近畿財務局職員・赤木さんの遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が…自殺した官僚の妻を演じた西田尚美が「涙が出ました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
近畿財務局職員・赤木さんの遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が…自殺した官僚の妻を演じた西田尚美が「涙が出ました」の画像1
赤木さんの遺書と手記に言及した『新聞記者』出演の西田Twitter


 財務省の近畿財務局職員・赤木俊夫さんの遺書と手記が広く国民に読まれ、大きな衝撃を与えている。掲載された「週刊文春」(文藝春秋)は即日完売、普段は政権批判につながるような話題を取り上げようとしないワイドショーもこぞって、この問題を報道した。

 それは、遺書と手記に、森友・公文書改ざんをめぐり、佐川宣寿理財局長の指示があったという決定的な証言や、財務省の卑劣な圧力の詳細が綴られていたことはもちろんだが、改ざんに抵抗する赤木さんが責任を押し付けられて自殺に追い込まれていく苦悩がリアルに伝わったからだろう。

 実際、SNSを見ても、ふだん政治的な問題にあまりコミットしていない人たちがこの自殺に衝撃を受け、積極的にコメントしている。

 そして、芸能人やアーティストのなかからも声はあがっている。先日、本サイトでは遺書と手記の公開当日、俳優の伊勢谷友介が〈国会は政治家が嘘をつく場所になり、官僚が公文書と言う事実を抹消する日本の政治。放っておいて良いわけない〉と、いまの政治や官僚のあり方に疑問を投げかけるツイートをしたことを紹介したが、あらたに、女優の西田尚美もツイッターで赤木さんの遺書と手記に言及した。

 西田といえば、沖縄映画の名作『ナビィの恋』主演が有名だが、近年、バイプレイヤーとして引っ張りだこの女優。『図書館戦争』『真夏の方程式』『リバーズ・エッジ』など数々の映画、『凪のお暇』『先に生まれただけの僕』『集団左遷』などのドラマにも数多く出演し、今クールのドラマでも『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日)で好演を見せていた。その西田が、20日にこんなツイートをしたのだ。

〈文春読みました。映画「新聞記者」で私の演じた役が、読みながらムクムクと湧き上がり、涙が出ました。赤木さんのご冥福を心よりお祈りいたします〉

 そう、西田は先日の第43回日本アカデミー賞の主要3部門で最優秀賞に輝いた『新聞記者』にも出演していた。しかも、その役どころは、自殺した官僚の妻というものだった。

『新聞記者』は、加計学園問題や森友公文書改ざん、御用記者・山口敬之氏の逮捕状差し止め、元文科次官・前川喜平氏へのスキャンダル攻撃などといった実際の事件を下敷きにし、内閣情報調査室の謀略など権力の暗部を描き、大きな話題になった。だが、ストーリーのもうひとつの軸になっているのは、松坂桃李演じる内閣情報調査室員・杉原の外務省時代の上司、神崎(高橋和也)の自殺だ。

 神崎は外務省時代、文書改ざんの責任を押し付けられたあと、内閣府に出向し、今度は総理の“お友だち”が経営する大学新設計画を担当させられていた。その計画には恐ろしい裏があり、神崎は良心の呵責に苦しみ、自殺を遂げるのだが、西田はその神崎の妻を演じていた。

 神崎の自殺のシークエンスは明らかに赤木さんの自殺をベースにしており、西田は赤木さんの遺書と手記を読んで、おそらく改めて映画で役を演じたときの心情を思い起こしたのではないか。実際、シム・ウンギョン演じる新聞記者・吉岡エリカから取材を受け、一旦は躊躇しながらも、夫の無念を晴らすため協力する神崎の妻は、赤木さんの夫人と重なる。

「私の演じた役が、読みながらムクムクと湧き上がり、涙が出ました」というのは、西田の素直な思いなのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

近畿財務局職員・赤木さんの遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が…自殺した官僚の妻を演じた西田尚美が「涙が出ました」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Twitter伊勢崎馨伊勢谷友介佐川宣寿公文書改ざん安倍晋三新聞記者編集部西田尚美赤木俊夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
13 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
20 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄