佐々木宏問題の本質は森喜朗や電通と結託したMIKIKO先生の排除! でも電通に弱いワイドショーは完全スルー、かわりにLINE流出批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

排除されたMIKIKO氏は突発性難聴に 森喜朗が「あなたが女性だから」と追い打ち

 しかも、今回の報道でさらに重要なことは、批判の矛先のすり替えがおこなわれたことだけではなく、この問題のもっとも肝心な「本題」を、どのワイドショーも伝えようとしなかったことだ。

 じつは、今回の問題をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の記事の「本題」は、電通と森氏を後ろ盾にした佐々木氏が演出トップの座をめぐって繰り広げた「権力争奪劇」であり、事実上の演出責任者を任されていたコレオグラファーのMIKIKO氏を「排除」した問題だ。

 そもそも、2018年に発表された東京五輪開閉会式の演出チームの「総合統括」は狂言師の野村萬斎氏だったが、「週刊文春」によると、野村氏は森氏の主導で肩書きはそのままだが事実上の責任者から降ろされ、2019年にはPerfumeや「恋ダンス」を手掛けてきたMIKIKO氏が事実上の演出責任者となっていた。しかも、MIKIKO氏がまとめあげた企画案はたんなる「お国自慢」ではない出来で、2019年7月におこなわれたコーツ副会長らIOCへのプレゼンでも高評価を得たという。

 一方、佐々木氏はパラリンピックを担当していたのだが、MIKIKO氏が佐々木氏に「ストーリー作りができる人材を紹介してほしい」と相談したところ、佐々木氏は「自分がやる」と乗り出し、森氏を後ろ盾にして五輪の開閉会式のチームにも参加するようになった。

 本サイトの既報でもお伝えしたように、森氏はリオ五輪での「安倍マリオ」が大のお気に入りで、その演出に携わった佐々木氏を目にかけてきた。そんな森氏のバックアップを得て五輪開会式の演出チームに加わった結果、くだんの「渡辺直美をブタに」というアイデアが飛び出したわけだが、問題はそのあと。五輪の開催延期が発表されると、森氏と「親密」な関係にあり、佐々木氏と同期である電通代表取締役社長補佐の髙田佳夫氏が、佐々木氏を「コロナ緊急対策リーダー」に抜擢。このとき佐々木氏が「自分一人で式典をイチから決めたい」という条件を出したことから、すでに500名ものキャスト・スタッフを固めて企画が完成に近づいていたにもかかわらず、MIKIKO氏は責任者を降ろされてしまうのだ。

 しかも、それまでも「天皇」のように振る舞ってきたという佐々木氏は、自身の企画案がIOCからダメ出しされると、なんとMIKIKO氏の企画案を借用し、さらには電通や組織委を丸め込んでMIKIKO氏を「排除」していったというのだ。

 その結果、MIKIKO氏はストレスによる突発性難聴まで患い、昨年11月9日に辞任届を提出。同月25日には組織委会長だった森氏と面談をおこなったというが、その席で森氏はこう言い放ったというのである。

「あなたが女性だったから、佐々木さんは相談できなかったのでは。事を荒立てるんじゃないだろうな」

つまり、佐々木氏は森氏や電通の高田氏を後ろ盾にすることでMIKIKO氏を蹴落として演出トップの立場に登り詰め、挙げ句、森氏はこのときも「あなたが女性だったから」などと差別丸出しで辞任に追い込んだことを正当化した上、黙らせようとしていたというのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

佐々木宏問題の本質は森喜朗や電通と結託したMIKIKO先生の排除! でも電通に弱いワイドショーは完全スルー、かわりにLINE流出批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。MIKIKOワイドショー佐々木宏東京五輪森喜朗渡辺直美田岡 尼電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
3 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
6 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
7 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
8 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
11 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
12 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
13 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
14 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
19 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
20 “コネクティングルーム不倫”和泉洋人元補佐官が大阪府・市の特別顧問に!
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
8ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
9国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
10高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄