高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情していた! 署名の少なさに焦り工作に動いていた証明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情していた! 署名の少なさに焦り工作に動いていた証明の画像1
高須克弥Twitterより


 高須克弥院長は本当に不正を知らなかったのか。愛知県の大村秀章知事に対するリコール運動における不正をめぐり、新事実が発覚した。

 先月逮捕された「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」の田中孝博事務局長と、同団体の会長である高須克弥・高須クリニック院長が、日本維新の会の鈴木宗男参院議員を訪問し、リコール運動期限の延長を陳情していたことがわかったのだ。

 田中事務局長と高須氏は、昨年9月29日に議員会館を訪れ鈴木宗男議員に面会。宗男議員によると面会は15分程度で、田中事務局長と高須氏から「署名集めの期限を延長できないものか」と相談を受け、宗男議員はわざわざ総務省の担当者に電話したうえで、「延長はできない。ルールはどうにもならない」と伝えたという。

 高須氏はこの日、ネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)に百田尚樹氏や門田隆将氏らとスタジオ出演しており、また同日夕方ツイッターに〈影武者なう〉とのコメントともに田中事務局長とのツーショット写真を投稿している。東京にいて、田中事務局長と行動を共にしていたということになり、宗男議員の証言と矛盾はない。

 総務省に確認するまでもなく、知事リコールの署名集め期間は地方自治法という法律で決まっており、今後の法改正を求める陳情ならまだわかるが、現在進行形のリコールの期限を陳情で延長させようと企てるとは。田中事務局長も高須氏も、法も民主主義も公正性もまったく理解・尊重する姿勢をもっていないことがよくわかる。

 しかし問題はそれだけではない。上述のとおり、田中事務局長と高須院長が宗男議員に陳情したのは、昨年9月29日のこと。署名集めは8月25日に始まっており、大半の地域での期限である10月25日まで1カ月を切った時期だ。期限を延長したかったのは、普通に考えて、期間を延ばすことで署名をより多く集めるためだろう。

 ようするに、高須氏は表向き、ツイッターなどで署名が順調に集まっていることを喧伝していたが、実際は、田中事務局長と同様、9月末の時点で署名集めに苦戦しているという認識があったのである。そして、それを打開しようと、田中事務局長とともに動き回っていた。

 そして、気になるのは、その喧伝がある時期から、具体的になっていたことだ。

 佐賀でアルバイトを動員しての署名偽造は10月19日に広告関連会社に発注され、下旬に偽造が行われているが、その時期に高須氏は大量署名を予見したような発言をしている。たとえば10月中旬の街頭演説で「これからの1週間で急激にさらに(票を)積み上げる計画です」と発言。また10月28日に〈署名簿がどこにあるのか気になるのでしょうね。必死に探ってもムダです陽動作戦大成功です。まもなく僕とともに署名簿が姿をあらわします。〉とツイート。11月6日の〈10月25日の最終日には3万人の駆け込み署名がありました〉というツイートも気になる。

 9月29日の時点で法を捻じ曲げてまで期限を延長させようと動くくらい、署名が足りていないことを認識していながら、10月中旬になって、急に「これからの1週間で票を積み上げる計画」とか「3万人の駆け込み署名」などと言えるようになったのはなぜなのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情していた! 署名の少なさに焦り工作に動いていた証明のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。リコール大村秀章田中孝博編集部署名偽造鈴木宗男高須克弥の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
7 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
8 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
15 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
16 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
17 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
8G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
11吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
12高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
13“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄