幻冬舎・箕輪厚介のセクハラを告発した女性が暴露していたエイベックス松浦会長の重大疑惑! マスコミは無視し『M』をヨイショ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
幻冬舎・箕輪厚介のセクハラを告発した女性が暴露していたエイベックス松浦会長の重大疑惑! マスコミは無視し『M』をヨイショの画像1
幻冬舎が刊行した『M 愛すべき人がいて』


「文春オンライン」が報じた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏のセクハラ問題が反響を呼んでいる。箕輪氏といえば、堀江貴文や落合陽一、前田裕二などのヒット本を手がけ『スッキリ』(日本テレビ)、『サンデージャポン』(TBS)をはじめコメンテーターとして数々の番組に出演する有名編集者。そんな箕輪氏が書籍の執筆を依頼したライターのA子さんに自宅での打ち合わせを強要し、家に入るや強引に体を触り、「キスしませんか?」と迫ったことを告発されたのだ。

 しかも、A子さんは当時のLINEでのやり取りを公開しており、その内容を見る限り「文春オンライン」の記事はほぼ事実と考えて間違いない。

 テレビや新聞などのマスコミは一切報じていないが、この間、箕輪氏がレギュラー出演する『スッキリ』などには、多くの抗議が寄せられているという。当然だ。言うまでもないが、箕輪氏はA子さんに仕事を発注している側であり、圧倒的に強い立場だ。その権力、職権を利用して肉体関係を迫ったのだから、れっきとしたセクハラ事件なのだ。それをネグッて平気でこのセクハラ男を出演させ続けるテレビ局の倫理観は明らかにおかしい。

 しかも、今回の箕輪氏のセクハラには、もうひとつ、メディアがまったく触れていない背景がある。それは、A子さんがやはり「文春オンライン」でエイベックス代表取締役会長の松浦勝人氏の偽装離婚や薬物使用疑惑を告発していたという問題だ。(https://bunshun.jp/articles/-/37224
https://bunshun.jp/articles/-/37836

 そもそも、箕輪氏がA子さんに執筆を依頼していた本というのは、エイベックス代表取締役会長の松浦勝人氏の半生を描く自伝本だった。

 A子さんは大学卒業後エイベックスに入社。在職中、エイベックスに対する考えや不満をメールで会社に提出したところ松浦氏の目にとまり個人的相談をする関係となったという。A子さんはその後、退社したが、退社後も松浦氏との関係が続いた。そして、2016年12月、そのことを知る旧知の箕輪氏から「松浦さんの本を出版したい」と松浦氏の自伝本の取材・執筆を依頼された。もちろん幻冬舎の見城徹社長も企画を了承したようで、箕輪氏からA子さんに「見城さんOKだって、ただ、なるべく早く出してくれって」というLINEが来ていた。

 ところが、松浦氏に取材依頼の連絡を取ったA子さんは、松浦氏本人から衝撃の事実を明かされる。松浦氏は直前に妻と離婚しており、それは相続税逃れの偽装離婚だったというのだ。このまま自分が死ねば、残された妻子は多額の相続税を払わなければならない。しかし、離婚による財産分与なら相続税も贈与税もかからない。そのために偽装離婚した、そういう説明だったという。

 しかも、松浦氏は妻に離婚届を出したことを話しておらず、妻子を愛しているからこその離婚だったというメッセージを残すため、自伝本に離婚の事実やその理由を書いてほしいと要望した。自ら脱税を認めるような告白をするとは信じがたい神経だが、A子さんは箕輪氏と相談して、この離婚公表を核に本を執筆する方針を決め、約2カ月にわたる松浦氏の密着取材を開始した。

 そうして、2017年1月末に原稿を脱稿したA子さんだったが、しかし原稿を読んだ松浦氏は、突然、我に返ったのか、離婚の公表に及び腰になる。そして、2月には「弁護士に確認したらこの本の内容を出版すると間違いなく偽装離婚にされ国税から贈与税を取られると言われた」と出版中止を通告してきたのだという。

 すると、見城氏や箕輪氏も態度を豹変した。前述したように見城氏は企画にGOを出し、A子さんが離婚公表の部分だけを送った際は「凄いよ、君は」というメールまで送っていたのに、「全然伝わってこない」「ストーリーになってない」と酷評して、出版を拒否。箕輪氏も「見城さんのジャッジもそれを聞くと、たしかにそうだなって俺も思っちゃったんだよね」と、見城氏に従ってしまったのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

幻冬舎・箕輪厚介のセクハラを告発した女性が暴露していたエイベックス松浦会長の重大疑惑! マスコミは無視し『M』をヨイショのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。M 愛すべき人がいてエイベックステレビ朝日安倍晋三幻冬舎松浦勝人箕輪厚介編集部見城徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
4 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
5 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
17 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
18 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
19 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
5組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
6G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
7平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
13五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
14宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
15立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄