らないうちに16億5800万円もの負債」を背負わされたという。

 何もかもを弟に任せた上の破綻。だから、銀行から破綻したと聞かされても「何がなんだか皆目理解できなかった」とさえ記している。

 なんとなく経営破綻の責任もすべて弟のせい、といいたげなのだが、破綻の原因を調査した外部調査委員会の報告書や、特別背任の立件を捜査した検察は、資金流失は“健と靖”が主導したものと断定、過去10年の間に健に支払われた金の中で3億円が使途不明だったことが指摘されている。

 弟に会社の経営をも丸投げにし、告白本出版で、経営破綻の責任を押しつけようとする兄。なんとも風変わりで無責任なキャラということは確かなようだが、最後に健の浮き世はなれした強烈エピソードを紹介したい。もちろんこれも告白本で自ら明かしたものである。

「私には霊が見える。どのように見えるかというと、ブルース・ウィリス主演のハリウッド映画『シックス・センス』をイメージしてもらえばいい。町中の至る所で、死んだ方たちが私の前に現れる」

 こんな仰天告白をまじめに語る4代目社長の林原健。そのキャラが会社破綻に関係したのかどうか──それは定かではない。
(林グンマ)

最終更新:2018.10.18 03:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

林原家 同族経営への警鐘

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

大手バイオメーカーの4代目社長が告白する“同族経営”の異常性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。同族経営経営破綻の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
2 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
3 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
4 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
5 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
6 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
7 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
12 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
13 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
14 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 義家前文科副大臣が学校法人から献金
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
7 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
8 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
9 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
13 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
14 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
15 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄