『ニュース女子』沖縄基地反対運動へのデマでDHCテレビに敗訴判決!訴えた辛淑玉が改めて語る「犬笛によるヘイト」と判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『ニュース女子』沖縄基地反対運動へのデマでDHCテレビに敗訴判決!訴えた辛淑玉が改めて語る「犬笛によるヘイト」と判決の画像1
敗訴したDHCテレビ『ニュース女子』


 総裁選出馬を表明した高市早苗氏がネトウヨ番組『虎ノ門ニュース』に出演したことが話題になったが、その数日前、この『虎ノ門ニュース』を制作しているDHCテレビジョンが東京地裁で敗訴判決を受けた。

 同じくDHCテレビジョン(放送当時の社名はDHCシアター)制作の番組『ニュース女子』が2017年に行った沖縄ヘイトデマ放送に対して、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉・共同代表が名誉毀損で訴えていたのだが、その判決で東京地裁が、「(辛代表の)社会的評価が著しく低下し、重大な精神的損害を受けた」と名誉毀損を認め、DHCテレビジョンに対して、損害賠償など550万円の支払いと謝罪広告の掲載を命じたのだ。

 当然だろう。裁判になっていたのは、同番組が沖縄・高江のヘリパッド建設反対運動を取り上げた2017年1月2日放送回と、その反響を取り上げた翌週の1月9日放送回だが、その内容はまさにデマだらけのひどいしろものだった。

 たとえば2日の放送回で、「防衛局、機動隊の人が暴力をふるわれているので、その救急車を止めて、現場に急行できない事態が、しばらく、ずーっと続いていた」という証言を紹介、高江ではヘリパッド建設反対派によって救急車が妨害されていると伝えた。

 また、米軍基地に反対して平和的に運動している人たちを「テロリスト」「犯罪者」と揶揄し、反対運動の参加者に「のりこえねっと」が日当を支払っているかのような報道を展開。

 さらに反対運動の「黒幕」として「のりこえねっと」共同代表で在日コリアン3世の辛淑玉氏を名指し、「在日韓国・朝鮮人の差別に関して戦ってきた中ではカリスマ。お金がガンガンガンガン集まってくる」「暴力や犯罪行為も厭わない過激な反対運動を煽っている」などと、差別を扇動するような中傷を繰り広げた。

 もちろん、これらの大半が事実でないことはすでに判明しており、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会も、1月2日放送回について、〈重大な放送倫理違反があった〉との意見書を発表していた。

 たとえば、前述した反対派が救急車を妨害していたという証言についても、BPOが調査したところ、2016年7月から12月までの間に、高江地区ヘリパッド建設現場付近からの通報で、救急車の通行を妨害された事実はひとつもなかった。

 だが、その後も、DHCテレビジョンはなんら反省をみせず、訂正も謝罪もしなかった。

 すると、翌2018年、同番組内で「黒幕」などと名指しでデマ攻撃された辛淑玉氏が『ニュース女子』の製作会社・DHCテレビジョンと同番組MCの長谷川幸洋氏(当時・東京新聞論説副主幹)を名誉毀損で訴えたのである。

 辛氏は、この『ニュース女子』の報道をきっかけにネトウヨらから一斉に「テロリストのリーダー」などといった誹謗中傷、嫌がらせ攻撃を受けていた。精神科へ通院するなど大きなダメージを負い、2017年から2年間海外生活を余儀なくされたという。

 しかも、そうした個人的な被害だけでなく、悪質な沖縄ヘイト、デマを使った卑劣な基地反対運動潰しの問題を公の場で改めて追及したいという思いも強かったはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『ニュース女子』沖縄基地反対運動へのデマでDHCテレビに敗訴判決!訴えた辛淑玉が改めて語る「犬笛によるヘイト」と判決のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DHCテレビのりこえねっとニュース女子ヘイト沖縄編集部辛淑玉長谷川幸洋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
10 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
15 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
16 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
17 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
18 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
1文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
2維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
3自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
4自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
5高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
6橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
7コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
8安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄