電通の“2年ぶり黒字”に「安倍政権が仕事回した」「血税中抜きで儲けた」のツッコミ! 実際「官公庁・団体」の売上が873億円と倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
電通の2年ぶり黒字に「安倍政権が仕事回した」「血税中抜きで儲けた」のツッコミ!実際「官公庁・団体」の売上が873億円と倍増の画像1
電通HPより


 中小・個人事業者向けの「持続化給付金」再委託の“丸投げ”“中抜き”が大きな問題となった電通だが、その電通グループが昨日13日、2020年6月中間連結決算を発表し、ネット上で再び怒りの声が高まっている。というのも、「純損益157億円で2年ぶりの黒字」だったからだ。

 前年同期は12億円の赤字だった上、今年は新型コロナの影響を受けただけではなく東京五輪の延期によって広告が大きく落ち込んだはずなのに、赤字ではなく157億円の黒字──。しかも、会見をおこなった曽我有信・取締役CFOは、〈不要不急の出張や交際費の削減、執行役員の報酬減額などのコストコントロールを実施したことで増益となったと説明した〉(ロイター13日付)というのだ。

 コスト削減で赤字から黒字……!? こうした報道を受けて、ネット上では「持続化給付金」の中抜き問題が再燃し、〈コスト削減?安倍政権からの持続化給付金の「中抜き」で丸儲けしただけやろ〉〈血税をたっぷり不正にパクっての黒字でしょ。持続化給付金の手数料とか〉といった意見が噴出。映画評論家の町山智浩氏も、こうツイートした。

〈コロナであらゆる産業が赤字を出しているなか、電通だけが黒字を出したのは政府が仕事を回したから。それは税金です。しかも電通自身はただ受注するだけでごっそり中抜きする。〉

 しかも、こうした「政府が仕事を回したから」「中抜きで儲けただけ」というツッコミは、正鵠を射るものだ。

 実際、電通グループが昨日公表した「2020年度 第2四半期 連結決算概況」のなかにある「業種別売上高の状況」を確認すると、2020年1−6月でダントツに売上高を伸ばしているのは「官公庁・団体」で、その金額は873億1400万円。前年同期比で、なんと99.9%増となっているのだ。

 その他の業種は、ほとんどがマイナスか微増だから、「官公庁・団体」の大幅増分がなかったら、電通は数百億円の赤字になっていたということになる。しかも、このうちのかなりの部分は、まさに安倍政権による補助金事業の中抜きだ。

「持続化給付金」事業では、経産省は電通のダミー法人と思われる「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」に769億円で業務委託し、同協議会は749億円で電通に再委託、そこから電通は電通ライブや電通テックといった子会社5社へ645億円で外注していたことがわかっている。その電通子会社からさらにパソナや大日本印刷、トランスコスモス、イベント会社のテー・オー・ダブリュー(TOW)などに外注されているため、電通グループ全体の儲けがいくらになるのかは不明だが、このようなかたちで政府の事業を電通が請け負っているのだから、驚異的に売上高を伸ばしている理由もよくわかるというものだ。

 しかも、問題は「持続化給付金」だけではない。たとえば、今年9月からはじまる総務省の「マイナポイント」事業では、サービスデザイン協議会設立時の代表理事と同一人物が代表理事を務める「一般社団法人環境共創イニシアチブ」を通じ、一部業務を電通が再委託。電通への再委託額は約139億7000万円にものぼっている。

 さらに、消費税の税率10%引き上げに伴って経産省が開始したキャッシュレス決済のポイント還元事業でも、「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」が2019・20年度に計339億円で事務を受託し、電通が307億円で再委託している。

 ようするに、このような政府とベッタリの蜜月関係によって、電通はコロナ禍でも肥え太り、2年ぶりの黒字を叩き出したのである。

 電通の榑谷典洋・取締役副社長執行役員は6月8日に開いた会見で、「持続化給付金」事業での最終的な利益について「我々が通常実施する業務と比較すると、低い営業利益になる。不当な利益を狙うのはルール上、不可能な構造だ」(朝日新聞デジタル6月29日付)などと語っていたが、何をか言わんや。その上、「コストコントロールを実施して増益」と説明するとは、ふざけるな、という話だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

電通の“2年ぶり黒字”に「安倍政権が仕事回した」「血税中抜きで儲けた」のツッコミ! 実際「官公庁・団体」の売上が873億円と倍増のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍政権家賃支援給付金持続化給付金新型コロナウイルス経済産業省編集部自民党電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
2 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
11 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
12 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
13 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
14 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
17 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
18 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
19 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
20 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
9岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
14病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄